回収率向上大作戦・須田鷹雄

【阪神JF】ここ3年の堅さは今年も続く?

今年は「ひねる」より「絞る」


 阪神芝1600mは直線も長く、前半がゆるいと極端に速い上がりも出やすい。キレるタイプであって損はないというコースだ。

 ただ、過去10年の「前走上がり最速馬」は[6-4-2-43]で回収率が単55%・複64%でパッとしない……これにはからくりがあって、前走条件戦組が寄与していないのだ。新馬・未勝利組が[0-0-1-12]、1勝クラス組が[1-0-0-18]と、計30頭中2頭しか馬券に絡んでいない。

 前走オープン組に限ると[5-4-1-13]。そのうち6頭は負けてきた馬なので、「前走上がり最速でオープン・重賞を勝ってきた馬」とすると[5-2-1-9]、回収率が単151%・複76%となる。

 今年、前走オープンを上がり最速で勝ってきた馬というとリアアメリアとウーマンズハート。その決め脚が生きるということになると、堅い決着になる。

 このタイプが連対したのは過去10年のうち2010年(3連単24540円)、2013年(同42130円)、2016年(同4250円)、2017年(同8560円)、2018年(同5020円)で、いまの番組構成に近い過去3年は相手も上位人気になっている。

 このタイプが飛んだ事例のうち、2番人気だったサンブルエミューズが8着に終わった2012年は前半が45.9秒→後半が48.3秒の極端な前傾ラップ。こうなるとキレではなくバテ合いの様相になって荒れることもある(この年は3連単304万円)が、最近の競馬でそのような極端なペースがそうそう起こるとは思えない。

 あまり考えたくないことだが、今年は「ひねる」より「絞る」ことを考えたほうがいいのかもしれない。





【漆山“教授”のGI因数分解】リアアメリアが不動の中心
©サンケイスポーツ:2019年12月3日(火) 05:06

 無敗の重賞ウイナー3頭が駒を進めてきた今年の阪神JF。ほかにも目移りする素質馬だらけだが、“赤門流”の解析から浮上するのは-。

 (1)生産界のガリバー

 ノーザンファーム(NF)生産馬は先週のチャンピオンズCをクリソベリルで制し、昨年マークした年間JRA・GI最多勝記録「16」に並んだ。記録更新はほぼ間違いないだろう。

 そして、その快挙は今週末に達成される可能性が高い。2009年から昨年までの10年間で、NF生産馬が最も好成績を残しているのが阪神JFだからだ。【7・6・2・25】連対率32・5%の全体成績も驚異だが、前走でオープン戦連対なら【5・5・1・5】で連対率は62・5%まで上昇する。

 (2)早生まれを狙え

 今年の2歳オープン戦における、生まれ月別の成績を示したのが表2。一目瞭然、1月&2月生まれの成績が傑出している。12年に2歳戦の開始時期が前倒しされて以降、生産界は生まれ月を早期化させる傾向にシフトしている。早生まれによる心身両面でのアドバンテージは、2歳戦でこそ威力を発揮する。

 (3)末脚自慢

 阪神マイルが広々とした外回りに生まれ変わった06年以降、阪神JFで上がり3ハロン最速馬は【6・4・0・5】連対率66・7%。末脚がいい馬が台頭している。過去10年でデビューから無傷の連勝を飾り、かつ全て上がり3ハロン1位だった馬は表3の通り、【3・2・0・5】連対率5割だ。

 注目馬 NF生産で2月21日生まれ、さらに上がり3ハロン最速で2戦2勝とくればリアアメリアが不動の中心だ。しかも、母リアアントニアは米GI・BCジュベナイルフィリーズ勝ちとできすぎの感すらある。

 同じくNF生産で無敗のレシステンシアは、3月生まれで上がり3ハロン最速歴がない点が気がかり。それなら2月生まれの新潟2歳S覇者ウーマンズハートや、1月生まれのNF生産馬オータムレッドがリアアメリアを追う存在になりそうだ。  (漆山貴禎)





重賞データ分析・小林誠

【阪神JF】末脚のキレがとにかく重要な一戦!

