こんにちは

今週の考察をまとめましょう。

[フォトパドック]
「将来性ならスカイグルーヴ、今の状態だけならヒュッゲ、このレースならと思わせるロールオブサンダー」

[狩野雄太さん]
京成杯のポイント
京成杯(G3、中山芝2000m)は、コーナー4つの1800m~2000mで連対した経験が重要。2015年以降の3着以内15頭のうち12頭がクリアしていて、5番人気以下も5頭含まれている。

中でも直線に坂のある中山、阪神内回りで自身の上がりが34.5秒よりかかるレースで連対した経験のある馬が毎年好走している。2019年は該当馬が2、3着。2017年と18年は1、3着がこの条件を満たしていた。

枠順は基本的に内枠が有利。出走頭数に関わらず、最近5年連続でひとケタ馬番で5枠(黄色帽)より内枠の馬が2頭ずつ馬券に絡んでいる。

京成杯の注目馬
◆ゼノヴァース
上がり33秒台だった東京では新馬、2戦目と勝ちきれず、前走上がり35秒台の中山2000mで初勝利。ハッキリと舞台適性を示した。枠順も良く、例年の好走パターンに合致する。

[重賞データ分析]
上位評価:ウインカーネリアン、スカイグルーヴ、ヒュッゲ
以下はディアスティマ、ロールオブサンダー、ゼノヴァース、ヴィアメントという評価の序列

[坂井さんの追いきり診断]
「抜けて良く見えたのはヒュッゲだね。その次にスカイグルーヴとキングオブドラゴン。ロールオブサンダーも、距離に対応してくるようなら。クリスタルブラック、ゼノヴァースあたりも状態はいいから、あとはこのメンバーでどこまで通用するかといったところかな。」
--------------------------------------------------------
展開
[重賞データ分析]過去10年から
200110_5.jpg
200110_6.jpg

 枠番データ。こちらはコースデータ同様に「フラット」が結論だ。外枠である馬番13~17番が好成績であるのも、コースデータ同様の傾向。対照的に、内枠である馬番1~4番の内容がイマイチだが、メチャクチャ悪いというほどでもないので、これは単なる偏りである可能性が高い。外枠を理由に人気を落としているような馬がいれば、逆に狙ってみるのも面白そうだ。

 脚質は、コースデータよりも先行勢優勢。上がり3位の馬が勝率36.4%と、最速上がりの馬を上回る結果を出しているのが、その証明だ。後方からでもけっこう届いているように差せなくはないレースだが、主軸に据えるべきはやはり先行勢。昨年も、4コーナーを先頭で回ったラストドラフトと2番手で回ったランフォザローゼスが、そのままワンツーを決めている。


中山・芝2000メートル(内回り)
nakayama2000keisei.png

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。(亀谷 敬正)


先行するのは
③チュウワジョーダン ④ロールオブサンダー ⑤キングオブドラゴン ⑦ディアスティマ ⑧ヒュッゲ ⑫スカイグルーヴ
どの馬が逃げるのでしょうか?

中団からは
②リメンバーメモリー ⑥ゼノヴァース ⑩ビターエンダー ⑪ヴィアメント

後方からは
①クリスタルブラック ⑨キムケンドリーム 

12頭中半分の6頭が先行馬
フォトパドックで選んだ3頭も先行馬
④ロールオブサンダー ⑧ヒュッゲ ⑫スカイグルーヴ
3頭とも中山コースは初めてになります。

本命は④ロールオブサンダー、やや重の中京、京都で勝っている、上りが36.0と35.1 今の中山は向いていると思います。

対抗は⑧ヒュッゲ、「中山、阪神内回りで自身の上がりが34.5秒よりかかるレースで連対」という条件をエリカ賞勝ちでクリア。馬体は研ぎ澄まされてます。

押さえは①クリスタルブラック⑤キングオブドラゴン⑥ゼノヴァース⑫スカイグルーヴ
①⑤⑥は中山で勝っている馬、⑫はあっさり勝っても不思議の無い馬だが中山コースの適性はどうかと思うので。
スポンサーサイト