田原基成さん

4連勝中デュープロセスほか、2019ユニコーンS出走予定馬15頭分析

ユニコーンSが行われる今週。ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリーム、ノンコノユメとGI馬を多数輩出する出世レースに楽しみな3歳馬が集まった。秋以降のダート路線を占う意味でも見逃せない一戦と言えるだろう。

そこで今回のコラムでは、2019ユニコーンSに出走予定の15頭をあらゆる角度から分析してみたい。私なりの視点で捉える15頭の判断基準が、あなたの予想の参考になれば幸いだ。

・アシャカトブ
青竜Sは伸びずバテずの競馬で7着。ハッキリと上位馬との力差を感じる内容だった。中山巧者の印象もあり、冬の中山開催まで待ちたい。今後間違いなく、穴をあける馬だ。

・イメル
ヒヤシンスS、昇竜Sと今回出走するメンバー相手に力負け。その脚質から今後何度も穴をあけそうなタイプだが、今回は厳しいだろう。

・ヴァイトフリック
2着が続く近走だが、勝ち馬はいずれもダート無敗。相手が悪かったとの表現で片付けられるだろう。3戦目で0秒4以上の差をつけたデルマルーヴル、マスターフェンサーはそれぞれ世界の舞台で掲示板を確保……東京ダート1600m経験を持つ点も魅力だ。

・ヴァニラアイス
ダートで馬券圏外なしと、抜群の安定感を誇る馬。しかし、稍重の2走前に上がり3F3位以内に入れなかった点がどうにも引っかかる。最内枠から距離ロスなく運び、前残りの展開にも恵まれた前走。当時の内容から直線の長い東京かつ距離延長、道悪想定の馬場となると現状不安要素が先に浮かんできてしまう。

・エルモンストロ
持ち時計の比較では強調材料に乏しい馬だが、くすのき賞はラインカリーナ(関東オークス勝ち馬)、前走はマッスルビーチ(先週500万下勝ち)と戦ってきた相手は骨っぽい。角居厩舎所属馬は平地重賞で複数頭出しの際、いずれかが馬券圏内に入る確率は50%。夏の左回り1600mで勝ち上がったようにこの時季の適性も高く、軽視は禁物だ。

・オンザウェイ
前走は砂ボコリが一面に舞うパサパサダートを利した差し切り勝ち。500キロを優に超える馬体が示すとおりのパワー型だ。週末の東京は脚抜きの良い馬場が濃厚。持ち時計がない馬だけに、厳しい印象は否めない。

・ザディファレンス
ダート1400mを1分26秒台で制した前走。それも前崩れの展開に乗じたものだけに、低レベルだったと言わざるを得ない。中山でみせた強烈な差し脚から受ける印象はスプリンター。この舞台では分が悪い。

・サトノギャロス
デビュー以降、一貫して1200mを使われ続けている馬。陣営がこの馬の適性を見抜いている証拠に他ならないだろう。1600mへの挑戦は現状の力試しと次走距離短縮時の「反動」を狙ったものか。いずれにせよ、今回の舞台で評価を上げることはできない。

・ダンツキャッスル
良馬場ダートでの2勝は逃げて圧勝と、いまだ底を見せていない馬。古馬と混じっても好勝負できる逸材だが、今回はその逃げ脚質がアダとなる可能性がある。過去10年のユニコーンSにおいて、前走逃げ好走→再度好走の例は2008年までさかのぼる。注文のつくタイプだけに、コーナー4つの舞台替わりで最大限の評価を下したいところだ。

・デアフルーグ
中山ダート1800mで3連勝、初の東京ダート1600mでも2着。ポテンシャルは世代屈指と言えるだろう。ただ、今回は気になる点が2つ。1つめが渋ったダート未経験であること。そして2つめがこの舞台に施行条件変更後、父ノーザンダンサー系該当馬が1勝もしていない事実だ。GI馬アジアエクスプレスですら苦汁を舐めた条件だけに、戦前の見解では不安要素が先行してしまう。

・デュープロセス
この馬で注目したいのは2戦目の勝ち方。「逃げれば楽勝」の状況だったと思うが、抑える競馬を徹底して教え込ませたのだ。その成果が身を結んだのは青竜S。1400→1600も距離延長をものともせず、早め抜け出しの王道スタイルで勝利を収めた。自在脚質・馬場不問の戦績に加えて、2019年のM.デムーロ×安田隆コンビは5戦5勝。私のなかで死角らしい死角は見当たらない。

