単勝二頭流

ラジオNIKKEI賞はこの3頭に注目!

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、1週間でG1ふたつの単勝を的中ですね。

石橋 武(以下、石) ん? ああ、宝塚記念と帝王賞ということか。そうね。両方とも人気馬の本命だったけど。

編 たしかに両方とも3番人気でしたけど、どちらも大混戦のレースですからね。そのなかで◎リスグラシュー、◎オメガパフュームをちゃんと選んだのは自慢していいかと。そしてどちらも3着抜けだったのは反省していいかと。

石 褒めた途端にディスるとか(苦笑)。まあ、その通りですけれども。

編 でも宝塚記念の3着馬スワーヴリチャードは、いつも右回りはダメって言いますよね。

石 いつも言うというか、いつもダメだから。今回だってレースを見た人はわかるだろうけど、最後の直線でまともに追えてないからね。右にもたれるのを鞍上が懸命に立て直してなんとか3着には走ってきたけど。やっぱりあれを見ちゃうと、右回りでは割り引かざるを得ない。ただ、少頭数であまりごちゃつかないということを考えると、能力的に3着の馬券は買っておくべきだったなと。

編 思い切りすぎた。

石 というより、読みが甘かった。危険ですよとお知らせすることにこだわってしまった感がある。あとから思い返すと。あの人気なら押さえても良かったんじゃないかというのは反省材料。

編 でも、一方の帝王賞では×インティはあっても3着までという見解で。

石 そうね。どちらの見解もスポーツマスターの編集部通信に載っているみたいだけど、まあ、ああいう感じで。

編 インティに関してはズバリ不安が的中という。

石 実績は認めるけれども、ラクな競馬しかしてこなかったのは事実だし、あとタフな2000mというのもね。馬場が渋っていたからスピードのあるインティを馬券には入れたけど、良馬場だったらばっさりいっていたと思う。

編 だから予想は正しいんですよ。それはホントすごいと思う。ただ、先週は特に3着抜けが目立って、それに関してはお叱りのメールもいただいていますからね。

石 申し訳ないです。

編 でも、先週は相手の抜けが目立った一方、帝王賞までいれて配信10レースのうち6レースで単勝が的中。「単勝二頭流」としては、良かったのかと。

石 だから、褒めるのかディスるのか、はっきりしてくれと(笑)。まあ、良くはないけど、悪くはない。でも、皆さんが期待しているのは、単勝の的中はもちろん、高配当的中だと思うので、夏競馬で巻き返します。

編 ですね。毎年、10万、20万の馬券を連発する開催ですし、特に函館は芝1200mとかダ1700mとか、石橋さん定番の稼ぎどころですから。福島とかね。

石 だね。皆さんにも例年通りに稼いでいただければと。

編 そうですね。そしてさっそくいかにも石橋さんが稼ぎそうなレースがあるんですよね。

石 ラジオNIKKEI賞な(笑)。

編 そうです(笑)。石橋さん、こういうレース好きですもんね〜。

石 正直、ダービーより楽しみだったりする(笑)。

編 でもどうしてこんな難しいレースが好きなんですか?

石 いつもと違う適性というのかな、中央場所とは違う適性が求められるから、中央で負けている人気薄が勝ったり、人気を背負った実績馬があっさり負けたりね。そういうレースは面白いよね。

編 なんか性格の悪さがにじみ出ていますけど(笑)、当ててくれれば文句なし。

石 おい!(笑)

編 (笑)。ちなみにどういう馬がいいんですか?

石 この先、大きなレースを勝ちそうもない馬。身も蓋もない言い方をしちゃうと。実際、過去の勝ち馬を見てもわかると思うけど、近年、このレースを好走してG1を勝ったのって去年のフィエールマンくらいじゃない? それにフィエールマンだって、言い換えればこのレースではメイショウテッコンに負けているとも言えるわけで。

編 適性がないけど能力だけでラジオNIKKEI賞を走ったとも取れると。

石 そうそう。それに勝ったG1はちょっと特殊というか長距離の菊花賞と天皇賞(春)というのもわかりやすい。要はキレッキレのマイルG1とか、天皇賞(秋)、ジャパンCとかじゃないんだよね。

編 たしかにほかの好走馬も重賞を勝っていますけど……

石 中山芝2200mとか、地方の2000m重賞とかでしょ。ホントそういうタイプの馬が勝つレース。

編 あ、なんかすごくわかりやすいかも。具体的にはどの馬がいいですか?

