水上学の血統トレジャーハンティング

【ラジオNIKKEI賞・展望】「実績か、素質か、適性か」

★土曜東京11R アハルテケS
◎本命馬 ナムラミラクル 3番人気 12着
道中手応えも良く、マイポジションをキープしながら、早めに押っ付けだして、後退してしまった。直線は全く反応なし。藤懸騎手は「馬に蹴られたことで、他馬を怖がるようになってしまったのかも」と注目のコメントをレース後にしている。これが前走のことなのか、放牧中のことなのかは分からないが、もしかしたらブリンカーを着けて来れば変わる可能性も残されているかもしれない。

$お宝馬 サトノアッシュ 12番人気 2着
推奨理由でも述べたように、近走は敗因がハッキリしており、今回はベストの設定に戻ったのが大きかった。しかも雨の影響で道悪になったのもプラス。馬場が軽くてペースが上がったことで利が出た。

★日曜阪神11R 宝塚記念(G1)
◎本命馬 キセキ 2番人気 2着
ほぼ想定通りのレースぶり。かなりのスローペースから後半ペースアップしての前残りで、特筆すべき内容はなかった。むしろあの展開で差されたのは不満といってもいいくらいだ。

$お宝馬 スティッフェリオ 8番人気 7着
好位から一杯になってジリ下がり。見るべきものはない走りになってしまった。ここでは能力がまだ足らない。

【今週のポイント】
今週から福島開催、中京開催へ移り、夏競馬が始まる。日曜福島はラジオNIKKEI賞がメインレースだ。
過去の上位馬を見れば、その後飛躍したフィエールマンやアンビシャス、ストロングリターンのような素質馬、あるいはすでにオープンで実績を残しているメイショウテッコンやマイネルラクリマ型の馬、そして小回りや平坦の適性で、ここ一発を決めたウインマーレライやサニーサンデーのような馬などに分かれる。

今年は実績型が例年以上に多く、ディキシーナイト、ランスオブプラーナ、ブレイキングドーン、レッドアネモスが主力を形成する。それだけ、例年よりメンバーレベルは高くなりそうだ。
しかし開幕週の小回りは、脚質的に前へ行ける馬が有利なのは間違いないところ。また広いコースでの瞬発力を武器にしていた馬にとっては、真逆の適性が求められる。そして週末はまたしても雨の予報。東京ほど水はけは良くないだけに、道悪適性が問われる馬場になるかもしれない。

いずれにせよ、実績馬からどれを取り、複穴的存在の適性馬からどれを取るかが、予想の決め手になりそうだ。波乱の目は十分で、予想のしがいのあるラジオNIKKEI賞となりそうだ。

【次回の狙い馬】
日曜・阪神4R 1着
アメリカンウェイク
好位から危なげなく完勝。もともと素質を期待されていたが、ノドの手術で遅れていた。ようやく実が入ってきた感じで、まともならオープンへ行ける器だけに、次走も昇級初戦から。場は不問、距離はマイル以上で。

日曜・阪神9R 6着
レジーナファースト
スタートで腰を落としたように、大きく出遅れたのが全て。後方から回ってきて、直線で数頭かわしてきただけに終わってしまった。もったいない一戦。まともに出れば、このクラスを勝てる力はある。芝1200mを条件に、場を不問で(ベストは小倉だろうが)狙いたい。





回収率向上大作戦・須田鷹雄

5、6歳馬が活躍してきたCBC賞

今年は4歳馬不在 狙いたいのは前走◯◯だった馬!


 今年のCBC賞は、登録馬に4歳馬がいない。降級がなくなったのでこの時点の4歳オープン馬は増えているはずなのに、まさかの事態となった。まあ、予想する身としては降級問題に悩まずに済むので楽ではある。

 そもそも、CBC賞は4歳馬がさほど強いレースでもなかった。過去10年(阪神京都での施行時も含むがすべてハンデ戦であるのは同様)の年齢別成績は、

190625_data.jpg

 となっており、5歳馬と6歳馬を中心に回ってきたレースだ。回収率を見ると、穴もそこから出ている。

 5歳と6歳で前走オープン5着以内だった馬は[7-1-5-21]で勝率20.6%、複勝率38.2%。回収率は単228%・複152%。前走重賞組だけでなく、オープン特別好走組でも通用している。

 今年の該当馬は4頭で、いずれも6歳馬。前走時の人気は7,8,12,17番人気で、いずれも再度の好走があるのかは判断しづらいところ。ただ過去の傾向からすると、このグループを信じたほうがよいということになる。




重賞データ分析・小林誠

【CBC賞】勢いに乗る近況好調馬を狙え!