・ニューモニュメント
スタートでの出遅れはもはやこの馬の様式美。そして、大外に持ち出せば確実に伸びてくるのもまた様式美のひとつだ。左回りでの馬券圏外は休み明けのレースに限定。戦法に迷いのない馬だけに、何かしらの印を打っておきたいところだ。

・ノーヴァレンダ
伏竜Sは馬群に入れる競馬が大失敗に終わったレース。陣営とて、まさかあそこまでパフォーマンスを発揮できないとは思わなかったのではないだろうか。当時得た収穫は「砂を被るとアウト」。ならばここはハナを取りきることを含めた先行策が濃厚。全日本2歳優駿を制した左回り1600mかつ渋ったダートが見込める週末の馬場コンディションは願ってもないものだ。

・ロードグラディオ
関東オークスを制した母に近親はダートオープン馬2頭……陣営がダートに活路を見出す理由は納得できる。しかし、この馬は芝で戦ってきた相手が決して強くない。過去の好走は直線平坦かつ内回りコースに限定。その条件を迎えるまでは静観が妥当か。

・ワイドファラオ
6月に行われるユニコーンS。競馬カレンダーの括りでは「春競馬」と捉えて良いだろう。秋に進むべき路線を見極めたい陣営が初ダートでここを選択するケースは多く、過去には該当する4番人気内馬が7頭参戦。その成績【0-1-0-6】をどう判断すべきか。砂を被ること、芝とダートの切れ目があること……ダートでやるべきことは少なくない。勝たれたらバケモノ認定だが、私のなかでの評価は上がってこない。


ダノンスマッシュほか、2019函館スプリントS出走予定馬13頭分析

函館スプリントSが行われる今週。このレースの名前を聞くと夏競馬開幕を実感するというもの。実績馬2頭(ティーハーフ、デアレガーロ)の回避は残念だが、それを補って余りある好メンバーが集結した。

そこで今回のコラムでは、2019函館スプリントSに出走予定の13頭をあらゆる角度から分析してみたい。私なりの視点で捉える13頭の判断基準が、あなたの予想の参考になれば幸いだ。

・アスターペガサス
斤量面の恩恵を得られる函館スプリントSは3歳馬優勢のレース。しかし、好走馬のほとんどが前走から距離短縮で臨んでいる。前走と同距離or延長かつ、前走2着以下だった馬は函館スプリントSで【0-0-0-12】。洋芝での持ち時計も乏しく、馬場が渋った場合に一考したいところだ。

・カイザーメランジェ
この馬最大の長所はハイペース適性の高さ。5走前のサンライズSは600m通過32秒5のラップを早め先頭で悠々と突き抜けてみせた。函館スプリントSは600m通過33秒台前半が当たり前。1戦1勝の洋芝替わりに加え、父・母父ともに洋芝重賞勝ち馬。穴馬としての魅力は十分だ。

・サフランハート
オープン昇級後の2戦はともに勝ち馬から1秒以上離される競馬。とはいえ洋芝では【0-2-2-2】と勝てないまでも馬券圏内の回数は多い。前走から距離短縮で臨んだ際の成績【3-0-2-1】も加味したとき、見限るには早計だ。

・シュウジ
6月6日の北海道スプリントCから変則連闘。少なくともこのローテーションに計画性は感じられない。2017年以降の芝レース好走はオープン特別に限定されており、重賞のメンバー相手で一変となると厳しいだろう。

・タマモブリリアン
実は昨年、私はこの馬に本命の印を託した。結果は11番人気5着も、枠の利を活かしきったロスのない競馬……ハッキリ言って、あれ以上は望めないだろう。昨年以上に強力なメンバーが揃った今年、苦戦は必至か。

・タワーオブロンドン
私は京王杯SCの見解で「1400mなら現役最強」とこの馬を評した。そして、レコード勝ちのパフォーマンスはそれを証明するには十分すぎるほど。洋芝適性に問題がないとはいえ、非根幹距離巧者はどこまでいっても非根幹距離で狙いたい。馬券圏外に敗れた2戦が57キロである点から、58キロの斤量も不安要素だ。

・ダイメイフジ
7戦して馬券圏外が一度もなかった中2週以内のローテーションで臨んだ前走。不適距離で勝ち馬と0秒4差の結果を見るより、やはりあの臨戦過程が相当に合う馬なのだろう。翻って、今回は中5週とこの馬にとしては間隔をあけての参戦。ここは静観したうえで間隔を詰めて走るタイミングを逃さないようにしたい。

