元騎手・坂井千明の乗り役流儀

【ダービー卿CT追い切り診断】カツジは追ってからの首の使い方が良い/プリモシーンは直線の反応が鋭い

■エイシンティンクル【A】
トモの感じがイマイチだけど体が使えていて気持ち良く走れている。この馬なりに順調だろう。

■カツジ【A】
頭が高いのが気になったけど追ってからの首の使い方が良かった。

■ギベオン【A】
体が使えていたし、気持ちも乗っていた。

■キャプテンペリー【B】
動き自体は問題ないけど跳びが大きい馬だから切れ味に悩まされるんじゃないかな。

■ダイアトニック【C】
少し硬い走りをしていた。

■ダイワキャグニー【B】
体を使えているんだけど、直線で抜けてから首を硬くしていた。そこが気になったかな。

■ドーヴァー【C】
体の使い方もイマイチで頭も高かった。

■ヒーズインラブ【A】
追ってからの首が高いけど最後までしっかりと走っていたのは良い。

■フィアーノロマーノ【C】
頭が高くて上に向かって走っている。

■プリモシーン【A】
かかり気味なのが気になったけど直線の反応が良かった。問題があるとすれば動きよりも気性面だろうね。

■マイスタイル【B】
体は使えていたけど動きが少し重いように見えた。

■マルターズアポジー【B】
相変わらず内にササる動きをしていた。この馬なりと言ったところだろう。

■ヤングマンパワー【B】
この馬なりに気分良く走れていると思うよ。

■ロードクエスト【B】
良い頃と比べると走りが高くなっている。

カツジが一番良く見えたかな。それ以外ではエイシンティンクル、ギベオン、ヒーズインラブ、プリモシーンが好印象。

【A】=水準以上の動き。調整過程は良好
【B】=デキは平凡。特筆すべきポイントなし
【C】=状態面に不安アリ
【危】=好調時とくらべて著しく状態が悪い。危険な人気馬
【VIP】=先々が楽しみな素質馬




競馬コラム「水島晴之の単複で買え」

ダイワキャグニーで好配当を狙う/ダービー卿CT

中山11R (8)ダイワキャグニーで勝負だ。東風S3着馬だが、新聞での人気は意外なほど低い。それは回りが影響している。これまで全5勝を左回りの東京で挙げており、右回りは【0・0・1・2】。前走もずっと外へ張って、お世辞にもスムーズな競馬とは言えなかった。ただ、外枠で左に壁ができなかったのが余計にもたれる原因になったと考えれば、それほど悲観することはない。

菊沢師は「直線は大丈夫だった。外に壁ができればいいんだけど。枠は真ん中くらいまでかな」。その言葉通り、4枠8番の絶好枠を引いた。ここなら馬混みで競馬ができる。壁があれば前走ほどもたれることはないだろう。我慢して直線までもってこられれば何とかなる。右回りで人気薄。これを逆手に取り、好配当を狙ってみたい。単3000円、複7000円。(ここまでの収支 マイナス5万6200円)
--------------------------------------------------------------------
結果

中山11R ⑧ダイワキャグニー 9着



佐藤ワタルの内ラチの上を走れ!

【ダービー卿CT・結論】小回りであえて差し馬を狙う!

今週末の中央競馬の話に移ろう。先週日曜の高松宮記念は◎ミスターメロディが快勝。見立てに近い結果になりまずは一安心。いい流れを受け継いだまま、土曜競馬に臨みたいところだ。


中山11R・ダービー卿CTが行われる中山芝コースは今週からBコース替わり。先週までは「3、4コーナーの内側の状態が酷い」と各ジョッキー口を揃えていただけに、荒れた部分がどこまで仮柵でカバーされているかがポイントになる。ジョッキー曰く「全体的にボコボコしている分、内の状態が酷くても極端に外差し有利にはならない」とのことで、土曜の中山芝はある程度内目の枠の馬を優先的に取り上げるのが正解かもしれない。

展開のカギとなるのはマルターズアポジーだろう。マイルの場合前半3F34秒台で逃げることが多く、外枠にエイシンティンクルがいることから考えても、前半3F35秒半ばというような緩いペースは考えにくい。中山競馬場の芝コースが改修された2015年以降、ダービー卿CTの前半3Fは4年連続35.0以上掛かっているものの、3着以内馬12頭中8頭が4コーナー6番手以降にいた馬と、差しがよく入っている。通常よりペースが速くなれば、より差し馬にチャンスがありそうだ。