石 現時点ではダディーズマインド、ヒルノダカール、あとはブレイキングドーンを挙げておこうかな。

編 なんかこの馬が大きいところを勝ちそうもないというのも気が引けますが。

石 そう、今になって気づいた(苦笑)。関係者の皆さん、ごめんなさい。ただ、弱いわけじゃなくて、日本のレース体系だと大きいレースが行われる舞台には合わないというだけで、海外ではまた話は別ですので。

編 うまいことごまかしたな(笑)。

石 ごまかしてはない。ホントそういうことだから。

編 はいはい。ではその3頭について一言ずつお願いします。

石 まずダディーズマインドは、今回と同じ福島芝1800mのきんもくせい特別が強かった。結果3着だったけど、厳しい流れを先行。強気にポジションを押し上げての0.1差。2着はダノンチェイサー(きさらぎ賞。NHKマイルC4着)だったし。

編 ただ前走の皐月賞では9着に大敗していますよね。

石 着順的には。ただ、あのハイペースを番手で受けて、直線の入り口では先頭に立つというかなり厳しい競馬をしているんだ。それでいて直線もかなり粘っていたし。

編 たしかにこうやって見返すと、見せ場を作っていますよね。

石 でしょ? ラジオNIKKEI賞は逃げ・先行馬2頭+差し馬1頭というのがデフォルトの組み合わせで、ダディーズマインドも厳しいペースで先行できるというのは、急流になりがちなこのレースで大きな武器だよね。ここは大きなチャンスと見ているよ。

編 ヒルノダカールは?

石 切れのなさがネックでホープフルSとかは負けちゃっているんだけど、このコースはそういう中央で求められるような瞬発力は不要。それにラヴズオンリーユー、サートゥルナーリア、リオンリオンら強い相手に揉まれつつも、大敗はしていない。それも向いていないコースでね。

編 ここに入れば能力は高いし、適性もあると。

石 そう。前走は完全な乗りヘグリでまったく追えなかったけど、スムースに先行できればこのメンバーのなかでは速い脚を使える。スローの競馬しか経験がないというのはネックではあるけど、この手の切れ負けするタイプはタフな流れのほうが合うし、そこはあまり気にしていないかな。

編 最後にブレイキングドーン。石橋さん、この馬好きですよね。ホープフルも本命を打っていたし。

石 好きだから本命を打ったわけではないけど、この馬、能力はかなり高いんだよ。ただ、まだその能力に追いついていないというか、どこか持て余している感じがある。ただ、今回は福島芝1800mという、スパッと切れずともしぶとい競馬ができるタイプが台頭できる条件。皐月賞で本命を打ったクラージュゲリエ(14人気5着)にも内回りの京都2歳Sで僅差の勝負ができているし、不器用というか、まだ荒い競馬なんだけど、ここなら能力でなんとかなるかなと。

編 なんかやっぱり好きなんじゃんという話に聞こえますが(笑)。

石 そんなことないわ(笑)。まあタフな競馬になればなるほど、台頭してくるタイプ。順調なら菊花賞を任せたい。

編 おお、そんなに?

石 今のところ(笑)。現時点ではこの3頭ですね。

編 わかりました。週末の勝負予想、期待していますね。ありがとうございました。





田原基成さん

ディキシーナイトほか、2019ラジオNIKKEI賞出走予定馬16頭分析
ラジオNIKKEI賞が行われる今週。3歳馬同士のハンデ戦というシチュエーションは必然的に波乱の可能性を高める。毎年のように人気薄による激走が発生しており、穴党にはたまらないレースと言えるだろう。

そこで今回のコラムでは、2019ラジオNIKKEI賞に出走予定の16頭をあらゆる角度から分析してみたい。私なりの視点で捉える16頭の判断基準が、あなたの予想の参考になれば幸いだ。

