こんにちは

今週の考察をまとめましょう。

[フォトパドック]
「??リオンリオンの写真がありません。出ないんですね、本命候補だったのに残念です。秋華賞のウィクトーリアと同じ、やる気が半減します。はい、でも、もう決めましたホウオウサーベルが本命」

[第1362回 春の二冠&両トライアルの勝ち馬不在となった菊花賞の行方は? ]
今年の菊花賞で前評判が高いのは、皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックス。秋初戦の神戸新聞杯でも2着にまとめて順調なところをアピールしているが、表5の項で確認した通り、このレースの2着馬は本番でも2着が多いというのは気になるところだ。表7の項目で述べた通り、ダービー3着馬は好走例がない。もちろん実績最上位で侮れない存在ではあるが、データ傾向としてはさほどの追い風が吹いてはいないことを記しておきたい。

ダービー出走組では4、5着と10着以下の好走例が多かった。今年の出走登録で該当するのは5頭で、5着のニシノデイジー以外は10着以下のほうとなる。そのニシノデイジーは、父ハービンジャーの産駒が菊花賞で【0.0.0.6】、母の父アグネスタキオンの産駒も【0.0.0.3】と現状実績がない。母の母の父まで遡れば98年の菊花賞勝ち馬であるセイウンスカイがいるのだが。また、関東馬というのもデータ的には苦しいところではある。ダービー10着以下では、10着のメイショウテンゲンと17着のサトノルークスがディープインパクト産駒。いずれもセントライト記念に出走しており、データ通り、2着に入った後者を重視すべきだろう。

夏の上がり馬だと、まずは神戸新聞杯3着でディープインパクト産駒のワールドプレミア。また、セントライト記念3着のザダルは関東馬という点がネックだが、父のトーセンラーは11年の菊花賞3着馬で現役時代に実績がある。この東西のトライアル3着馬は血統的にも注目できる。

2勝クラスを勝ってきた馬では、芝2200mのレースを勝ってきたホウオウサーベルとヒシゲッコウが目につくところだろう。ただし、前者は父がハーツクライというのは気になるところで、産駒は長距離戦を得意とするものの、自身は現役時代に菊花賞で1番人気7着に敗れ、産駒も【0.1.0.10】と不振が目立つ。一方の後者は、17年の勝ち馬であるキセキを送り出した父ルーラーシップという血統面はいいのだが、こちらも不振の関東馬。名伯楽である堀宣行調教師の手腕をもってクリアできるかどうか。

そのほか、2走前に2勝クラスを勝ち、前走の3勝クラスでも3着に入ったルーラーシップ産駒のヴァンケドミンゴ、いずれも複数の好走馬を出している父キングカメハメハ、母の父サンデーサイレンスのカウディーリョの名前を挙げておきたい。

[重賞データ分析]
上位評価:ヴェロックス、ワールドプレミア、ヒシゲッコウの順
以下はニシノデイジー、サトノルークス、ユニコーンライオン、ザダル、メロディーレーンといった評価の序列

[単勝二頭流]
軽いスピード馬場:カリボール
重めの力がいる馬場:サトノルークス、ニシノデイジー

本 では、もう1頭とっておきの馬を挙げていただけますか? ほら、これはというのがいるって聞きましたよ。
石 正確に言うと、これとこれかなって言ったはずなんだけど。その1頭のほうはもうちょい確認したいことがあるので、週末の勝負予想までお待ちいただくとして、もう1頭はホウオウサーベル。

[坂井さんの追いきり診断]
「距離の面で考えるとカリボールやレッドジェニアル、シフルマンあたりが浮上してくる。馬にちょうどいい“遊び”があるから距離が長くなっていいタイプだと思うよ。それから、変わり身があるニシノデイジーはすごく状態がいいから、普通に結果を出してくる可能性もある反面、ハミを咥え込んで走ってしまうかもしれない。状態がいいことが裏目に出ることもあるから、そのあたりも頭に入れておいたほうがいいと思うね。」
--------------------------------------------------------
展開
[重賞データ分析]過去10年から
191011_07.jpg
191011_08.jpg
191011_09.jpg

 次枠番データだが、レース単位でもやはり、内枠が圧倒的に強い結果となった。平均人気の差が大きいのも事実だが、勝率や連対率の差はあまりにも大きく、単勝適正回収値やギャップ値も優秀。中枠や外枠の馬でも買えるレースではあるが、内枠を重視したほうがいいのは間違いない。

 脚質面も、基本的にはコースデータ通り。4コーナーを6番手以内で回った先行勢が、トータル[8-5-7-47]で複勝率29.9%、単勝適正回収値111.9、複勝回収値119という素晴らしい結果を残している。対照的に、4コーナーを13番手以下で回った馬は、ほぼ壊滅状態。上がり上位馬が好成績ではあるのだが、後方からでは間に合わないということだ。勝ち負けにはやはり、中団より前のポジションが欲しい。

 末脚のキレが要求されるレースでもあり、前走での上がり3F順位が「2位以内」だった馬が好成績。3位以下だった馬も3着にはけっこう来ているのだが、その連対率は3.7%とかなり低い。また、データは掲載していないが、前走での着順が「3着以内」であるか「4着以下」かも、成績を大きく分ける分水嶺となっている。前走4着以下馬はトータル[0-1-2-76]で連対率1.3%、複勝率3.8%。巻き返しのきかないレースといえるだろう。