■CBC賞(G3・中京芝1200m)フルゲート18頭

【特注データ】3行でわかる! レース攻略の糸口

190621_date_01.jpg

 宝塚記念も終わり、今週から本格的に「夏競馬」がスタート。その開幕を飾るのが、中京のハンデ重賞・CBC賞だ。その特徴として真っ先にあげておきたいのが、前走が「僅差負け」だった馬の好調ぶりである。前走1着馬も[3-1-1-10]で連対率26.7%、複勝率33.3%と悪くない結果を残しているが、狙ってオイシイのは僅差負け組のほうだ。

 前走が「着差0秒0~0秒5での僅差負け」だった馬は、トータル[4-3-3-31]で連対率17.1%、複勝率24.4%をマーク。昨年の1着馬であるアレスバローズと3着馬のセカンドテーブルは、この条件の該当馬だ。対照的に前走で0秒6以上の着差で負けていた馬は、トータル[0-3-2-50]で連対率5.5%、複勝率9.1%という低信頼度。回収値も低く、オススメしかねる内容である。

 あとは、ハンデ戦ながら人気サイドが強い傾向であることや、前走から斤量減となる馬が大不振であることなども、攻略につながるポイント。あとは、格よりも「勢い」を重視したほうがいい重賞であるのも付け加えておきたい。把握できている出走予定馬の数が少なく、さらにハンデ発表前でもあるが、斤量減とならなかった場合のレッドアンシェルを「特注」候補としてあげておきたい。

190621_date_02.jpg


【コース総論】中京芝1200m Aコース使用
★中穴である4~6番人気の強さが目立つ。人気薄は2~3着で狙うべきコース。
★外枠である馬番13~18番はハッキリ不振。基本的には内枠有利&外枠不利。
★最後の直線は長いが短距離らしく逃げ&先行勢が好成績。前重視の姿勢で。

190621_date_03.jpg
190621_date_04.jpg
190621_date_05.jpg

 バックストレッチの中ほどがスタート地点で、その直後から直線に入るまでの区間が下り坂。右回りと左回りの差はあるが、中山芝1200mに近いモノを感じるコース形態である。当然ながらスタートダッシュは決めやすく、序盤から速い流れになりやすいが、楽に先行できているので簡単には止まらない。

 まずは人気別だが、1着馬のじつに78.7%までが5番人気以内馬によって占められており、極端な人気薄を1着で狙うのは厳しいコース。人気薄も買えるが、こちらは2~3着のヒモで狙うのがセオリーだ。また、1~3番人気よりも4~6番人気の中穴ゾーンのほうが好内容と、チョイ荒れを狙うのがもっとも儲かりそうな印象を受ける。

 次に枠番だが、極端に成績が落ち込んでいるのが外枠である馬番13~18番。勝率、連対率ともに内枠や中枠の半分以下で、ギャップ値もマイナス0.7と明らかに低い。信頼度だけでなく、回収値ベースの数値やギャップ値も加味して考えると、内枠有利&外枠不利のコースであると結論づけられる。

 最後に脚質。冒頭でも少し触れたが、最後の直線が長いコースとはいえ、下り坂を利用して先行勢は楽にいい位置を取れるため、そうそう簡単には止まらない。実際に4コーナー通過順位別での成績をみても、スプリント戦らしく「前有利」という結果が出ている。中団や後方からでも届かないわけではないが、実際は道中のペースや馬場バイアス次第。そうそう簡単に差せるとは考えないほうがいい。


【レース総論】CBC賞(G3) 過去7年
・レースの要所!
★人気サイドが高信頼度で内容も優秀。ヒモに7~9番人気を狙うのが面白い。
★コースデータと異なり外枠のほうが好成績も、単なる偏りの可能性が高い。
★道中のペースが速くコースデータよりも差し優勢に。5歳馬の強さも目立つ。
★ハンデは56キロの牡馬が好成績。斤量減となる馬は成績不振で大幅に割引。

190621_date_06.jpg
190621_date_07.jpg
190621_date_08.jpg
190621_date_09.jpg
190621_date_10.jpg
190621_date_11.jpg

 レースの平均配当は、単勝643円、馬連6520円、3連複2万3883円。単勝平均配当は低いのに馬連平均や3連複平均が高いというのが、このレースの「ヒモ荒れ」傾向の強さを物語っている。基本的には人気サイドが強いレースなのだが、1番人気が強いわけではないというのも注目すべきポイント。2~4番人気あたりを狙ったほうがオイシイ。