■阪神ジュベナイルF(G1・阪神芝1600m外)フルゲート18頭/登録19頭

★3行でわかる!阪神ジュベナイルF 攻略の糸口

1.末脚のキレが必要不可欠。前走上がり順位が超重要。
2.枠番はフラット。距離延長組は少し評価を割り引くべき。
3.大きくは荒れない一戦。中穴のキャリア2戦馬に注目!

データ特注推奨馬
★ウーマンズハート

 詳しくはレースデータの項で解説するが、阪神ジュベナイルFはとんでもなく「差し優勢」なレース。昨年の連対馬であるダノンファンタジーとクロノジェネシスも、最後方からの競馬だった。ソウルスターリングのように先行策から押し切った馬もいるが、このレースにおいてはレアケース。極論すると、ものすごくキレる末脚さえあれば勝ててしまうレースといえるだろう。

 となれば、自然と重要になるのが「前走での上がり3F順位」である。今回は、前走で芝の1600m以上戦に出走していた馬に限定して、データ集計を行っている。なぜなら、前走が芝1400m以下戦だった組よりも明らかに好成績だからである。結果は一目瞭然で、前走での上がり3F順位が上位であればあるほど、このレースでも好成績。5番人気以内に推された馬に限れば、その連対率は34.5%もある。

 今年の登録馬で「前走芝1600m以上戦で上がり最速」という条件を満たすのは、ウーマンズハート、クラヴァシュドール、マルターズディオサ、リアアメリアの4頭だけ。そのなかでも他に買い材料が多いウーマンズハートを、データ特集推奨馬にあげておこう。上位人気になるのは確実だが、この馬のキレ味は相当なモノだ。

191201_00.jpg


【コース総論】阪神芝1600m外 Aコース使用
・コースの要所!
★人気による成績の偏りが小さいコース。あえていえば7~9番人気が優秀か。
★好成績なのは中枠である馬番7~12番。外枠はやや信頼度が落ちる傾向あり。
★先行勢と中団待機組の成績が拮抗。外回りらしく、上がり上位馬は好成績。

191201_01.jpg
191201_02.jpg
191201_03.jpg

 バックストレッチのやや2コーナー寄り地点からスタート。最初のコーナー進入まで距離的な余裕があり、さらに緩やかな上り坂でもあるため、序盤から速いラップが刻まれるケースは珍しい。最後の直線も450m以上と長く、最後の直線では急坂が待ち構えているのもあって、瞬発力の要求度の高いコースといえるだろう。

 まずは人気別だが、人気による成績の偏りがないのが大きな特徴。これはつまり、人気通りの結果を出している馬が多いということだ。人気から穴まで手広く狙えるコースだが、あえていえば7~9番人気や10~12番人気など、穴っぽいところを狙うのが面白そう。連対率や複勝率の高さから、リスクを取りにいく価値が十分あるといえる。

 次に枠番データだが、こちらも極端に大きな偏りはナシ。勝率や連対率は、ほとんど横並びである。内容的には中枠である馬番7~12番が少しだけ優秀で、複勝率や複勝回収値の低い外枠の評価がもっとも低くはなるのだが、あくまで微差。馬場バイアスや展開にもよるが、基本的には枠番の内外をあまり気にする必要がないコースである。

 最後に脚質について。最後の直線が長い外回りコースで急坂もあるが、道中のペースが緩いと前は意外に止まらない。実際にデータを見ても、先行勢と中団待機組がほぼ互角に張り合っている。勝率については先行勢のほうが高いが、上がり上位馬が好成績であるのを考えると、重賞では差し優勢となるケースが多いはず。いずれにせよ、いい決め脚のある馬のほうが、勝ち負けを期待できるのは間違いない。


【レース総論】阪神ジュベナイルF(G1) 過去10年
・レースの要所!
★中穴である4~6番人気が素晴らしい成績。関東馬も意外に強いので要注意。
★内枠の成績がイマイチも、人気馬は結果を出している。実際はフラットか。
★ハッキリと差し優勢。鋭い末脚だけでも勝ち負けに持ち込めそうなレベル。
★1戦1勝馬をのぞきキャリアは浅いほうがベター。距離短縮はプラスに評価。

191201_04.jpg
191201_05.jpg
191201_06.jpg
191201_07.jpg
191201_08.jpg
191201_09.jpg
191201_10.jpg

