亀谷敬正さん

【京成杯】東京芝GIとは遠い関係にある血統傾向

タフな馬場を好む欧州指向の血統に注目

 今年の京成杯出走馬はの父はすべて「東京芝のGI勝ち馬」今年に限らず、毎年出走馬の父の多くは、東京芝GI勝ち馬。日本の主流血統、上位血統は「東京芝GI勝ち」を意識して血統が作られているからです。

 しかし、京成杯の勝ち馬は「東京芝GI」とは、方向性がズレる血統が走りやすい傾向のレース。昨年も4人気で勝ったラストドラフトは父がノヴェリスト。7人気の人気薄で3着に走ったヒンドゥタイムズは父がハービンジャー。いずれも欧州の芝2400mGI勝ち馬。東京芝GIは勝っていません(出走もしていませんが)

 このような血統傾向になるのは、東京芝で要求されるスピードよりも欧州よりのスタミナや馬力が要求されるから。

 無料公開しているスマート出馬表では血統を「日本型」「米国型」「欧州型」の3タイプに分類していますが、父「欧州型」の成績が優秀。

 同コースで行われた今年の中山金杯も二桁人気の人気薄ながら3着に激走したテリトーリアルは父が欧州型。東京芝GIでは必須血統ともいえる、サンデーサイレンスもキングマンボも持たない馬でした。

 一昨年の京成杯も1-3着の父はすべて国別血統タイプが欧州型。2年連続で「父欧州型」が1-3着を独占中です。(国別血統タイプはスマート出馬表(無料)を参照)

 とはいえ、今年の京成杯は父がすべて「東京芝GI勝ち馬」なので、出走馬の中では欧州指向が強い馬を選ぶことになります。

 ロールオブサンダーの父エピファネイアは欧州型。父ロベルト系はタフな芝を好む系統。父の母系には欧州の名血サドラーズウェルズ。エピファネイア自身も不良馬場の菊花賞を圧勝。

 上がり35秒台と「日本の競馬ではタフな馬場」だったJCもジャスタウェイ、ジェンティルドンナを相手に圧勝。祖母サウンドザビーチもJRAのダート以上に欧州的なタフさも要求されやすいNARのダート交流重賞勝ち馬。出走馬の中ではタフな馬場を好む血統。

 スカイグルーヴもエピファネイア産駒ですが。母にキングカメハメハ、サンデーサイレンス、アドマイヤグルーヴと「東京芝GI」の要素が満載。

 血統だけなら、欧州的なタフさが要求されるレースへの適性はロールオブサンダーの方が上です。




単勝二頭流

愛知杯の注目穴馬はこちら!
『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は実況中継的に対談をやったじゃないですか。

石橋 武(以下、石) 実況中継というか、キミが勝手にあの時間に押しかけてきたんだけれども(笑)。

編 まあ、そうなんですけど(笑)、けっこう評判が良くて……

石 やらない、やらない。アレ、外れてたら地獄だからね。ぶっちゃけ、先週のジョーカナチャンのときは痛恨すぎて話せる状態じゃなかったし。

編 でも最終で3連複を獲ったじゃないですか。

石 言っても3連複だしな〜。よほど時間がないときじゃないと、もうやらない(苦笑)。

編 そうは言っても、僕があの時間に事務所にいけばいいだけですけどね(笑)。

石 やめて、ホント(笑)。というか、そんなことより愛知杯。土曜日のレースだから早くアップしないと。

編 そう、そうなんですよね。でも石橋さん、今回の愛知杯は枠順にこだわりましたよね。公開を1日遅くして。なにか理由があったんですか?

石 いや、今年は中京じゃなくて、小倉芝2000mで行われるでしょ? 中京は直線も長いし、そこまで枠を気にする必要はないんだけど、小倉はね〜。

編 あ、そうか。今年は小倉か。やはり内枠有利ですか?

石 そうだろうね〜。去年の8月、正確には9月1週目以降は使っていないし、芝の張り替え、オーバーシードをやってるし。内枠の先行馬はやっぱり有利だろうね〜、常識的に考えて。

編 では、その辺りも踏まえて、現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 まずはアロハリリー。

編 小倉では3戦して2勝2着1回。パーフェクトな戦績を残しています。

石 そうね。枠の真ん中だし、内にいるのが差し馬だけにポジションは取りやすいよね。モルフェオルフェ、サヴォワールエメが行って、センテリュオか。ちょうどそのあたりにつけられそうで、まずは内枠・先行馬という利を活かせる条件にはいるよね。

編 そうですね。

石 このメンバーでは前半はさほど速くならないと思うし、中盤から後半のラップが厳しくなるのは、この馬にとっては走りやすい。あとは滞在効果。

編 夏も小倉に滞在して連勝しましたよね。

石 でしょ? 前走はさすがにペースが速すぎて追い込み馬のマクり合戦みたいになっちゃったけど、今回はさっきも言ったように速くなっても後半から。好走できる条件は揃っているよ。

編 なるほど。

石 続いてはレッドランディーニ。

編 差し馬ですよ?

石 わかってる(笑)。前にも、小倉記念とか小倉大賞典とかのときに言ったと思うんだけど、小倉芝2000mは他場で切れ負けするようなタイプがいいって言ったことあるよね?

編 あ〜、ありますね。覚えてますよ。小倉記念で◎クランモンタナ(16年。11人気1着)が穴をあけたとき。ホントその通りにきて、びっくりしましたもん。

石 あ、あのときか。小倉芝2000mは小回り・平坦だけに、差し馬の仕掛けも早くなりがちなんだ。加えてスパイラルカーブを採用しているから、3コーナー過ぎからのロングスパートになりやすい。となると、瞬発力を武器にするタイプだと最後に脚があがっちゃうんだ。とくにこれ(ハンデG3)くらいの馬だと。

編 そうでしたね。

石 他場では切れ負けするような馬が差し届く、あるいは粘り切れる。これがひとつの穴馬のパターンなんだ。

編 レッドランディーニもまさにそんなタイプ?

石 クランモンタナなんかよりは足は速いタイプだけど(笑)、そこは牝馬限定戦ということで、そこまでタフにはならない。足の速さは必要だよ。それに開幕週のスピード馬場というのもあるし。そのさじ加減も含めてこの馬を推奨したいなと。

編 そういうことか。

石 あとはフェアリーポルカ。外枠に入ってしまったのは残念だけど、自在性のある馬だからカバーできるかなと。

編 紫苑Sでも本命にしていましたよね(6人気2着)。

石 そうそう。まさにそれと同じ理屈だよ。切れないけどバテないという小回りでこそのタイプだからね。前走は馬場が緩くてまともに走れなかったけど、明日はおそらく良馬場で走れる。このメンバーに入って53キロはかなりお得だし。外枠さえ克服できれば、チャンス十分。

編 現時点ではこの3頭に注目ですね。

石 現時点というか、この3頭には勝負予想でも印を打っているので、ぜひご注目いただければと。

編 あ、そうか。もう勝負予想か。わかりました。では、この愛知杯も含め、週末の勝負鞍を楽しみにしています。ありがとうございました。
スポンサーサイト