・アドマイヤスコール
J.モレイラ、C.ルメール、M.デムーロ……誰が乗っても勝負どころで激しく手が動く馬だ。それゆえ3連対は東京もしくは中山でも外回りコースに限定されている。2度が馬券圏外がいずれも多頭数だった点から、今回の条件は歓迎とは言えない。

・インテンスライト
4コーナーから直線にかけて致命的な不利を受けた4走前を除き、掲示板外なし。掴みどころのないエイシンフラッシュ産駒だが、2走前のような右回りかつ渋った馬場がマッチする馬なのだろう。インを通った馬が上位を占めたプリンシパルSで大外を選択し4着なら評価は下がらない。内枠を引き当てることができれば面白い1頭だ。

・ウインゼノビア
派手な負けっぷりに騙されてしまいそうだが、この馬の本質は逃げ切り勝ちを収めたクローバー賞にあると思う。特殊なコース形態にすんなり適応しつつ2着馬に3馬身差をつける勝利……小回り巧者でなければ実現不可能なレース運びだ。ラジオNIKKEI賞は「ウイン」軍団の十八番。6-8月に集中する良績も含め、穴妙味は十分。

・ギルマ
小倉、中山とそれぞれ小回り芝1800mを勝利。コース適性に疑う余地はないだろう。ただ、私が気になるのは同馬のローテーション。デビュー以降コンスタントに使われてきた馬が2カ月半の休養を経て重賞参戦……せめてひとつ叩いてほしかった。

・ゴータイミング
2勝はいずれも外枠から終始揉まれない位置で運んだもの。ロスの大きい競馬で勝ち切るあたりは非凡だが、開催時期変更後に大外一気を決めた馬は1頭もいない。現状阪神芝外回りが合っている印象で、小回りの福島替わりに上積みを見出すのは困難だ。

・サヴォワールエメ
個人的にダートなら牝馬限定重賞を勝てると思っている馬。牡馬混合の重賞、良績のない芝1800mと超えるべきハードルは高い。ダート替わりまで待つ。

・ダディーズマインド
ラスト1Fでパタリと止まってしまったが、直線半ばまで見せ場を作った皐月賞は褒められるべきレース。こちらの想像以上に馬が良くなっているのだろう。芝1800mでは【2-0-2-1】と安定。気候適性を踏まえたとき、夏の福島で勝ち上がった点も強調材料だ。

・ディキシーナイト
淀みない展開になりやすいこのレースにおいて、1400-1600mで厳しい流れを経験していることは大きなアドバンテージ。とはいえ気がかりなのは、ダイワメジャー産駒が福島芝1800m重賞で【0-1-0-18】と不振を極めている点。この馬唯一の馬券圏外も福島芝1800mということで、ベスト条件は広い東京なのでは……との印象だ。全幅の信頼を置ける人気馬とは言い難い。

・ヒシイグアス
控える形で臨んだ前走スプリングSは差し馬勢に屈し5着。現状はハナを切ってナンボの馬だと思う。距離は少々短い印象を受けるが、ラジオNIKKEI賞での成績【2-1-1-5】複勝率44.4%の堀厩舎が送り込む今年の1頭。2015年以来の福島参戦となるM.デムーロを配したあたり、陣営の強い勝負気配が窺える。

・ヒルノダカール
デビュー以降、1000m通過61秒台以上のレースしか経験していない馬。この条件に当てはまるときは一躍激走馬候補に名乗りを上げるが、今回はその限りではない。血統的に洋芝長距離などはマッチすると思うが……。

・ブレイキングドーン
2000→2200mと距離を延ばしたにもかかわらず、道中通過順が下降曲線を辿る近走。テンのダッシュ力に欠ける点は開幕週の福島芝ではマイナスにしか作用しないだろう。好走歴がスローに集中している戦績も、このコースに対する不安を増幅させるものだ。

・ブレイブメジャー
高速馬場の東京とはいえ、芝1600mを1分32秒台で駆け抜けた前走のパフォーマンスは圧巻。走るたびに持ち時計を更新する戦績も、日々を過ごすなかで馬が成長しているのだとすら感じさせるほどだ。シルクレーシングの馬は近3年中2年で勝利。いつの間にか全国リーディング3位に浮上した鞍上を背に連勝があっても驚けない。

