こんにちは

今週の考察をまとめましょう。

[フォトパドック]
「抜けてる馬体の馬はいません。好みになってしまいますが、キズナ産の2頭クリスティとマルターズディオサがいい」

[第1376回 ノーザンファームのG1連勝が止まらない!? 阪神JFを占う ]
今年はめずらしくフルゲートになりそうもないが、来年のクラシックにつながりそうな興味深いメンバーが揃った。重賞ウイナーのリアアメリア(アルテミスS)とウーマンズハート(新潟2歳S)、レシステンシア(ファンタジーS)に加え、サウジアラビアロイヤルC2着のクラヴァシュドールあたりの前評判が高く、上位人気に支持されそうだ。
具体的な人気順やオッズが判明してから考えたいところだが、この4頭の取捨・順位づけが大きなカギになりそうだ。まずは、前走芝1600m組という意味でリアアメリアとウーマンズハート、クラヴァシュドールがリードか。さらにその中でノーザンファーム生産馬はリアアメリアしかいない。また、メンバー中唯一のディープインパクト産駒である点も強調材料。本馬の単勝オッズが5.0倍未満であれば、信頼できる中心馬とみなしたい。
  
クラヴァシュドールとウーマンズハートはともにハーツクライ産駒。一応、2012年に同産駒のレッドセシリアが3着に好走した実績がある(クラヴァシュドールは下河辺牧場の生産馬でもある)。この2頭も有力馬だろう。
ただ、そうなると人気薄の馬が上位に食い込む可能性が少なくなる。あらためて出走予定馬の種牡馬をみると、今年産駒がデビューしたワールドエースの子が3頭、キズナの産駒が2頭いる。いずれの種牡馬もディープインパクトの直仔だ。阪神ジュベナイルフィリーズとの相性はまだわからないが、実績的には前走芝1600mの1勝クラスを勝ったマルターズディオサや、前走アルテミスS5着のオータムレッドあたりが穴候補。果たして上位人気勢の一角を崩すことができるだろうか。

[「虎の子」の一頭・馬場虎太郎さん]
 今週末も月曜時点の天気予報通りであれば、先週同様「軽い」馬場コンディションになるだろう。

 軽めの馬場コンディションで行われた際の阪神芝外回り1600mは、JRAでも屈指のフェアな馬場状況になる。実力が反映されやすい。道中はスムーズに走り、優れた末脚を発揮する馬が走る。馬のリズム重視で運べる外枠の方がリスクが少ない。

 今年も末脚に優れた馬が外を回せば順当に力を発揮する。配当も順当になるだろう。

 ウーマンズハートは過去の2戦も結果を出している。そして、近2走も「トラックバイアス」が恵まれたわけではない。

 ウーマンズハートの新馬戦はレベルの高いメンバー。差し馬が不利な流れを8番手から追走。3馬身半も抜けだして圧勝したのである。抜けた才能だからこそできた芸当だ。

 続く新潟2歳ステークスも、トラックバイアスは「前有利」。ペース遅く着差がつきづらいレースでも余裕の手応えで勝利した。

 人気にはなるだろうが、人気に応えるか、それ以上のパフォーマンスを発揮することだろう。

[単勝二頭流・石橋さん]
ヤマカツマーメイド、クリスティ、マルターズディオサ

[坂井さんの追いきり診断]
「いい動きを見せていたのがレシステンシアにリアアメリア、それからクリスティ、この3頭が良かったね。あとレース間隔があいたはウーマンズハートが、どのくらいの競馬ができるか。素軽い走りができているクラヴァシュドールと、ロータスランドも順調そう。ムキになるところが少し気になるけれど、ボンボヤージも体の使い方なんかは良かったよ。」
--------------------------------------------------------
展開
[重賞データ分析]過去10年
191201_05.jpg
191201_06.jpg
191201_07.jpg

 判断が難しいのが枠番データ。内枠である馬番1~6番が連対率8.3%と低調な結果に終わっており、いっけん内枠が不利なのかと思える。しかし、ひとケタ人気に限定したデータではまったく遜色なく、実際は「フラット」なのだと思われる。一昔前は妙に外枠が強かったものだが、その偏りが徐々に収束しているのだろう。

 ただし、脚質面は思いっきり「偏って」いる。ここまでハッキリと差し優勢なレースは珍しいほどで、勝率、連対率、複勝率のいずれも中団待機組が断然のトップ。上がり上位馬の強さもコースデータ以上で、冒頭の特注データもそれを裏づけていたが、末脚のキレが超重要なレースであるのは間違いない。


阪神・芝1600メートル(外回り)
2019jf1600.png

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナーから緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190メートル付近)まで下っていく。直線距離は473.6メートル(Aコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8メートル)がある。前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が基本的に有利。ただし、極端にスローなペースになれば逃げ馬が有利となる。開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。(亀谷 敬正)


先行するのは
①ヤマカツマーメイド ④レシステンシア ⑥クリスティ ⑦ロータスランド ⑯エレナアヴァンティ
逃げ馬はわからない、大外から⑯エレナアヴァンティかも

中団からは
③ウーマンズハート ⑧オータムレッド ⑩クラヴァシュドール ⑪ルーチェデラヴィタ ⑫ヒメサマ ⑬ジェラペッシュ ⑭スウィートメリナ 

後方からは
②カワキタアジン ⑤ボンボヤージ ⑨マルターズディオサ ⑮リアアメリア

なんか予想家のみなさんと同じ予想になりそうです。
③ウーマンズハート ⑩クラヴァシュドール ⑮リアアメリアの3頭に④レシステンシア ⑥クリスティ ⑨マルターズディオサの3頭を加えれば・・・・・大体当たる!!

ハイペースは考えづらく平均からスローな流れ(そう書いてありました)
④レシステンシアは先行して前残り3着はあるかも
⑥クリスティと⑨マルターズディオサは新種牡馬キズナ産で写真が良く見えた。3着ならあるかも

◎は⑮リアアメリアで仕方がない。
○が③ウーマンズハート(心の本命馬)
▲⑩クラヴァシュドール
△④⑥⑨
スポンサーサイト