単勝二頭流

ホープフルS、穴馬はこれだ!

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、先週の土曜日は『単勝二頭流』の本懐でもある単勝好配当的中が続きましたね。

石橋 武(以下、石) そうだね。配信5レース中4レースで単勝が的中したのはよかった。ただ、あそこまでいったら3連単も的中しておきたかったけど。

編 まあ、たしかに(苦笑)。ただ、簡単に振り返っておくと、土曜日最初の配信となったクリスマスローズSで◎ディアンドル(1人気)が勝利。こちらの単勝170円。続く摩耶Sは不的中で、その次がすごかった!

石 阪神C。

編 はい、阪神C。このレース、石橋さんは人気馬の本命に◎ミスターメロディ(2人気)、そして穴馬の本命に◎ダイアナヘイロー(11人気)と強気の勝負でしたね。

石 強気、う〜ん、強気というか、適性と展開面を考えると◎ダイアナヘイローになっちゃうなと。いや、なってもいいんだけど、逆に人気がなさすぎたから僕の知らないところで何かあったのかなとか勘繰っちゃって(笑)。

編 いや、戦績と相手関係をみたら11番人気くらいでしょう、どう考えても(笑)。

石 あんなわかりやすい馬と展開で? 

編 あ、それレース当日の見解がわかりやすかったから載せちゃいましょう。

「◎ダイアナヘイローは前走もそうだが、前半の自身の入りが緩やかであれば好走でき、反対に前半3ハロンが33秒台前半だとさっぱり。レース序盤のラップで勝負が決まるタイプだ。今回と同じ阪神芝1400mで行われた阪急杯を勝利した際も前半3ハロンは34秒台だった。今回はこの距離には何が何でも行きたいタイプがおらず、他馬の前半の入りからも33秒台は考えづらい。さらに土曜日の阪神競馬場は雨が降っており、時計がかかる馬場になるのは間違いのないところ(2走前は道悪で敗れているが鼻出血が原因。本来道悪は得意なタイプ)となれば、レースのペースは◎ダイアナヘイローの得意とするもの。さらに先週の結果を見ても明らかなように、今の阪神芝コースは内有利。展開面、馬場に恵まれたここは大駆けが期待できる」

編 もはや予知レベル。

石 そんなことないわ(笑)。大げさか。見解にも書いたようにメンバー的にラクに行けるのはわかってたからね。早めに◎ミスターメロディにこられるのがイヤだったけど、そうなれば◎ミスターメロディは的中するわけで。

編 まさに単勝二頭流。しかも単勝配当3,830円。

石 3着抜けがな〜。3連単さえ獲れていれば……

編 タラレバ。で、続く中山最終のノエル賞では人気馬の本命◎オハナ(5人気)が勝って、単勝880円。これは2着抜け。

石 はい。

編 で、この日の最後となった阪神最終では穴馬の本命◎プレシャスルージュが解消で、こちらもなかなかの好配当で単勝1,630円。ちなみに3着抜け。

石 痛い、痛い。なんか胸が痛くなってきたわ。

編 いや、“単勝二頭流”ですから。まずは単勝的中ありきですし、しかもその単勝がこれだけハネてますからね。なんと回収率650%超え。2着抜け、3着抜けはありましたけど。

石 わかったって!

編 (笑)。で、日曜日はなんといっても有馬記念。人気馬の本命◎パフォーマプロミス(7人気)、穴馬の本命◎シュヴァルグラン(9人気)と強気な予想で。

石 とはいっても、◎シュヴァルグランは外枠というだけで人気落としすぎでしょ。ちょっと内めの枠だったら普通に3〜4番人気の馬だよね。

編 結果、その◎シュヴァルグランが3着に激走して、3連複4,910円を的中と。そのほか配信6レース中5レースで本命馬が馬券絡み。この2日間、本命馬の精度は素晴らしかったですね。

石 ただ土曜日はともかく日曜日は勝ちきれないレースもあったから。そのあたりは今週に向けて修正しないと。ちょっと馬場が変わっていたというのもあるけど、例年の傾向だと馬場が荒れてちょっとパワフルになるから。

編 たしかにというか、ホープフルSはポンと荒れたりしますよね。

石 軽い馬場で好走してきた馬とか、あとは2000mが初という馬もいたりね。

編 なるほど。ではそのあたりを踏まえて現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。現時点での注目はヴァンドギャルドとヒルノダカール。中山芝2000mだけにラスト4ハロンのロングスパートになるというのが、このコースのデオフォルト。ヴァンドギャルドは新馬で阪神の急坂をラクにこなし、さらに坂上からきっちり伸びて、前走も後半4ハロンの速い流れを後方からよく伸びて3着まで差してきた。長い脚が使えるよね。

編 たしかに。ただ、ニシノデイジーには負けていますよね。

石 あれね〜、馬群を抜け出したところでフッとスピードが落ちるんだよね。なにか気になったのかソラを使ったのか。そのぶんの負けだと思う。仮にソラでも前走から引き続きトップレベルの鞍上だし、ちゃんと矯正してくるでしょ。

編 あとはヒルノダカール。

石 そう。京都で2戦しているけど、こちらも後半から速くなる流れを余裕をもって差しきっているよね。坂のあるコースでさらにパワフルな差し脚が活きるだろうし、面白いと思うよ。

編 わかりました。あと29日の東京大賞典も勝負予想を配信するんですって?

石 そうそう。けっこうリクエストが多かったみたいで、スポーツマスターさんでやることになりまして。

編 石橋さんは地方交流競走の勝率がかなり高いですからね〜。そっちも楽しみだわ。

石 ただ、この公式ブログに関しては年内は今日が最後になります。今年一年お読みいただき、どうもありがとうございました。

編 ありがとうございました。

石 年明けは、勝負予想は5日の金杯から、このブログも金杯について4日に更新します。遅くとも5日の午前8時までには公開しますので、また来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。



スポンサーサイト