京都・芝3000メートル(外回り)
kilyouto30002019.png

向正面の上り坂の途中からスタートして、コースをほぼ1周半するレイアウト。スタートしてから3コーナーまでの距離が約200メートルと短く、3コーナーに入ってすぐ急な下りがある。外を通るとコーナーで振られるためロスになるが、かといって前半で無理にポジションを取りにいこうとすると、1周目の下りからホームストレッチにかけて折り合いを欠くケースが多く見られる。京都の芝は移動柵がAからDコースまで取れるため良好なコンディションが保たれて、終始インコースの良い状態が続きやすい。スタミナはもちろん必要だが、距離延長に対応できる順応性や、インを回れる器用さが重要になることも多い。(亀谷 敬正)


先行するのは
⑪シフルマン ⑫レッドジェニアル ⑯ナイママ
逃げ先行馬が少ないです。スローな流れで、3角からのロングスパートになるのでしょうか?

中団からは
①ザダル ②ニシノデイジー ③カリボール ④ユニコーンライオン ⑬ヴェロックス ⑭サトノルークス ⑮ホウオウサーベル
 
後方からは
⑤ワールドプレミア ⑥ディバインフォース ⑦ヒシゲッコウ ⑧メロディーレーン ⑨ヴァンケドミンゴ ⑩カウディーリョ ⑰タガノディアマンテ ⑱メイショウテンゲン 

内枠・前の位置取り・速い上がりの3拍子がそろった馬はいなさそう。⑤ワールドプレミアの武豊騎手が前目で内を回ってくれば該当します。
⑬ヴェロックスは外枠ですが、前に行く馬が少ないので最内に潜り込めるかは微妙ですが、前には付けられるでしょう。
優馬によると

神戸新聞杯組「前走3着以内かつ3番人気以内、上がり3F1~2位」なら〔5.4.1.0〕と全馬が馬券圏内を確保し、連対率は90%。


⑤ワールドプレミアと⑬ヴェロックスが該当します。

私の本命は⑮ホウオウサーベル、フォトパドックで決めたままです。

田原基成さん

・7枠15番 ホウオウサーベル
前提として、降級制度が廃止されたことで古馬混合2勝クラスでの勝利は以前ほど高い価値を持たない。ただ、それを差し引いてもクラスが上がるたびに着差を広げるレースぶりは素晴らしいの一言に尽きる。オウケンブルースリ、ポポカテペトル、ユーキャンスマイルと阿賀野川特別の勝ち馬は菊花賞好走馬多数。これに京都芝3000m超の成績【6-3-5-20】複勝率41.2%を誇る鞍上・蛯名正義の技が加われば勝機は十分だ。


田中正信 さん

■ホウオウサーベル
蛯名騎乗で併せ馬。2馬身の追走で、道中はリラックスした走り、直線で内に潜るといつでも抜け出せそうな勢いのまま、しっかりと伸びきった。この中間はデビューから1番ハードに攻めており、満足できる仕上がり。


亀谷敬正さん

 ホウオウサーベルの母父はアカテナンゴ。モンズン同様のドイツ生産馬でドイツの年度代表馬。ドイツの名種牡馬ズルムーの孫。そして、トニービンの血を持つ馬。
 トニービンの血を持つ馬は心身が前向きになって追走力が上がると、もう一段パフォーマンスを上昇させる傾向の血統。
 歴代の菊花賞の勝ち馬オウケンブルースリ、キセキはいずれもトニービンの血を持つ馬。ホウオウサーベル同様、夏の新潟の条件戦を勝ち上がった辺りから、腰に力も付きはじめ上昇カーブを描きました。


いろいろと押し材料があります。

不安材料は、秋華賞で本命にしたサトノダムゼルと似すぎていること。
①前走2勝クラス勝ち

4歳夏の降級制度が廃止されたこと。実際、今年の夏競馬では2勝クラスで3歳馬が勝利するケースが明らかに増えた(18年26頭→19年46頭)。やはり、上のクラスから降級してくる4歳馬がいないのは大きいようで、2勝クラスを勝った3歳馬の価値も下がった可能性は否定できない。


②関東馬

関西馬が圧倒的に強いというデータが残っている。過去10年で好走した関東馬は、14年3着のゴールドアクター、18年1着のフィエールマンのわずか2頭だけ。関東馬が人気薄ばかりだったわけでもなく、1~3番人気の計4頭、4番人気の6頭もすべて4着以下に終わっている。


後は栗山求さん

ハーツクライ産駒は菊花賞でウインバリアシオンの2着があるだけで、
残りの10頭は掲示板にも入っていない。



毒を食らわば皿まで、秋華賞同様、菊花賞も穴人気の2勝クラス勝ち馬です。
秋華賞も不安がてんこ盛りでした。今回の方が少ないくらい。
馬券は買いませんが
⑮ホウオウサーベルから⑤ワールドプレミアと⑬ヴェロックスへのワイド
ワイド⑤⑮ ⑬⑮ の2点

⑮ホウオウサーベルが来れば取れると思いますが・・?不安なら⑤⑬ワイド3倍ぐらい付きますよ。 
スポンサーサイト