 枠番データは、コースデータとは大きく異なる結果が出ている。もっとも、集計対象となっているレース数が少なく、平均人気にも大きな差が出ているので、大きな成績差が出るのは致し方なし。レースデータよりもコースデータのほうが格段に信頼できるとみて、レースデータでの枠番別成績はあまり気にしないことをオススメする。

 脚質別では、中団待機組の好成績が目立っている。クラスが上がり、序盤~中盤のラップが速くなれば、差し優勢に傾くのが競馬というもので、その通りの結果が出ているカタチである。とはいえ、先行勢も相応の踏ん張りは見せており、今年の馬場や組み合わせ次第では、傾向とはガラッと異なる結果が出るケースもありそう。基本的には差し優勢だが、実際は出走メンバー次第である。

 年齢別では5歳馬の強さが目立つ。それに次ぐのが6歳馬で、3歳馬や4歳馬の成績がイマイチであることから考えると、高齢馬が強い傾向にあるレースといえそうだ。ただし、7歳以上馬はトータル[0-0-0-20]と全滅していることから、あくまで「5~6歳馬が強い」と考えたほうが適切。夏のレースらしく、牝馬も牡馬と互角以上に張り合っている。

 そして気になるハンデだが、こちらは「背負っている側」である56キロ牡馬がもっとも好成績。57.5キロ以上を背負った組もしっかり結果を残しており、軽ハンデ馬がバンバン上位にくるような性質のレースではない。また、前走から「斤量増」となる馬が強く、対照的に「斤量減」の馬が猛烈に弱いというのも、大きな特徴といえる。

 最後に、前走クラス別成績について。トータルでは前走でG1~G2に出走していた組が強いのだが、昨年は前走が「OP特別・3勝クラス・OP特別」でのワンツースリー。さらに一昨年も、1~3着馬はすべて前走OP特別組だった。一昔前から傾向がシフトしてきている印象で、夏のハンデ重賞らしく「格よりも勢い重視」という姿勢のほうがよさそう。前走、3勝クラスやOP特別で好走している組に注目したい一戦だ。


【血統総論】

190621_date_12.jpg

 種牡馬別では、ディープインパクト産駒だけをプラス評価の対象とした。スプリント戦には向かない印象が強いディープインパクト産駒だが、中京芝1200mでは連対率30.8%、単勝適正回収値102.5という意外なほどの強さを見せており、要注目。その他だと、ランク外だがジャングルポケット産駒も内容は非常にいい。コース適性の高い種牡馬のラインナップが、他の競馬場とは大きく異なっている点に注意したい。


★出走予定馬 総論×各論

 高松宮記念で激走して大波乱の立役者となった、セイウンコウセイとショウナンアンセムがここに出走を予定。この組からは、アレスバローズやラインスピリットも、ここに駒を進めてきそうだ。それに対するは、中山の春雷Sを制したビップライブリーや、3勝クラスの京都・彦根Sを快勝してきたレッドアンシェルなど、勢いに乗る近況好調馬たち。どのようなハンデが課せられるのかも興味深い。

 現時点でのトップ評価は、冒頭で特注データ推奨馬にもあげているレッドアンシェル。3勝クラスを勝っての昇級戦となるが、重賞での好走実績もある馬であり、地力の面でもまったく見劣りはしない。「勢い重視」というスタンスにも合致するのだが、問題は前走での斤量が57キロで、このレースでの成績が猛烈に悪い「斤量減」という条件に引っかかりそうな点。この場合は、大きく評価を割り引く必要が出てくる。

 二番手評価に、牝馬のイエローマリンバ。前走は京都の鞍馬Sに出走して、勝ち馬から0秒2差の3着に「惜敗」している。スッと前に行ける先行力があることや、コース適性の高いディープインパクト産駒であることも魅力で、楽にハナを奪えれば逃げ切れる可能性がありそうな一戦。注目に値するとみて、上位評価の一角に推したい。

 三番手評価に、高松宮記念がブービー人気での3着激走だったショウナンアンセム。芝1200mへの距離短縮で、6歳にして新味が出てきている。なぜか中京芝1200mで異様に強いジャングルポケット産駒であり、前走では後方から一気の脚で追い込んだように、脚質に幅が出てきているのもプラス。ここで「もう一発」があっても不思議ではない。

 以下はセイウンコウセイ、ビップライブリー、アウィルアウェイといった評価の序列だが、あくまでコレは特別登録が出る前&ハンデが決まる前のジャッジ。今年の中京開幕週がどのような馬場バイアスになるかも、現時点ではサッパリ読めない。ここから大きく評価が入れ替わる可能性が非常に高い点は、どうかご了承いただきたい。
スポンサーサイト