 レースの平均配当は、単勝575円、馬連5318円、3連複5万3694円と、3連複だけが突出して高くなっている。これは、大波乱となった2012年が大きく影響している。単勝平均の低さを見てもわかるように、波乱傾向はそれほど強くはなく、近年はかなり順当な決着となっている。そろそろドカン!とくるかもしれないが、だからといって極端な穴狙いはオススメしかねる。

 目立っているのは、中穴である4~6番人気の活躍だ。トータル[4-2-4-20]で連対率20.0%、複勝率33.3%と高信頼度で、回収値ベースの数値も高水準。的中率と爆発力のバランスが非常にいいので、ここから入るのが面白そうだ。7番人気以下の穴馬もそれなりに上位に食い込んでいるが、こちらは狙いを絞り込むのが難しそう。となると、なおさら中穴から入る馬券が魅力的となる。

 判断が難しいのが枠番データ。内枠である馬番1~6番が連対率8.3%と低調な結果に終わっており、いっけん内枠が不利なのかと思える。しかし、ひとケタ人気に限定したデータではまったく遜色なく、実際は「フラット」なのだと思われる。一昔前は妙に外枠が強かったものだが、その偏りが徐々に収束しているのだろう。

 ただし、脚質面は思いっきり「偏って」いる。ここまでハッキリと差し優勢なレースは珍しいほどで、勝率、連対率、複勝率のいずれも中団待機組が断然のトップ。上がり上位馬の強さもコースデータ以上で、冒頭の特注データもそれを裏づけていたが、末脚のキレが超重要なレースであるのは間違いない。

 前走距離別では、芝1800mからの距離短縮組が好成績。それに次ぐのが前走芝1600m組で、芝1400mからの距離延長組は信頼度に物足りない。前走芝1200m組が全滅していることからも、距離延長組の過信は禁物といえそうだ。レースキャリア別成績では、レース経験の豊富さが結果につながっていない様子がうかがえる。経験よりも「素質」が問われるレースということだろう。

 最後に騎手関連データだが、レース経験の浅い2歳牝馬というのもあってか、継続騎乗組のほうが乗り替わり組よりもハッキリと好成績。また、ホームであるはずの関西所属騎手がイマイチな結果に終わっているのも、大きな特徴。アウェイであるはずの関東所属騎手のほうが、内容は格段にいい。外国人ジョッキーが強いのはいつものことだが、関東所属騎手による穴馬の激走も警戒しておきたい。


【血統総論】

191201_11.jpg

 血統面は、ディープインパクト産駒とロードカナロア産駒をプラス評価の対象とした。芝マイルにおける現在の二大巨頭であり、このコースでも高い適性を見せている。それに比べると、ダイワメジャー産駒やハーツクライ産駒が見せている内容は、少し落ちると言わざるをえない。ここは素直に、長いものには巻かれたほうが得策だ。


★特別登録馬 総論×各論

 ここで人気を二分するのが、アルテミスSの勝ち馬であるリアアメリアと、新潟2歳Sを制したウーマンズハート。レース内容からも高い能力を有しているのは間違いなく、甲乙つけがたい存在である。近年、順当決着傾向が強まっているのもポイントで、今年も大きくは荒れないのではないか──というのが、登録馬を見ての印象だ。

 トップ評価はウーマンズハート。末脚のキレが勝ち負けに要求されるレースであるのは繰り返し述べた通りで、それについてはこの馬が最右翼。開幕から2週目でまだ馬場が荒れていない阪神の芝コースならば、この馬の持ち味をフルに発揮できそうだ。鞍上がまた乗り替わる想定だが、外国人ジョッキー騎乗ならば±ゼロ。「当たり年」のハーツクライ産駒であるのも魅力的だ。

 二番手評価も、いたって順当にリアアメリア。ノーザンFの生産&育成馬で、最終的な人気はこちらのほうが上になると思うが、こちらも末脚のキレは相当なレベルである。前走のアルテミスSでは、2番目に上がりが速かったサンクテュエールよりも0秒6も速い上がりを繰り出して快勝。ディープインパクト産駒であること、川田騎手が継続騎乗予定であることなど、買い材料もかなり豊富だ。

