水上学の血統トレジャーハンティング

【関屋記念】夏を切り裂く末脚一閃

★土曜新潟11R 越後S
◎本命馬 アスタースウィング 2番人気7着
ゲートで暴れ、潜り込んだところがスタートというアクシデントが全て。力を出せずに終わってしまった。残念。

$お宝馬 ワンダーアマービレ 4番人気5着
大外からよく脚を使っている。ただ人気になってしまったのが誤算。人気を読めない時点で当方の失敗。

★日曜小倉11R 小倉記念(G3)
◎本命馬&お宝馬 レトロロック 7番人気8着
スタートは良かったのだが、距離を心配したのか、位置取りを下げてしまった。さらにインの狭いところに入ってしまい、自在に動けるようになったのはゴール直前。確かに勝ち馬は別格の強さであり、まともでも勝てなかったとは思うが、馬券圏という意味では残念な結果に終わった。

【今週のポイント】
猛暑は続く。暑さのイメージが年間で最も強い重賞、関屋記念が今週日曜、新潟のメインだ。

日本一長い新潟外回りの直線を使っての切れ味・・・がイメージながら、過去は騎手が直線を意識しすぎるのか、前残りが意外なほど多い。ただ今年は、例年以上に外回りの差し込みが決まっている印象。今年は去年のように、末脚自慢の馬が連対を占める予感がするのだが・・・。

ポイントは近5年連続して連対馬を出している中京記念からの臨戦。そこでの着順は問われないのが悩ましいが、選ぶポイントは血統からは明確。いずれにせよ混戦、馬券的にはとても面白そうな一戦だ。

【次回の狙い馬】
日曜 小倉8R 8着
ハナソメイ
スタートで躓き、やや強引に前へ。好位を追走していたが、3角で勝ち馬タガノエルフにマクられると、前半の無理が祟ってか苦しくなった。勝ち馬が強すぎたが、3着馬とは0秒7差。初ダートを踏まえればまずまずだろう。まともにスタートが出来て、脚をタメながらの先行なら掲示板はあったと思う。ダートへの慣れも見込める次走は、スタートがまともなら面白いところ。

日曜 小倉12R 5着
エネルムサシ
今回初のダート1000m戦。少しずつ位置を上げて流れには乗っていたが、直線は内で伸びあぐねてしまった。体重こそマイナス4キロだったが、反応が鈍く、やはり休み明けが響いたのかもしれない。





重賞データ分析・小林誠

【関屋記念】大混戦を断つのはこの馬だ!

■関屋記念(G3・新潟芝1600m)フルゲート18頭

★3行でわかる!関屋記念 攻略の糸口

1. 4~6番人気や7~9番人気など中穴が強いレース条件
2. 5歳以下馬や前走5番人気以内馬が好調。馬格も重要。
3. イメージと違って先行勢優勢。外枠が強いが過信禁物。

データ特注推奨馬
★ソーグリッタリング

 新潟芝1600mを舞台に開催される、サマーマイルシリーズの第2戦。直線部分が占める割合が非常に多いコースというのもあって、結果が極端に紛れることは少ないレース条件である。しかし、4~6番人気や7~9番人気などの「中穴ゾーン」は非常に強く、ここから入ってチョイ荒れを狙う馬券戦略は、かなり有効に機能しそう。10番人気以下の超穴馬は期待薄なので、振り回しすぎるのはオススメしない。

 目立っているのが「5歳以下馬」や「前走5番人気以下」の強さで、こちらは高く評価するべき。また、馬格のある馬のほうが強い傾向も見受けられる。牝馬については気にする必要ないが、牡馬は「前走馬体重480キロ以上馬」を狙ったほうがいいはず。あとは、差し優勢のイメージが強いコースだが、レースでは前が残りまくっているというのも、必ず押さえておきたいポイントといえる。

 データ特注推奨馬には、前走馬体重480キロ以上の5歳牡馬であり、前走のエプソムCでは1番人気で3着という結果を残している、ソーグリッタリングをあげておこう。差せそうで差せないレースなので、スッと好位につけられて、そこから速い上がりを繰り出せるこの馬にはピッタリの条件。新潟芝は初出走だが、とくに問題なくこなせそうなタイプで、ここはかなり力が入る。


【コース総論】新潟芝1600m Aコース使用
★1番人気は成績優秀。穴馬では7~9番人気や10~12番人気の好内容が目立つ。
★枠番はフラット。枠番の内外による影響を気にする必要は、ほとんどない。
★先行勢と中団待機組の成績が拮抗。思ったほど差し優勢ではない点に注意。