近年のこのレースでよく来ている血統がダンジグとサドラーズウェルズ。この2系統は以前より来るようになった。ペースが速く直線で持久力を求められた場合強いのはサドラーズウェルズの血。今年この血を持っているのは◎ドーヴァー1頭だけ。

以前は先行馬だったものの、昨年春から差す形に脚質転換し、それ以降は強烈な末脚を発揮するようになった。前走のニューイヤーSでは前半3F33.9というハイペースを楽に追走し、上がり最速の末脚で2着に3馬身差をつける圧勝。ようやく本格化の兆しが見えている。ペースが速くなりそうな今回も引き続き有力だろう。

相手は同じく差せる馬をチョイスしたい。昨年の覇者で内枠を引けたヒーズインラブ、ペースが流れるのは歓迎のロードクエスト、昇級緒戦になるものの中山向きの配合のフィアーノロマーノあたりも好感が持てる。


さて阪神11R・コーラルS。さすがに3月上旬に行われる同条件のポラリスS組の参戦が多い。今年のポラリスSは目立った先行馬が少なくスローペースの前有利になると思われたが、フタを開けてみると皆さん同じことを考えたか、前半3F33.8と速い流れになり、1~6着までを外からの差し馬が占める極端な展開となってしまった。

そんな中、内で詰まって11着だったのが◎サトノファンタシー。悪くない手応えで4コーナーを回ったものの、進路が開かずに前が詰まり、残り100mまでまったく追えず、最後は流し気味と不完全燃焼どころか燃えてもいないレースぶりであった。今回は外枠に入り、加えて鞍上はこの馬をよく知る岩田康誠騎手。さすがに前走のようなことはないだろう。斤量も57kgとはいえ、前走から1kg減るのは好材料。



狩野雄太さん

【ダービー卿CT・結論】勝敗分ける「中山以外の適性」

3月最終週の土曜は、中山でダービー卿チャレンジT(G3、芝1600m)が行われます。昨年は1着◎ヒーズインラブ(4人気)、2着☆キャンベルジュニア(6人気)、3着○ストーミーシー(9人気)で的中しました。あっという間に桜が咲き、プロ野球も開幕。時の流れは速いですね……。
馬場改修が行われた2015年以降、ペースや馬場状態を問わずレース上がりが34秒台になりました。馬券に絡んだ馬の上がりは33秒台~34秒台前半。開催後半で馬場の内が悪くなってきているので、差しも決まります。
そこで浮上してきたのが【直線の長いコースが得意】と思うような成績だった馬です。2017年以前の上位馬の実績がコチラ。
2017年
1着 ロジチャリス 全5勝中3勝が東京
2着 キャンベルジュニア 東京マイル以上で連対率100%
3着 グランシルク 直近2勝が東京
2016年
1着 マジックタイム 全4勝が東京か新潟
3着 サトノアラジン 東京で重賞2着2回
2015年
2着 クラリティシチー 全3勝中2勝が東京、新潟
3着 インパルスヒーロー NHKマイルC2着
昨年はこのポイントに、もう1つ"スパイス"を加えました。【中山マイル実績】です。勝った◎ヒーズインラブは直近3走すべて直線の長いコースで3着以内に来ていて、中山マイル戦でも2勝。3着に入った○ストーミーシーは東京、新潟、京都外回りでしか好走していませんでしたが、3歳時に中山芝1600mのニュージーランドTで2着した実績がありました。
さらに2017年の1~3着馬、先述したサトノアラジンとクラリティシチーもこのコースで勝ち鞍があったんです。早い上がりへの対応力と、特殊な形態の中山マイル戦の適性が両方求められるということですね。
昨年も上位に来た馬をのぞいて【直線が長いコースの実績】と【中山マイル実績】を併せ持っているのはドーヴァー、プリモシーン、ロードクエスト。




境和樹の穴馬券ネオメソッド

中山マイルの好相性“一族”

中山11R ダービー卿CT(GⅢ)(芝1600m)
2019derbyct01.png

ダービー卿CTは、サドラーズウェルズ“一族”に注目。

“一族”という表現に関しては、父、母父にサドラーズウェルズを持つ「保持」、父母父、母母父に潜ませている「内包」のみならず、サドラーズウェルズの兄弟にまつわる血統、すなわち、全弟のフェアリーキングも含むという意味です。
2019derbyct02.png