・ダノンスマッシュ
1番人気を裏切ってしまった高松宮記念。本命を打った際の見解に記した「平坦→急坂替わりに不安がないとは言い切れない」が的中した格好となってしまった。直線急坂コースでの成績【1-0-0-5】に対し、平坦コース【4-2-0-0】。現状、急坂コースで嫌うのがベターだ。当時もうひとつの不安要素だった高速馬場は週末の雨予報で相殺されるはず。ここは評価を上げたい。

・トウショウピスト
芝1200mでは追走に手いっぱいの近走。年齢を重ねてテンのダッシュ力に陰りが見られており、距離短縮ローテを強調材料とすることはできない。

・ペイシャフェリシタ
オープンクラスでの成績に限定したとき、5枠-8枠での3戦はすべてフタ桁着順。GIで外枠を引いた前走は致し方ない結果と言えるだろう。馬番4番以内なら2.5.1.3.4着とこのクラスでも安定感抜群。枠順次第で評価を決めたい1頭だ。

・ユキノアイオロス
オルフェーヴル、ロードカナロア世代唯一の中央現役馬。頭が下がる思いだが、やはりオープンクラスでは厳しいと言わざるを得ない。

・ライトオンキュー
今年に入り4戦3勝と本格化を迎えた1頭。このクラスでも……との期待がかかる馬だが、懸念すべきが600m通過の経験値だ。33秒台前半がデフォルトの同レースにおいて、そのラップの経験がない点はマイナス。1400m以上の距離をこなせるスタミナは魅力も、同時に不安要素も同居した馬だ。

・リナーテ
須貝厩舎は函館芝重賞で【1-4-2-6】複勝率53.8%。昨年函館芝1200mでの勝利実績を有する点も含め、この舞台に対する適性はメンバー中随一と言える。ここでのポイントは週末に想定される雨予報。上がり3F33秒台が出る高速馬場向きの印象があり、切れ味が削がれるシチュエーションはマイナスだ。




亀谷敬正さん

今年の函館SSもダート血統が穴を出すか

雨予報で例年以上にパワーとスタミナが要求される可能性も


 昨年の函館SSはホームページで公開している予想で10番人気の人気薄で2着に激走したヒルノデイバローを本命に推奨しました。

 同馬の父はマンハッタンカフェ。2014年に8番人気で優勝したガルボもマンハッタンカフェ産駒だったことも推奨理由に上げましたが、同種牡馬が複数激走するのは函館SSが「スタミナ指向」と「ダート指向」が強いレースだから。

 マンハッタンカフェは芝中距離G1でも実績を残していますが、ダートG1でも勝ち馬を出している種牡馬。

 2017年の勝ち馬、2015年の人気薄2、3着馬は父がクロフネ。2016年1~3着の父ダイワメジャー、キンシャサノキセキ、キングカメハメハは当時ダートのランキングで10位以内の種牡馬。

 また、パワーに加え、スタミナも要求されやすいレース。1400m以上で実績を残していた馬も走りやすく、前走で1400m以上を経験していた馬も有利。

 過去5年で芝1400m以上の重賞で3着内実績馬は複勝率28%、複勝回収率184%。

 2014年にガルボが8番人気1着、ローブティサージュが6番人気2着。

 2016年にソルヴェイグが12番人気1着、シュウジが2着、レッツゴードンキが7番人気3着。

 2017年にジューヌエコールが1着。

 昨年本命にしたヒルノデイバローも前走1400m経験馬でした。

 今年は、日曜の函館芝は雨が降りそうなので、例年以上にパワーとスタミナがより要求される可能性も。結果的に例年通りダート的なパワー。1400m以上の思い馬場もこなすタフさが要求されそうです。

 サフランハートは父アドマイヤオーラ。産駒のダートの勝ち星比率(ダートシェア)は60%。産駒の重賞実績もダート寄り。JRAの重賞を勝ったノボバカラ、クロスクリーガーはいずれもダート。母父カーネギーもスタミナと馬力を要求される馬場で力を発揮する種牡馬。

 シュウジの父はキンシャサノキセキ。同種牡馬の産駒はダートの勝ち星比率(ダートシェア)が60%。出走メンバーの中では3番目にダートシェアが高い種牡馬。自身は1400m実績馬。ということで2着に走った2016年も本命に推奨したわけですが。

 ダイメイフジはアグネスデジタル産駒。産駒のダートの勝ち星比率(ダートシェア)は70%。自身もダートG1を勝っていますし、産駒もダートの勝ち星比率が高い種牡馬。前走は1400mを経験しています。





単勝二頭流

先週は本命16番人気馬が大激走! 果たして今週ノ注目穴馬は?

