ルメールはニシノデイジーと菊花賞で新コンビ サートゥルナーリアは別路線へ

 重賞2勝馬で、日本ダービーでは5着に入ったニシノデイジー(牡3歳、美浦・高木登厩舎、父ハービンジャー)は、新たにクリストフ・ルメール騎手(40)=栗東・フリー=とコンビを組み、菊花賞(10月20日、京都)に向かうことが決まった。9月19日、同馬を所有する西山茂行オーナーが自身のブログで発表した。

 同馬は、昨年7月のデビュー戦から前走のセントライト記念まで、いずれも勝浦正樹騎手が手綱を執り、札幌2歳Sと東京スポーツ杯2歳Sを優勝。関東を代表する3歳牡馬として、菊花賞での好走が期待されている。

 ルメール騎手は、春のクラシックではサートゥルナーリアとのコンビで皐月賞を優勝。日本ダービー(4着)は騎乗停止のため、ダミアン・レーン騎手に手綱を譲ったが、秋初戦となる9月22日の神戸新聞杯でも手綱を執る。今回の新コンビについて、西山オーナーはブログで「ニシノデイジーは、ルメール騎手にお願いをしました。サートゥルナーリアは、3000メートルの菊花賞に行かないことを内々で表明しており、ルメール騎手のエージェントと高木調教師に確認をしたうえで、このタイミングでの公表となりました」と記している。
スポンサーサイト