 三番手評価にマルターズディオサ。デビュー戦はウーマンズハートに完敗したが、そこから連勝してここに駒を進めてきた。さすがに末脚のキレでは見劣るかもしれないが、接戦をしっかりモノにしてきた勝負強さは高く評価できるもの。関東の田辺騎手が騎乗予定であるのも、このレースに関してはプラスとなる。4~6番人気に推されるようならば、さらに評価を上げる必要がありそうだ。

 四番手評価にクラヴァシュドール。前走はサウジアラビアロイヤルカップに出走して、牡馬のトップクラスであるサリオスの2着に入っている。結果としては敗れたが、こちらも走破時計や上がりなど見どころは十分。現2歳世代牝馬のなかでも、有数の素質馬といえるだろう。先行勢に有利な馬場や展開になれば、戴冠の可能性も大いにあるはず。上位に評価してしかるべき1頭といえる。

 以下は、ヴィースバーデン、レシステンシア、ロータスランドという評価の序列。やはり、今年は堅く決まる確率が高いと思われる。直前の人気も加味しながら、手を広げるのではなく「絞る」方向で勝負したい。




鈴木康弘「達眼」馬体診断

【阪神JF】リアアメリア90点 柔の“大鵬”トモと胸前から肩にかけ弾力ある筋肉

 柔と剛の2強対決だ。鈴木康弘元調教師(75)がG1有力馬の馬体を診断する「達眼」。2歳女王決定戦「第71回阪神JF」(8日、阪神)ではデビュー2戦2勝で重賞を制したリアアメリアとレシステンシアを1位に指名した。達眼が捉えたのは昭和の大横綱・大鵬の「柔」と、その好敵手だった横綱・柏戸の「剛」をイメージさせる体つき。有力候補のボディーを大相撲黄金期の横綱になぞらえながら解説する。 【阪神JF】

 東京五輪で沸いた64年の大相撲春場所千秋楽。大鵬、柏戸両横綱の全勝対決に大阪府立体育会館は五輪にも劣らぬ熱気と興奮に包まれていました。力で押しまくる柏戸の直線的な相撲は「剛」。一方、自分の体勢になるまで我慢し、技で対抗する大鵬の曲線的な相撲は「柔」。柔よく剛を制すか。それとも、剛よく柔を断つか。柏鵬(はくほう)時代と呼ばれた大相撲黄金期の名勝負。木村庄之助の軍配が返ると、熱気と興奮はピークに達しました。

 リアアメリアとレシステンシア。2戦2勝でG1を迎えた両馬の対照的な姿はセピア色の思い出話(私の20歳の記憶)で恐縮ですが、55年前の柏鵬対決を思い起こさせてくれます。レシステンシアの分厚く硬質な馬体が「剛」なら、リアアメリアは…「柔」。柔軟で豊富な筋肉を前後肢にバランスよく付けています。特に目を引くのがトモ(後肢)と胸前から肩にかけての筋肉。とても弾力性がある。ディープインパクト産駒らしい、しなやかな体つきです。柳に雪折れなし。柔らかくてしなやかなものは一見弱そうでも、硬いものより耐久性に優れていることのたとえですが、この黒鹿毛馬も柳のようなしなやかさです。

 腹周りもフックラしている。四肢の腱がしっかり浮き出て、脚元も丈夫。各部位が調和し、美しい輪郭を描いている。昨年の阪神JFを制したダノンファンタジーも同じ中内田厩舎のディープインパクト産駒ですが、太い尾を含めて、この1年上の先輩に似た姿形をしています。

 ただし、立ち方は2歳暮れのダノンファンタジーと少々異なる。賢さを示す竹を割ったような耳の立て方と目の輝き、適度なハミの取り方は共通していますが、四肢に力を入れすぎている。立ち合い前の力士が四股を踏むような緊張感の伝わってくる立ち姿です。これからはより厳しい戦いが待っているのだから今はリラックスしてほしい。ダノンファンタジー級の柔軟な馬体を持っているだけになおさらそう感じるのです。

 64年大相撲春場所千秋楽の結びの一番。左四つから柏戸が力任せに踏み込むと、大鵬は下がりながらのすくい投げ。木村庄之助の軍配が大鵬に上がりました。柔よく剛を制す。リアアメリアの「柔」もレシステンシアの「剛」を制すか。馬体の評価は五分と五分。どちらに軍配が上がるかを見通すのは難しい。

