こんにちは

今週はダービー。ある意味一年の締めくくりとなります。令和最初ではなく、平成最後の大一番です。
そう考えると令和に入った5月に出走している馬にダービー馬になる資格は無いのではないかと思います。

では、競馬ラボ馬体FOCUSを見てみます。

ヴェロックス:毛艶は良くなった感じですが、良く見せるタイプではないですね。皐月賞時(クビが長いというより脚が短い感じで、バランスが良いとは言えない。)と書きましたが、そこのところは変わっていません。

エメラルファイト:今回は姿勢が良くないので、良くは見えない。

クラージュゲリエ:うーん、どうでしょうね。

サートゥルナーリア:やっぱりかなわないだろうな。という言葉が出てしまいます。素晴らしい馬。

サトノルークス:皐月賞時は尻が下がって見えたのですが、今回はそんなことも無く良く見えますよ。皐月賞14着の馬ではない。

シュヴァルツリーゼ:皐月賞時は変な立ち方でしたが、今回はいいです。良く見えますね。

タガノディアマンテ:こういうのは選ばない。

ダノンキングリー:皐月賞時から一皮むけたような良化がうかがえます。

ダノンチェイサー:なかなかの好馬体。

ナイママ:周りの馬と比べてしまうと見劣ってしまいます。

ニシノデイジー:悪くは無いですけど、どうでしょうね。

メイショウテンゲン:幼い感じがします。

ランフォザローゼス:なかなかいい馬です。

リオンリオン:筋肉が付いたごつい感じの馬ですが、バランスがあまり良くない感じ。

レッドジェニアル:非力な感じですね。

ロジャーバローズ:うーん、どうでしょうね。

競馬ラボの評価は№1サートゥルナーリア、№2ダノンキングリー、№3ダノンチェイサー、特注馬レッドジェニアル


「私の№1はサートゥルナーリア、№2ダノンキングリー」
スポンサーサイト