190802_01.jpg
190802_02.jpg
190802_03.jpg

 バックストレッチのやや2コーナー寄り地点がスタート地点。そこから最初のコーナー進入まで、500m以上も直線が続く。タイトな3~4コーナーを回るとまた直線で、こちらも650m以上もの長さ。1600mのうち約1200mを直線が占めるという、かなり特殊な形態をしたコースである。

 まずは人気別成績だが、1番人気は勝率33.8%、連対率54.4%と高信頼度。回収値ベースの数値も優秀で、ファンの信頼にしっかり応えている。人気薄に目を移すと、こちらは7~9番人気や10~12番人気が好内容。さすがに13番人気以下になると信頼度がガクンと落ちてしまうので、穴を狙うならばこのゾーンがオススメだ。

 次に枠番データ。最初のコーナー進入まで十分な長さがあるためか、多頭数でも枠番の内外による影響はかなり小さい。中枠である馬番7~12番の勝率の低さが気になる程度で、フラットと言ってしまっていいだろう。もちろん、脚質や馬場バイアスによっても有利な枠番は変わってくるわけだが、必要以上に気にかける必要はない。

 最後に脚質面。最後の直線が非常に長いコースだけに「差し優勢」というイメージが強いが、実際は先行勢と中団待機組の成績が拮抗。連対率は12.0%と横並びで、勝率に関しては先行勢が、複勝率に関しては中団待機組のほうが高いという結果となった。つまり、中団待機組が「差すも1着には届かず」というケースが多いということ。上がり最速馬の成績は優秀だが、過信は禁物といえる。


【レース総論】関屋記念(G3) 過去10年
・レースの要所!
★極端な人気薄は来ないが中穴は非常に強いレース。チョイ荒れ狙いを推奨。
★コースデータとは違って外枠が絶好調。脚質面も、先行勢の強さが目立つ。
★5歳以下馬であること&牡馬は前走480キロ以上であるのが好走の必要条件。
★鞍上の乗り替わりや継続騎乗を気にする必要なし。騎手データ軽視を推奨。

190802_04.jpg
190802_05.jpg
190802_06.jpg
190802_07.jpg
190802_08.jpg
190802_09.jpg
190802_10.jpg

 レースの平均配当は、単勝769円、馬連2807円、3連複1万1110円と、全体的に低めの水準。それもそのはずで、フルゲート18頭のレースでありながら、ふたケタ人気馬がトータル[0-0-2-69]で複勝率2.8%と大不振なのだ。夏競馬の重賞ながらハンデ戦ではなく別定戦で、直線が占める割合の多いコースであるのも、このあたりには多分に影響していそうである。

 それだけに極端な穴馬は狙いづらいが、もっとも内容が目立つのは「中穴」である4~6番人気で、こちらは1~3番人気よりも明らかに優秀。連対率26.7%、複勝率33.3%という信頼度の高さで、単勝適正回収値130.4、複勝回収値105と、爆発力も十分だ。ここから入ってチョイ荒れを狙うようなスタンスが、いちばん適しているレースだと思われる。

 次に枠番だが、フラットだったコースデータとは違って、ハッキリと「外枠有利」という結果が出ている。外枠である馬番13~18番はトータル[5-2-2-32]で勝率12.2%、単勝適正回収値177.2と、1着にくる確率の高さが目立つ。平均人気が9.5ともっとも低いことを考えると、かなり高く評価できるもの。外枠に入った馬は、プラス評価の対象となる。

 脚質面も、コースデータとはかなり異なる結果が出た。4コーナーを6番手以内で回った先行勢が[8-4-5-54]で連対率16.9%、複勝率23.9%と圧倒的に強く、対照的にコースデータでは先行勢と互角に張り合っていた中団待機組は、トータル[1-2-3-49]と低空飛行。逃げ切った馬も過去10年で3頭いるように、ハッキリと「前」のほうが強いのである。今年も、先行勢を重視する姿勢をオススメする。

 年齢別では、4歳馬が[3-4-1-13]と好成績。全体的に若くて勢いのある馬のほうが強いレースであり、5歳以下馬と6歳以上馬では成績に大きな差が出ている。また、前走での人気が今回の結果に直結する傾向が強いのも特徴で、前走5番人気以内馬がトータル[9-8-7-47]と、好走馬のほとんどを占めている。前走レースの格を問わず、前走で上位人気に推されていた馬は高く評価すべきだ。

 あとは、意外に「馬格」が必要とされているのも注目すべきポイント。前走での馬体重が479キロ以下だった牡馬は、トータル[1-2-2-38]で連対率7.0%、複勝率11.6%とイマイチな結果に終わっている。逆に前走馬体重500キロ以上馬はかなりの強さで、簡潔にいえば「デカイ馬のほうが強い」レース。必ずチェックしておきたい項目だ。