 スポーツ選手も競走馬も同等の力量を持ったライバルがいてこそ強くなります。巨人の長嶋茂雄には阪神の村山実、柔道の山下泰裕には斉藤仁がいました。昭和の競馬を振り返れば、私が調教助手時代に携わったハイセイコーにはタケホープがいた。そして、令和最初の2歳G1にはレシステンシアの「剛」を受けて立つ「柔」の女大鵬リアアメリアがいます。(NHK解説者)


【阪神JF】レシステンシア90点 剛の“柏戸”父ダイワメジャーの特徴を色濃く受け継いだ臀部

 柔と剛の2強対決だ。鈴木康弘元調教師(75)がG1有力馬の馬体を診断する「達眼」。2歳女王決定戦「第71回阪神JF」(8日、阪神)ではデビュー2戦2勝で重賞を制したリアアメリアとレシステンシアを1位に指名した。達眼が捉えたのは昭和の大横綱・大鵬の「柔」と、その好敵手だった横綱・柏戸の「剛」をイメージさせる体つき。有力候補のボディーを大相撲黄金期の横綱になぞらえながら解説する。
 東京五輪前年(63年)の大相撲秋場所千秋楽。「剛」の柏戸と「柔」の大鵬による柏鵬全勝対決を制したのは柏戸でした。4場所連続休場からの再起と横綱昇進後初の優勝を懸けた秋の蔵前国技館。柏戸は立ち合いですぐに左上手を取ると、力任せに寄り切って大鵬を下しました。剛よく柔を断つ。レシステンシアの馬体は「剛」そのものです。

 分厚くて硬い筋肉の塊。牡馬のように強じんなトモ、野太い首、立派なキ甲、大きな腹袋、太い尾…。血は争えないと言いますが、筋肉マッチョな父ダイワメジャーの特徴を色濃く受け継いでいます。特に発達した臀部(でんぶ)は、この親にしてこの子あり。15年の阪神JFを押し切った同産駒のメジャーエンブレムにも筋肉の付き方がとても似ています。発達した上半身に比べて下半身はいささか頼りない。膝下が小づくりで、管囲も細い。陣営が気を使うところでしょう。

 気性の勝った顔立ちもダイワメジャー譲りです。鋭い目つき、きつい耳の立て方は4年前の2歳女王を思い起こさせてくれます。前向きさを伝える立ち姿。レースでも行きたがるはずです。やる気に満ちたパワーの塊のような鹿毛。猛牛のように激しく攻め立て、相手を力で圧倒した柏戸の「剛」を強くイメージさせます。

 柔よく剛を制し、剛よく柔を断つ。中国の古い兵書「三略」には2つの相反する教えが併記されています。柔と剛のどちらにも利点があり、やり方によって相手に勝つことができるという意味です。国技館よりも土俵が広くて長い阪神競馬場の1マイルで、剛よく柔を断つには…。猛牛のような怒とうの勢いを制御し、道中いかにリラックスして走れるか。リアアメリアの「柔」を断つ鍵です。


【阪神JF】ウーマンズハート85点 成長力期待“佐田の山”

 ウーマンズハートもデビュー2連勝で重賞を制した“3強”に入りますが、その馬体は「柔」のリアアメリア、「剛」のレシステンシアに比べていささかインパクトが足りない。キ甲が未発達のせいで幼く見えるのです。成長途上の割には首や肩にいい筋肉を付けているし、とてもアカ抜けている。将来性では2頭をしのぐかもしれません。
 トモが頼りなく映るのはこの時期のハーツクライ産駒の特徴。加齢とともに発達してきますが、牝馬なら今のトモでも許容範囲です。体重460キロ弱の体はリアアメリア(前走482キロ)、レシステンシア(前走488キロ)に比べて小さめ。前肢のつなぎは少し硬めに映ります。

 柏鵬時代の関取になぞらえれば、同じ60年代の横綱・佐田の山。柏鵬と違って体格に恵まれず、足腰が硬かったようですが、長い腕を生かした突っ張りに活路を見いだしました。ウーマンズハートは成長力を生かしてほしい。


【阪神JF】マルターズディオサ85点 小兵の技巧派“栃ノ海”