サドラーズウェルズの全弟フェアリーキングの流れを汲むエンコスタデラゴ産駒のキャンベルジュニアが2年連続の好走。16年の勝ち馬マジックタイムも母母父にサドラーズウェルズを内包しており、その他、フェアリーキングの直仔であるファルブラヴも好走馬に絡みます。

これは、ダービー卿CTに限らず、中山マイル重賞のトレンドでもあります。
2019derbyct03.png

このように、ここ最近、特に中山マイル重賞で支配力を高めている「サドラーズウェルズ一族」の血。同舞台で行われるダービー卿CTもその例に漏れないということ。今年も、この系統には最大限の注意を払わなくてはいけません。

そして今年のダービー卿CT。サドラーズウェルズ一族に絡んだ馬が1頭だけ出走しています。

◎は④ドーヴァー。

母母父にサドラーズウェルズ。これが中山マイル重賞、ダービー卿CTで重要な役割を担うことになります。

6歳にして初めての重賞挑戦になるこの馬ですが、マイル戦はこれまで7回走って【4-1-0-2】、オール掲示板圏内と抜群の安定感を誇るベスト条件でもあります。連勝の勢いを支持するのが正着です。
2019derbyct04.png
結果 ④ドーヴァー 7着





大阪杯週

【美浦の『聞き屋』の囁き】

●悲喜こもごも●

安田記念とヴィクトリア」マイルへのステップレースとなる今週のダービー卿CT。

実績馬に下級条件から勝ち上がってきた新興勢力と多彩な路線から好メンバーが揃った。

ハンデ戦であることと、複雑な乗り替わり事情がより予想を難解にしている。

ここでは複雑な乗り替わりについてお伝えしたい。

ギベオンはもともと日曜日に行われる大阪杯を目標にしていたが、前走の金鯱賞で力の差を感じたことで進路を変更。その時点で予定の空いていたリーディング上位騎手がいなかったため、ベテランの蛯名騎手へ。

ジョーストリクトリは松岡騎手から柴田善騎手へ。

これは松岡騎手サイドの読みが甘かったためで、松岡騎手はウインファビラスの騎乗依頼を受けていたためジョーストリクトリを断ったのだが、ウインファビラスは賞金不足で除外。

儲かったのが柴田善騎手。なにもせずとも復調確かな馬の依頼があったのだ。

ダイワキャグニーは前走で騎乗した内田騎手に先約があったため、石橋騎手へ。

プリモシーンはヴィクトリアマイルとセットで騎乗できる騎手を探して福永騎手へ。

マイスタイルは前走で田中勝騎手がクビとなり、横山典騎手へ。

ヤングマンパワーは直前まで鞍上が未定だったが、戸崎騎手が予定していたミッキーグローリーが故障で回避となり予定が空いたので、ほかに乗る馬がいなかったので、なにも騎乗馬がないよりはマシという程度で決定。

GⅠ本番前から難解な乗り替わりと思惑が交錯しているようだ。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●悔いの残る前走●

3月も最終週、次週からはいよいよクラシックも開幕する。その直前週の今週はGIに昇格して3年目の大阪杯、さらにドバイワールドカップもあり、ジョッキーの移動も多い。

土曜日には中山でダービー卿CTが行われるが、ここにもそんな移動がある。

関西からは4人のジョッキーが遠征。今週は第3場開催の無い、中山・阪神だけに2場開催とあって、通常であっても馬が集まり難く、リーディングトップの川田騎手ほどならまだしも、出来れば遠征せずにいたいもの。

その川田騎手はもともとお手馬と言えるフィアーノロマーノで参戦。再昇級という形だが、やはりクラスが上がるとより適性が求められ、ベストは1400mのこの馬にとってマイル戦のここは、如何に上手くロス無く乗れるかがカギ。中山のぶん誤魔化しは利くので、その騎乗振りに注目だろう。

同じ事は、全4勝中3勝が1400mという北村友一騎手の乗るダイアトニックにも言えることだろう。

一方、福永騎手は今回が初騎乗となるプリモシーンで参戦。いろいろと手探りなところは多いだろう。

ジョッキー的に注目の遠征は残る一人、松山騎手だ。

騎乗するカツジはデビューからずっと手綱を取ってきているお手馬。この中山芝マイル戦の舞台でも、昨春ニュージーランドTを制している。

ただ、やはり同じ舞台の前走の東風Sの内容が、スタートでやや安目を打ち、そして後方待機から3・4コーナーで早めに進出し、4コーナーも大外を回し、結果的に坂を上がったところで脚を無くし失速して6着に敗れ、この騎乗には本人も相当悔いが残っていたようだ。