・ポルーニン
3連対すべて東京芝1600mという馬。その路線ならオープンクラスでも面白い1頭と言えるだろう。しかし、今回の舞台は道悪の可能性もある小回り福島。秋の東京替わりで見直したい。

・マイネルサーパス
近3走は精彩を欠いたレースに終始。とはいえ朝日杯FSは関西圏への輸送、プリンシパルSは休み明け、そして日本ダービーは強力なメンバー相手と情状酌量の余地はある。福島芝1800mはダノンチェイサーをはじめ、ここでも人気が予想されるディキシーナイトらを下した条件。見限るにはまだ早い。

・ランスオブプラーナ
最下位に敗れた皐月賞は使い詰めの影響もあったか。早めに後続が押し上げる展開も厳しかったのだろう。前者の要素は間隔をあけることで解消されると思うが、問題は後者。前走この馬から4角先頭を奪ったダディーズマインドが今回も参戦しており、3戦2勝と好相性の芝1800mとはいえ舞台はいずれも直線の長いコース……過信は禁物だ。

・レッドアネモス
前走白百合Sは1000m通過61秒8の超スロー。その展開で終始ロスなくインを回ったアドバンテージは絶大なものだった。2014年以降、ラジオNIKKEI賞は1000m通過60秒を切るラップが当たり前。好走レンジからあまりにもかけ離れている。


セイウンコウセイほか、2019CBC賞出走予定馬13頭分析
CBC賞が行われる今週。現時点で週末の中京は雨予報が出ており、コース適性以上に馬場適性がモノを言うレースになりそう。全体的に層の薄いスプリント路線だけに、ラジオNIKKEI賞同様に波乱の可能性は高い。

そこで今回のコラムでは、2019CBC賞に出走予定の13頭をあらゆる角度から分析してみたい。私なりの視点で捉える13頭の判断基準が、あなたの予想の参考になれば幸いだ。

・アウィルアウェイ
浜中俊が51キロの斤量で騎乗するのは実に7年ぶり。当時は夏の小倉で2戦騎乗したうえで2.3着という成績だった。3歳馬と相性が悪いレースとはいえ、リニューアル後の中京芝1200mで複勝率42.4%を誇る鞍上が跨るのはプラス材料。できればパンパンの良馬場を望みたいところだが……。

・アレスバローズ
昨年はこのレースを1分7秒0の好タイムで勝利。次走小倉芝1200mも制した点から、夏の高速馬場適性には目を見張るものがある。ただ、今回立ちはだかるのは斤量の壁。57キロ以上を背負った近4走はすべて馬券圏外に敗れており、この条件での信頼度という面においては疑問符が付いてしまう。

・キョウワゼノビア
まさか連闘で臨むとは思わなかったが、それは陣営も同じような考えだったのではないだろうか。仮に前走勝っていたとしたら、このローテーションは採用していないはず。中京で際立った成績を残しているわけでもなく、明確な参戦意図を感じ取れないのが正直なところだ。

・グランドボヌール
中京では3戦3勝と抜群の相性を誇る馬。前走はここに向けた叩き台だったとは思うが、それを差し引いても勝ち馬から約2秒離されたパフォーマンスには不満が残る。ダート馬がズラリと並ぶ母系だけに、個人的にはそろそろダートに戻しても良いタイミングだと思うが……。

・コパノディール
準オープンすら馬券圏内に入れない近走成績。49キロとはいえ、さすがに実績が足りない。

・ショウナンアンセム
高松宮記念の激走には驚かされたが、もっと驚いたのは道中・直線とスムーズさを欠く場面がありつつ3着に食い込んだこと。あれがなければ勝利すら夢ではなかったのではないか。6月開催では昨年・一昨年と合わせて3勝。暑い時季の適性も申し分なく、前走をフロック視するのは危険だ。

・セイウンコウセイ
函館スプリントSを使われた近2年から一転、今年はCBC賞に照準を合わせてきた。その背景にあるのは高松宮記念2着の実績かと思われるが、ここは臨戦過程が望ましくない。中10週以上の休み明け【0-1-0-6】の意味を考えると、ここは次に向けたひと叩きの思惑が読み取れる。寒い時季に良績が集中する馬でもあり、私のなかで評価は高くない。