 マルターズディオサは440キロの体重以上に体を大きく見せています。牝馬にしては腹袋がしっかりしているし、トモや肩の筋肉量も豊富。なにより体調がいいから大きく見せているのでしょう。柏鵬が活躍した大相撲黄金時代の関取になぞらえれば、柏鵬に続いて横綱に昇進した栃ノ海。「小兵の技巧派横綱」と呼ばれました。ディオサも小兵ですが、筋肉はリアアメリア、レシステンシアに体重差ほど見劣りしません。
 ゆったりとした立ち姿には好感が持てます。牝馬ならこのぐらいの余裕が欲しい。四肢に力が入りすぎているリアアメリアや前向きな気性を前面に押し出したレシステンシアにはない長所です。目には幼さが残っていますが、レースキャリアを積めば競走馬の目つきに変わってくるでしょう。


【阪神JF】ロータスランド80点 硬め前肢つなぎ気がかり

 ロータスランドは牡馬のように精かんな面構えをしています。馬体もしっかりしたつくり。トモには柔らかそうな筋肉をつけています。その半面、前肢のつなぎは硬め。高速決着になったときに対応できるかが課題になります。頼りない立ち方も気掛かり。精かんな顔としっかりした体を持っているのだから、大地をつかむようにどっしりと立ってほしい。


【阪神JF】クラヴァシュドール80点 力み目立つも今後に期待

 クラヴァシュドールは力みが目立ちます。同じ中内田厩舎のリアアメリアも四肢に力が入っていますが、こちらは四肢に加えて尾の付け根にも力が入っている。ハミのかみ方も強い。その一方、馬体はとてもバランスが取れています。ハーツクライ産駒ですがトモにも張りがある。目は子供っぽい。これからの馬ですが、気性が成長すれば上を目指せるはずです。


【阪神JF】ルーチェデラヴィタ80点 腹回りボリューム欲しい

 ルーチェデラヴィタは牝馬らしいすっきりとした体つきをしています。賢そうな顔立ち。ハミの取り方にも余裕がある。気性も安定しているのでしょう。
 その半面、腹周りにはもっとボリュームが欲しい。牝馬は体を冷やさないように冬毛を長く伸ばす傾向があるとはいえ、他の牝馬よりも冬毛が出ている。膝下のつくりが硬め、飛節の角度は浅めです。


【阪神JF】オータムレッド75点 左トモ浮かせて立ち姿前のめり

 2歳暮れにしてはキ甲(首と背の間のふくらみ)が抜けています。顔つきも大人っぽい。成長が早いのでしょう。その半面、パワー不足に映ります。全体的にもっと馬格が欲しい。筋肉量も欲しい。立ち方は、左トモを浮かせて前肢に負重をかけ過ぎています。


【阪神JF】クリスティ75点 目つき鋭く体形詰まり気味

 キズナの初年度産駒は3頭出走しますが、ルーチェデラヴィタ、マルターズディオサよりも体格に恵まれています。ただし、詰まり気味の体形で、各部位のつながりにももう少し余裕が欲しい。冬毛も少し出ています。鋭い目つき。気性が激しいのかもしれません。


【阪神JF】エレナアヴァンティ75点 もう少し体に余裕欲しい

 450キロ前後の体重の割に筋肉量は豊富ですが、少し硬く映ります。前肢のつなぎも硬そうです。尾を上げて少し力んでいるため、飛節の深さが一層目立っています。もう少し体のつくりに余裕が欲しい。冬毛も少し見えています。


【阪神JF】ヤマカツマーメイド75点 毛ヅヤ良好も迫力感じられず

 この季節にしては毛ヅヤは良好ですが、馬体には迫力が感じられません。トモを下げて尾を上げる不安そうな立ち方。耳の立て方にも力が入りすぎています。ハミを掛けず、モグシ(簡易頭絡)とチェーン着用で撮影に臨んだにしては気負いが目立ちます。


【阪神JF】ジェラペッシュ75点 体形スリムで骨量&筋肉不足

 同じワールドエース産駒のオータムレッドもそうですが、こちらもスラリとした体形です。もっと骨量が欲しい。筋肉のボリュームも欲しい。頭を上げて、耳の大きさが目立つ顔を緊張気味にカメラマンの方へ向けています。
スポンサーサイト