若手や中堅がああいう騎乗で敗れると、即乗り替わってもおかしくないのが今の競馬。そんな中でもう一度チャンスを貰ったここは、汚名返上に当然力が入るというもの。

カツジ自身にとっても、この後のローテーションを考えても是が非でも賞金を加算させておきたい時、人も馬もここは勝ちたいレース、その度合いはほかの陣営よりも強く感じる。人気は落ちそうだが注目してみたい1頭だ。





水上学の血統トレジャーハンティング

土曜中山11R ダービー卿CT(G3)(芝1600m)
◎本命馬
②フィアーノロマーノ
牡5、栗東・高野厩舎、川田騎手
変則形状のコース、スタート後すぐの急カーブでラップの推移もイレギュラーとなりがち。加えて雨の可能性もある予報、人気馬の死角(ギベオンはこの狭いコースが合うとは思えず、プリモシーンはフェアリーSを勝ったが本質は広いコース向き)も多い。軸は好枠、出していける上に鉄砲も走る②フィアーノロマーノとする。

このレースで2度連対しているキャンベルジュニアと同じ豪州産。半年遅生まれとなるので、実質まだ4歳秋を迎えたところ。本格化はこれからだ。ファストネットロック産駒は日本ではメラグラーナが知られているが(中山巧者)、デインヒル直系で速い馬場にも、ひと雨降っても対応できる柔軟な血統。4走前、当該コース勝ちの時は狭いところを割るメンタルの強さを見せ、2走前は出遅れから外を一気に追い込み、前走はポンと出て先行、余裕の抜け出しと、器用なレースをできる能力はまさにこのコース向き。格下感があって人気の盲点となっている今回が狙いだ。
$お宝馬
⑯キャプテンペリー
中山マイルはやたら走る。同じく巧者のドーヴァーと対照的な枠を引いたが、こちらは外マクリ、あるいは外差しの競馬が得意で、この枠はマイナスにはならないだろう。近親にダイナアクトレス、スクリーンヒーローがいる一族で、底力はある。

上位評価は④ドーヴァー、⑥ヒーズインラブ、⑪カツジ。押さえは③マルターズアポジー、⑧ダイワキャグニー、⑫プリモシーン、⑭ダイアトニック。



栗山求さん

中山11R ダービー卿CT(G3) 芝1600m・外 OP ハンデ

◎11カツジ
○12プリモシーン
▲6ヒーズインラブ
△4ドーヴァー
△10ロードクエスト
△2フィアーノロマーノ
<見解>
◎カツジは
「ディープインパクト×ホワイトマズル」という組み合わせで、
京成杯オータムH(G3)を勝ったミッキーグローリーの全弟にあたる。

母メリッサは北九州記念(G3)の勝ち馬。

◎カツジとミッキーグローリーの兄弟は
中山芝1600mにきわめて高い適性を示している。

[4-1-1-2]で勝率50.0%、連対率62.5%、複勝率75.0%という成績。

アベレージだけでなく、
◎カツジはニュージーランドトロフィー(G2)を、
ミッキーグローリーは前述のとおり京成杯オータムHを勝っており、
すでに兄弟で重賞を制している。

前走の東風S(L)はスタートで出遅れて最後方からの競馬となり、
位置取りを上げるために道中は早いタイミングからマクって進出したものの、
早めに動いたことによる疲労、
外を回らされるロス、
後ろから行く馬に不利なスローペースが響いて6着に敗れた。

昨年秋のマイルCS(G1)で4着に食い込んでいるように、
不利なく自分の競馬ができれば重賞でも勝ち負けに持ち込む力を持っている。

得意コースに替わる今回はおもしろい。




土曜メインレース展望・柏木収保

4歳世代が人気を集めるのなら実力のある6歳以上馬を狙う/ダービー卿CT
キャリアを積むごとに成長が見える


 マイルのスピード重賞だけに、明らかに若い「4-5歳馬」の好走例が多く、「6歳以上馬」の成績はかなり見劣る。

 今年の組み合わせは4-5歳馬「8頭」に対し、6歳以上馬が「8頭」。若いグループから主軸を選ぶのが賢明だが、先週の高松宮記念がそうだったように、レベルが高いとされる4歳馬が例年より大きな支持を受け、そう差のない6歳以上馬が実力はあっても人気薄になるケースが珍しくない。あえて、評価の下がりがちな6歳以上馬をうまく絡める馬券作戦があるだろう。

