坂井さんのレース回顧

【阪神JF回顧】古馬のような走り方で抜けた存

■ダノンファンタジー【古馬のような走り方で抜けた存在】
古馬のような走り方で今回のメンバーでは抜けた存在だった。C.デムーロ騎手は自信を持って乗っていたと思うよ。仕掛けるタイミングは少し早いような気がしたが、それでも最後まで良い脚を使っていた。普通ならゴール前で伸びを欠くことが多いが、この馬は伸び切っていたね。

■クロノジェネシス【馬の器を知ることができた良い機会】
スタートで出遅れたが北村友騎手は道中で焦ることなく我慢して乗れていた。ダノンファンタジーをマークする乗り方で仕掛けるタイミングを見てから追い出しを開始。相手が一枚上手だったが、この馬も終いが伸びていたから力を出し切ったんじゃないかな。馬の器を知ることができた良い機会だっと思うよ。

■ビーチサンバ【結果的に前めで競馬をしたかった】
スムーズな競馬で福永騎手もじっくりと乗れていた。ただ、この馬は切れ味がない。テン乗りだったため、脚を溜めることに専念していたが結果的に前めで競馬をしたかっただろうね。今度のレースで福永騎手が乗るかどうかは分からないが、次回乗ったときは前めで競馬をすることを視野に入れているだろう。

シェーングランツはもったいない。折り合いが付いていて脚を溜めることができたが、外に出すのにもたついた。インを走っていたため、しょうがない部分はあるが惜しい競馬だった。ただ、まだ伸びしろがある馬。走り方が完成していないからこの時期のGIで4着なら問題ないと思う。先々が楽しみな1頭。メイショウショウブはだらしなかった。道中で馬が怒って走っていたな。


【香港国際競走回顧】前残りの展開でよく2着に来た

■香港ヴァーズ【相手を褒めるしかない】
リスグラシューは勝ちそうな勢いで伸びてきたが、1着馬に競り負けた。これは相手を褒めるしかないね。ただ、外々を回されたロスは考慮したい。クロコスミアはこの馬の走りができたんじゃないかな。

■香港スプリント【香港スプリント勢の壁が高かった】
ファインニードルは直線で見せ場がなかった。香港スプリント勢の壁が高かったね。

■香港マイル【勝ち馬に楽をさせすぎた】
ヴィブロスは中団でレースを進めたが、勝ち馬に楽をさせすぎた。直線でしっかりと伸びてきてくれたが道中の流れを考えると勝ち馬は止まらないよね。ペルシアンナイトは位置取りが後ろ。前が止まらないレースだったから展開と合わなかった。モズアスコットは前半の走り方がおかしかった。ハミをまともに噛んでいない感じで走っていた。

■香港カップ【前残りの展開でよく2着に来た】
ディアドラは自分の競馬で徹して後方追走。前残りの展開でよく2着に来たと思う。サングレーザーは馬場が合わなかった。軽い馬場の方が良いタイプだろう。ステファノスは残念ではあるが、近走の内容を考えるとこのような結果で終わっても仕方ないかな。


【カペラS回顧】末脚が最大限に活きた

■コパノキッキング【末脚が最大限に活きた】
位置取りが後ろすぎたが展開がハイペース。最後は届かないような位置取りから差し切って勝った。注目してもらいたいのは3コーナーの部分。柴田大騎手がポジションをジワジワと上げていた。直線の手応えから考えるともっと早く前を捕まえてもおかしくない勢いだが、馬を辛抱させていた。レース数を重ねて技術面で向上したのだろう。3コーナーの流れがあったからこの馬の末脚が最大限に活きたと思うよ。

■サイタスリーレッド【無難な乗り方で千二の競馬ができていた】
最後まで渋太く逃げ粘った。無難な乗り方で千二の競馬ができていたね。ただ、距離延長となると上手くはいかない。今回は最後まで頑張ってくれたが、距離が延びると直線半ばでバテてしまうだろう。

■キタサンミカヅキ【実力を出し切った】
中団追走から伸びてくる自分の競馬ができていた。この馬の実力を出し切った3着だと思うよ。


【中日新聞杯回顧】折り合い良し、直線の伸びも良し

■ギベオン【折り合い良し、直線の伸びも良し】
中団で折り合いがついていて直線の伸びも良かった。最高の競馬だったんじゃないかな。詳しい立ち回りや勝因については2着馬と3着馬にも関わってくるからそこで話したい。

■ショウナンバッハ【勝ち馬に併せに行ったのが良くなかった】
ペースと脚質がマッチ。直線で弾けるように伸びたのはそれが理由だろう。ただ勝ち馬に併せに行ったのが良くなかった。あまり差がついていない状態で併せ馬のような形になったため、ギベオンの闘争心に火がついた。併せるまでの脚色はこちらの方が良かったため、単独で走っていれば、この馬が勝っていただろう。

■ストロングタイタン【勝ち馬との反応の違いに尽きる】
ギベオンより前で競馬をしたが、直線での反応の違いで本来行きたかった進路を先に通られた。また、跳びが大きい馬だから加速に時間がかかる。勝ち馬との反応の違いに尽きるね。

メートルダールにも似たことが言える。この馬も通りたかった進路をギベオンに走られた。



アンカツさんのつぶやき

中日新聞杯
「ギベオンは内から差し返しての辛勝に見えるけど、抜け出した時に遊んどるからね。余力がないと寄せた時にもうひと伸びできないし、3着に4馬身やから実質は完勝。ショウナンバッハも上手く乗ったけど、あのハナ差が地力やね。阪神のパクスアメリカーナも強かった。この成長力なら来年はひょっとするな。」

カペラステークス
「コパノキッキング。中山1200mの内枠で出遅れて、普通なら惨敗してもおかしくない展開。サイタスリーレッドに勝たれとるパターン。それを大外からあの脚力だもんね。とんでもなく強いよ。何より、この外国産馬を持っとるコパさんの運が凄いと思う。しかし、今年の3歳はどの路線にも化け物がおるで驚き。」

阪神ジュベナイルフィリーズ
「ダノンファンタジー。完成度が高いね。出してくつもりもなく、馬のリズムに任せた位置取りと仕掛け。やはり、来週のグランアレグリアは相当強いな。クロノジェネシスとはジョッキーの差もあった。長くいい脚はクロノのが使っとる。ゲートはともかく、ワンタイミング待っての追い出しなら勝ってたよ。」

「ビーチサンバは一番いい競馬しとる。先に繋がる内容やし、あの乗り方で負けたら仕方ない。シェーングランツは姉と違って、奥手の中距離向きに見える。今日は輸送も堪えてたんじゃないかな。立て直してふっくらしてくれば巻き返せる。タニノミッションも見栄えした。これまでのウオッカでは一番の素材。」
スポンサーサイト