・タマモブリリアン
得意の洋芝を除外され、こちらへのスライド参戦。陣営が望んだローテーションとはほど遠く、厳しい戦いが予想される。

・ビップライブリー
自身の持ち時計を更新し勝利を収めた前走は、新しい引き出しをあけたレース。本来この馬のベスト条件は【3-3-0-2】と安定感抜群の道悪競馬だ。予報を見る限り、週末中京は渋った馬場が濃厚。夏の中京好走歴がある点も含め、評価を上げる材料は揃った。

・メイショウケイメイ
リニューアル後のCBC賞において、3歳馬の成績は【0-0-0-11】。同じスプリント戦でも洋芝適性でカバーできる北海道シリーズとは大違いだ。同世代相手でも馬券圏外に敗れている近走内容から、厳しい印象は否めない。

・ラインスピリット
使い込んで良くなるタイプで、これまで休み明けでの勝利は一度もなし。中京芝1200m【0-0-0-6】の戦績が示すように、ここは陣営が次走以降に向けた叩き台として設定した鞍だろう。狙いはまだ先にある。

・ラベンダーヴァレイ
前走は回復途上の馬場で先団を進んだ鞍上のファインプレー。外→内枠替わりにより距離ロスを防ぐことができたのもプラスに働いたのだろう。当時の再現を……と期待したくなるが、中京芝1200mは内枠がアドバンテージにならない条件。2012年以降のCBC賞における1-2枠の成績は【0-0-1-23】。立ち回りで勝負するタイプだけに、連続好走のハードルは高い。

・レッドアンシェル
直線平坦コース【3-1-2-0】に対し、急坂コース【1-1-2-4】。典型的な平坦巧者で、前走は開幕週かつスプリント戦としてはスローの展開も味方した。翻って、今回の舞台は急坂コースでセイウンコウセイほか快速馬が揃う中京芝1200m。前走の上積み点を100とした場合、高く見積もっても60程度の上積みにすぎないだろう。私のなかで磐石という評価ではない。




亀谷敬正さん

非主流血統、米国血統も走るラジオNIKKEI賞

「クラシックとは違う方向性」に強い血統が走りやすい


 先週の宝塚記念の本命は勝ち馬のリスグラシュー。レース前のコラム、youtube動画。そして1年以上前に発行された単行本「血統の教科書」にも散々書いたように「ダービーが行われる東京芝2400mとは別方向の血統」だから。能力の方向性は一定ではありません。

 宝塚記念と同じく、ラジオNIKKEI賞も「クラシックとは違う方向性」に強い血統が走りやすいレース。なぜなら、ラジオNIKKEI賞はクラシックが行われる競馬場よりも平坦小回り。加えて、クラシックが行われない距離で行われるから。

 去年の勝ち馬メイショウテッコンの父もクラシックが行われない距離の方が強いマンハッタンカフェ。芝1800m、芝2200mの方がクラシックの行われる芝1600、2000mよりも成績が優秀。

 また、母父の国別血統タイプは「米国型」(全出走馬の国別血統タイプは亀谷ホームページにて無料で参照できます)クラシックが行われない条件に強く、なおかつ米国色の強い血統でした。

 ナスルーラ系のスピード持続性にも注目したいレース。去年9番人気3着だったキボウノダイチも父がナスルーラ系。父か母父がナスルーラ系の馬は他にもミュゼゴースト、アーバンキッドが馬券になっています。

 マイネルサーパスは父は「米国型」。リーディングも上位ではなく、クラシックには実績がない種牡馬。母父がナスルーラ系のタマモクロス。状態が戻っていれば、もっと積極的な競馬で押し切れる馬です。

 ダディーズマインドは父がトーセンホマレボシ。母父が「米国型」のフレンチデピュティ。フレンチデピュティは「米国型」ナスルーラ系が走りやすいレースを得意とする血統。父トーセンホマレボシはリーディング上位ではない=「非主流」種牡馬。クラシックの皐月賞よりもラジオNIKKEI賞向き。
スポンサーサイト