 いま本物になった6歳牡馬ドーヴァー(父アドマイヤムーン)を評価したい。全6勝のうち、4勝をこの中山1600mで記録するドーヴァーは、

 ▽中山1勝目(2歳時)…1分34秒1
 ▽中山2勝目(3歳時)…1分33秒5
 ▽中山3勝目(4歳時)…1分33秒4
 ▽中山4勝目(6歳時)…1分32秒4

 クラスが上がるごとに、またキャリアを積むごとにレース内容を高めてきたタフな成長力が真価。6歳になった今年1月のニューイヤーS(中山1600m)は、1600万下からの格上がり初戦なのに、ここまでの最高タイムをさらに短縮する完勝だった。

 レース全体の流れは「44秒9-47秒5」=1分32秒4。前半1000m通過「56秒2」の超ハイペースで、差し切りを決めたドーヴァーに展開は味方したが、中位からまくり気味に進出し、残り1ハロンで先団に追いつくと、あっというまに3馬身も抜け出している(3馬身差2着は今回も対戦するキャプテンペリー)。

 差しタイプなのであまり枠順の有利不利はないが、多頭数の中山1600mで内枠4番ならコースロスはまったくない。理想の好枠に恵まれた。

 父アドマイヤムーン(その父エンドスウィープ)は、キャリアを積むごとにパワーアップし、古馬になってドバイデューティフリー(今晩、期待大のアーモンドアイなどが出走するドバイターフの前身)、宝塚記念、ジャパンCを制している。

 母の父イルーシヴクオリティ(その父ゴーンウェスト)は、産駒がセレクトセールになると毎年きまって超高額で取引される輸入牝馬イルーシヴウェーヴの父方祖父。同馬は、競走時には5歳秋のハリウッドパークのマイルを快レコード1分31秒63での6馬身差独走があるから、早熟のスピード系ではない。

 ジャックルマロワ賞など英仏のGレース6勝の5代母リアンガの代表する牝系には、日本に輸入された種牡馬ダンサーズイメージ、フォルティノ、エタンなどが並び、もともと日本のスピードレース向きの下地がある。




優馬

重賞データ攻略
ダービー卿CT


 年明けからの芝マイル重賞戦線は4歳馬が連勝中。強力な4歳世代が実力を示すのか、それともハンデ戦の妙はあるのか。春のマイル王決定戦へ向けて弾みをつけるのはどの馬か?

昇級初戦でも侮れないが…
 GIIIのハンデ戦ということもあって、1600万クラスを勝ち上がってきたばかりの馬が勢いそのままに好走するケースも多い。今年も要注意と言えそうだが…!?

前走クラス別成績(過去10年)
1600万〔4.2.1.7〕
OP特別〔3.3.3.54〕
GIII〔3.2.1.48〕
GII〔0.2.4.18〕
GI〔0.1.0.3〕

 前走・1600万組は半数が馬券に絡む活躍。ただし、ここで注意したいのが「前走の距離」。今回のメンバーで前走・1600万組はダイアトニックとフィアーノロマーノの2頭だが、この2頭はともに前走が1400m戦。前走・1600万組で馬券に絡んだのは全て前走1600m~1800mだった馬であり、前走1400mの馬は過去10年で出走数自体がゼロである。

 レース全体で見ると、前走が1400m以下だった距離延長組が過去10年で〔3.2.0.23〕となっているが、馬券に絡んだ5頭中4頭は芝マイル重賞で2着以内の実績馬。例外の1頭も芝マイルのOP特別で2着2回。1600万勝ちの勢いは認めるが、今年は手を出しづらい。

狙いは東風S組
 そうなると、前走・OP特別組か前走・重賞組が中心となりそう。両者に大きな差はないが、目立つのは今回と同じ中山1600mのOP特別・東風S組。こちらは過去10年で〔3.3.2.21〕という成績を収めており、前走4着以内なら〔3.3.1.11〕と、なかなかの好走率。
 これに当てはまるのは東風S1着のジョーストリクトリ、同3着のダイワキャグニー。両馬はその前走から鞍上がそれぞれ柴田善J、石橋脩Jに乗り替りとなっているが、前走3着以内かつ4~5歳馬の乗り替りであれば、過去10年で〔5.4.1.7〕、連対率は50%を超える。近3年の勝ち馬(ヒーズインラブ、ロジチャリス、マジックタイム)がこの乗り替りパターンに該当している点も強調材料。再びの好走を期待してみたい。

狙い目
ジョーストリクトリ
ダイワキャグニー
スポンサーサイト