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、まだダービー完璧的中の余韻が冷めやらぬなか……

石橋 武(以下、石) 冷めやれよ、いい加減(笑)。

編 いや、あまりにもすごすぎて(笑)。スポーツマスターさんの編集部通信(5月30日号)にも、100万円近い払い戻しを受けた方の画像も掲載されていましたよね。みんな、儲かってるな〜、と。

石 ありがたいよね、信用して買っていただけて。

編 まあ、実績がありますから。それに高配当と言えば、先週の多摩川Sですよ。

石 ファストアプローチね。

編 ええ。ただでさえ逃げ切るのが難しい東京芝1600mで、大外枠のファストアプローチを本命に推してくるとは。しかも出走18頭中16番人気ですよ(笑)。

石 でもちゃんと走ったでしょ?

編 ええ。展開も適性も読み通りでしたね。その見解がこちら。

「ファストアプローチはマイル戦で勝ち鞍こそないものの、近走で走っている2000m前後の距離では先行して伸びきれないという、もどかしい競馬が続いており、やや距離が長いという印象だ。実際、マイル戦では勝ち鞍こそないものの、朝日杯FS、シンザン記念、ニュージーランドTとレベルの高い重賞で善戦しており、ベストは1600mとみる。ましてや、3勝クラス、しかもトップハンデタイとはいえ56キロならば、同馬の実績からも明らかに能力は上の存在だ。540キロを超える大型馬だけに、休み明けの前走は凡走も致し方なし。時計も同馬にとっては速すぎた。今回は直前の雨のおかげで同馬が好きなソフトな馬場が見込まれ、叩き2走目の上積みも見込める。このスロー確定のメンバーなら大外枠からでも前につけるのはさほど難しくもなく、ベストの距離、ベストの馬場で自身の競馬ができれば巻き返しは可能。大駆けが期待できる。」

編 もう完璧!

石 ただこのレース、100万、200万円の馬券を狙っていたので、2、3着の人気馬を切っちゃったんだよね。危ないところもあったので。

編 そうなんですよね〜。2、3着に1、3番人気を入れるだけで76万馬券的中だったのに……(苦笑)。でも2〜5着はかなり僅差で、人気薄の4、5着馬は馬券に入っていたんですよ。組み合わせ次第では200万馬券が当たっていたという。

石 惜しかった。でも仕方なし。

編 200万馬券を仕方なしの一言で片付けるとは(笑)。ただ、改めて石橋さんの予想は100万馬券、200万馬券に近いなと実感しましたし、実際、すぐに獲れるだろうなと。

石 そうね。皆さんが思っているほど難しいものじゃないと思うよ。ホント、いつもの配信レースから組み合わせ次第で、すぐ当たる可能性はあるわけで。

編 そうなんですよね。さっそく今週、当ててほしいわ(笑)。で、今週末なんですけど、ここで取り上げるのは函館スプリントSでいいですか?

石 OK。ではさっそく始めますか。

編 はい、よろしくお願いします。

石 まずはトウショウピスト。

編 めっちゃ人気ない(笑)。

石 だろうね。ただ、函館芝1200mでは函館2歳Sの3着も含めて、【3 1 1 1】と好相性。それだけじゃなくて、日曜日の函館は恐らく大雨で、まず時計勝負になることはない。

編 たしかに、オープンに昇級後は時計的についていけていない印象ですからね。

石 なぜかこの馬が走るときは良馬場が多くてね。それにこの馬にとってありがたいのが展開面。単騎で行けそうなメンバー構成もいいし、突っかかってくるようなタイプもいない。

編 展開利が見込めると。

石 その通り。マークしておくべき一頭だよ。

編 続いてチェックするのは?

石 タマモブリリアンだね。

編 去年のこのレースの5着馬ですね。

石 そうそう。去年は異常に時計が速かったんだけど、それでも5着に善戦。さっきも言ったように、今年は時計がかかるのは間違いないし、去年より前進が見込める。

編 この馬も函館は得意ですしね。

石 そうだね。それに千直を走ったあとって、それが刺激になって好走する馬って結構多いんだ。タマモブリリアンも前走の韋駄天Sがカンフル剤になる可能性もあるよね。

編 なるほどな〜。

石 現時点ではこの2頭に注目かな。

編 わかりました。では今週末もよろしくお願いします! ありがとうございました。
スポンサーサイト