こんにちは

今週の考察をまとめましょう。

[フォトパドック]
「えらべません」

[第1354回 二強対決になるか、それとも? オールカマーを展望する ]
今年のオールカマーで人気が予想されるのがレイデオロとウインブライト。いずれもほかの馬より2キロ重い58キロを背負うことになるが、4歳以上の牡馬は斤量が重いほど好成績で、その点は心配しなくていいだろう。

レイデオロは宝塚記念以来。宝塚記念では5着と不本意な結果に終わったが、オールカマーに関しては「前走宝塚記念で9着以内だった牡馬」という凡走なしの条件を十分に満たす。ウインブライトはG1初勝利を飾った香港のクイーンエリザベス2世C以来。前走海外は【1.1.0.1】と悪くない成績を収めており、昨年2着のアルアインとまったく同じ実績あるローテーションなので不安はなさそうだ。

ただし、この2頭はどちらも関東馬。表2の項で確認した通り、関東馬は1着と3着が多く、2着が少ない傾向にあった。実際、集計対象の9年で関東馬の1、3着が4回あったのに対し、ワンツー決着は1回のみ。実績的には明らかに格上の2頭ではあるのだが、関西馬に割って入られる可能性は考慮しておいたほうがいいのかもしれない。

その候補となる関西馬としては、「前走宝塚記念で9着以内だった牡馬」という条件を満たすもう1頭の馬であるスティッフェリオだろう。そのほか、前走G1出走馬以外では前年・同年の芝2200m実績を重視し、18年AJCC2着のミッキースワロー、18年セントライト記念3着のグレイルの2頭を挙げておきたい。

[重賞データ分析]
上位評価:ウインブライト、レイデオロ
以下はスティッフェリオ、クレッシェンドラヴ、ゴーフォザサミットという評価の序列

[単勝二頭流]
穴馬としての狙いはゴーフォザサミットとスティッフェリオ。両者とも中盤が緩まないラップで流れる先行策で良績を残すタイプ。上がりがかかるコース、レースを得意としており、馬場が渋って他馬の切れ味がそがれるのはプラス材料だ(ちなみに切れ味が削がれるのと高速馬場は矛盾しません)。特にゴーフォザサミットは内枠を引いた幸運もある。

[坂井さんの追いきり診断]
「ミッキースワローは七夕賞以来の実戦になるけれど、順調に仕上がっている。それからレイデオロ。海外明けでも走れる態勢にあるウインブライト。頭数も少ないし、ここはこの3頭だね。」
--------------------------------------------------------
展開
[重賞データ分析]中山過去10年(9回)
190913_05.jpg
190913_06.jpg

 枠番については評価が難しいところ。単純な比較ではハッキリと「内>外」なのだが、少頭数で行われた年が多いことや、平均人気差の大きさから、内のほうが有利とは一概には言えない。本当に内枠が有利なのであれば、馬番1~4番に入った馬がもっと勝っているはず。それが勝率2.8%に終わっているのだから、コースデータ通りに「内枠はイマイチ」と考えたほうがいい。こちらは、2~3着で狙うのがオススメだ。

 脚質面はおおむねコースデータ通り。こちらも少頭数の影響が大きく出るので過信は禁物ではあるのだが、ある程度は前のポジションが取れる馬を狙ったほうがいいはずだ。中団からの差しも届くレースだが、後方に置かれるとその時点でゲームオーバー。中団やや前あたりがベストポジションで、それは少頭数になりそうな今年も変わらないはずである。


中山・芝2200メートル(外回り)
nakayama22002019.png

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約430メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、さらに1コーナーでも上っていく。その後は、外回りの2コーナー途中から3コーナーまで終始下りとなる。最後の直線は310メートルで、直線の半ばでは再び急勾配の上りが待ち受ける。前半はゆったりと流れて、後半の向正面あたりから長く脚を使い続けることが要求される。このコースで行われた2002年のジャパンカップは外国馬がワンツー。日本で要求される主流の能力かつスピードの持続性を併せ持つ馬が好走しやすいコースなのかもしれない。(亀谷 敬正)


先行するのは
②ゴーフォザサミット ⑤トニーファイブ ⑦ウインブライト ⑨スティッフェリオ
積極的に逃げる馬はおらず、緩い流れが予想されます。

中団からは
⑥エンジニア ⑧レイデオロ 

後方からは
①ミッキースワロー ③クレッシェンドラヴ ④グレイル ⑩ショウナンバッハ

1頭だけ選ぶなら⑦ウインブライトになります。

馬券内3頭を選ぶとなると⑧レイデオロを加え、
残り1頭は、日曜の天気が非常に気になります。
馬場が良からやや重までなら①ミッキースワロー
馬場が重なら③クレッシェンドラヴ
スポンサーサイト