 逆に、ほとんど気にする必要がなさそうなのが、騎手や騎乗パターンといった予想ファクター。ひとケタ人気に限定したデータを掲載したが、そこに大きな差は見受けられない。
鞍上が乗り替わる馬のほうがやや優秀ではあるが、この程度ならば誤差の範囲内。単純に「上手い騎手が乗っているかどうか」だけを気にすればいい。


【血統総論】

190802_11.jpg

 血統面では、ディープインパクト産駒、ハーツクライ産駒、ロードカナロア産駒をプラス評価の対象とした。ディープインパクト産駒とロードカナロア産駒の強さは、芝マイル戦なので当然といえば当然。意外だったのがハーツクライ産駒が見せている適性の高さで、回収値の高さやギャップ値の優秀さなども目立っている。関屋記念に限った話ではないので、覚えておいて損はないデータだろう。


★出走予定馬 総論×各論

 想定の段階からフルゲート以上と、かなりの頭数が特別登録してきそうな今年の関屋記念。確たる中心といえる存在は今のところ見当たらず、かなりの混戦模様となるのは間違いない。どの馬がどの程度の人気を集めるかも、現時点ではサッパリ読めないというのが正直なところ。非常に面白いがメチャクチャ難しい一戦となりそうである。

 トップ評価は、冒頭で特注馬にもあげているソーグリッタリング。前走のエプソムCでは1番人気に応えられず3着に終わったが、5番手追走からでも捉えられないほどに前有利の展開だったのは事実で、それを考えればよく頑張っている。今度の組み合わせならば極端に緩いペースにはならないだろうし、引き続き上位を争えるはず。初重賞制覇へ向けて視界よし!と見たい。

 二番手評価は、牝馬のオールフォーラヴ。3勝クラスとオープン特別を連勝した勢いで、ここに照準を合わせてきた。ディープインパクト産駒らしい軽さとキレのある馬で、中団よりも前の位置で競馬ができるのも大きな強み。好相性の和田騎手が引き続き手綱を取る予定であるのも、この馬に関してはプラスだろう。

 三番手評価に、こちらも牝馬のディメンシオン。前走は、オールフォーラヴが勝った阪神・米子Sでの7着である。賞金的に出走が可能かどうかは特別登録を見てからの話になるが、2戦2勝と好相性である新潟芝に替わるのは大きなプラスで、7~9番人気あたりになってくれるとなおさら面白そう。人気薄での注目馬として、大いに期待したい。

 以下はフローレスマジック、サラキア、トミケンキルカス(朱鷺Sと両にらみ)、ケイデンスコールという評価の序列。外枠が非常に強いレースなので枠番も気にはなるが、その背景にある理由がイマイチわからなかったりするので、あまりとらわれないほうがいいかもしれない。逆に「中穴が強い」という傾向については、かなりこだわりたいところ。最終的な人気がどうなるのか、今から楽しみである。





回収率向上大作戦・須田鷹雄

外枠がやたらと強い関屋記念

切り口は単純、枠順にあり


 関屋記念過去10年の位置取り別成績を調べると、複勝率や複回収率では逃げ・先行>差し・追込となる。しかし、中団や後方から馬券に絡んだ馬が1~3着馬の約半数を占めるため、前寄りだけの馬券は組みづらい。

 そもそも、関屋記念は過去10年の均等買い時回収率が単47%・複56%で穴が出にくいという事情があるため、「単に付いていけない馬」が含まれる差し・追い込みグループは不利な立場にある。「単勝15倍未満(勝ち馬はすべてここに含まれる)」だけを対象にすると、位置取り別成績には極端な差が無くなってしまう。

 では、他になにか分かりやすい切り口は無いか。実は枠順という単純なところにあった。まず、過去10年の関屋記念・枠番別成績がこちら。

190806_01.jpg

 これだけでも明らかに外枠有利だ。ちなみに1~4枠から馬券に絡んだ9頭はいずれも単勝7番人気以内かつ15倍未満で、ここから大きな穴は出ていない。かといって人気サイドにフォーカスしても、単勝15倍未満馬の回収率は単71%・複87%で積極的に買うレベルではない。

 一方、7~8枠はグループ全体の回収率が単114%・複94%。単勝7番人気以内だと単259%・複119%、単勝15倍未満だと単285%・複131%。「外枠で上位人気」だと脚質・位置取りと関係なく良いパフォーマンスが発揮されている。

 こういう原稿を書くと7~8枠に人気薄ばかりが入ってしまったりするのだが、さすがに7番人気以内レベルの馬が1頭も入らないということはないだろう。まずはそれを軸にして、○▲あたりもなるべく外から。内枠人気馬と5枠より外の人気薄馬は、多くなりすぎない程度に△で押さえていくくらいがちょうどよいバランスかと思う。
スポンサーサイト