こんにちは

桜花賞はグランアレグリア が快勝しました。次走はNHKマイルCの予定みたいです。
これだけ強い馬を、写真で選べなかったというのは、残念です。


今週のフォトパドック、競馬ラボ馬体FOCUSを見てみます。

アドマイヤマーズは、筋肉量が豊富で腰高でマイル辺りがいいのかなと思います。

ヴェロックスは、クビが長いというより脚が短い感じで、バランスが良いとは言えない。

エメラルファイトは、スプリングSの覇者です。バランスはいいですが、葦毛のせいもありぼやけた感じ。

クラージュゲリエは、毛艶よく見栄えがしますが、そんなに良くは見えない。

サートゥルナーリア、すげえ!これだ、毛艶良く筋肉の付きかたが素晴らしい。4連勝できそうです。

サトノルークスは、キ甲が抜けてますが好きなシルエットではないです。

シュヴァルツリーゼは、きちんと立っていないのでシルエットが悪くなってしまっている。いい馬の1頭。

ダノンキングリーは、先行馬ジェネラーレウーノを思い出させます。背中が割と長く典型的なディープインパクト産とは違う感じです。

ニシノデイジーも背中が長く、先行してスタミナ勝負が似合いそう。

ファンタジストは、前脚が短く距離が長くなるのは良くなさそうです。

メイショウテンゲンは、そんなに良くは見えない。(競馬ラボ№1)

ラストドラフトは、伸び盛り弥生賞時から良くなっています。こちらも背中が長いタイプ。

ランスオブプラーナは、背中が長い逃げ馬。


もちろん私の№1はサートゥルナーリアです。
競馬ラボのコメントを見たら
「今回のメンバーの中でも能力は一枚、二枚上と見ているため、あえて上位トップ3評価からは除外。」
だそうです。
スポンサーサイト