単勝二頭流

クイーンCの注目穴馬はこちら!

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週はあからさまに小倉芝1200メートルを狙ってましたね〜。

石橋 武(以下、石) 高配当が出やすいし、傾向がはっきりしているから獲りやすいんだよね。……外したけど。

編 土曜日の2鞍はダメでしたね。敗因は?

石 小倉は先週からBコースに替わったんだけど、それを意識しすぎちゃった。先々週よりも前で決まるイメージでいたんだけど、やっぱり後ろからだった。だから日曜日はそれを修正したんだけど。

編 すぐ修正できるのがすごいですよね。実際、土曜日は小倉9Rを配信して、人気馬の本命が◎アレス(7人気)。そして穴馬の本命が◎ドクターデューン(13人気)と後方からの馬を軸に据えた買い目で。

石 そう。だからこそ最後は◎アレスに差し切って欲しかった。

編 クビ差届かずで。差してたら3連単は10万馬券でしたけどね〜。内外の差ですかね。とはいえ、3連複の14,700円はきっちり獲っていますけど。

石 まあねえ。でもあそこは内をついた藤田騎手を褒めるべきだろうな〜。

編 藤田騎手って呼んでるんですね、菜七子ちゃんじゃなくて。

石 だって典弘ちゃんとか呼ばないでしょ?

編 横山典騎手?(笑) たしかに呼ばないですけど。でもそれとこれとは……

石 まあ、そんな話はどうでもよくて(笑)、差し切って欲しかったなという話。

編 人気馬の本命で7番人気ですから、本気で100万馬券狙ってたんですね。

石 もちろん。狙えるレースはどんどん狙っていきます。今週も引き続き小倉芝1200mにご注目いただければと。

編 今週も外差しの人気薄に注目ですか?

石 基本的には。ただ完全に外差しになっているのはジョッキーもわかっているからね。先行馬が馬場の真ん中より外に進路をとって、さらにその外を回してと考えると、そんなに素直な競馬にはならないかなと。

編 あ〜、ジョッキー心理もあるか〜。やっぱりまた石橋さんの予想に丸乗りしよう(笑)。あと惜しかったといえば、先週の東京新聞杯も本命馬が2着で。

石 ◎シャドウディーヴァ(6人気2着)ね。

編 こちらも3連複19,730円を的中と。勝った△プリモシーンは相手筆頭の評価でしたね。

石 左回り、直線の長い東京、マイル戦に戻れば、そりゃ強いからね。ただ、今回は最内枠だったでしょ?

編 ええ。

石 この馬が差してくるときはいつも外を回ってくるだけに、今回は差してきてもロスがあるなと。それにデムーロも良くないしね。そのぶん相手筆頭に落としたんだけど、まあ、このレースはうまく乗られた。

編 ◎シャドウディーヴァも唯一後方(4角ふたケタ番手)から差してきたんですけどね。

石 やはり使える脚の長さが中距離っぽい。それを推して買って正解だと思うよ。あ、正解と言うと、勝ってないから怒られるのか。

編 でも穴馬の本命としては正解ですよね。

石 東京新聞杯よりも道中が厳しくなるヴィクトリアマイルはさらにいいんじゃないかな。去年のノームコア(5人気)みたいな感じで。

編 たしかに。これは覚えておこうっと。で、今週は同じく東京芝1600mでクイーンCが行われますね。

石 そうね。この時期の3歳牝馬にとっては東京マイルの重賞はけっこうタフなレース。だから先週の古馬とはちょっと傾向が変わってくるね。先週はスローから長くいい脚を使える馬。あとは一瞬のキレがある馬を狙ったけど、クイーンCは速い流れからでも脚を使える馬が穴馬になる。

編 展開が速くなる?

石 いや、遅いと思うよ。ただ直線に入ってゴールまで脚を使うようなレースで、それは体力的に3歳牝馬には厳しい。そういう厳しいなかでも脚を使えるタイプというかな。便宜上、速い(タフな)流れと言っちゃったけど。

編 ああ、なるほど。

石 瞬発力のあるタイプも悪くないけど、強い馬は人気になりがちだし、生半可な瞬発力だと、途中で脚が上がる。

編 つまり瞬発力タイプでちゃんと走れる馬は人気馬になりやすい。

石 そりゃそうだろうねという話ではあるけど(笑)。

編 では、そのあたりを踏まえて石橋さんの注目穴馬は?

石 アカノニジュウイチ。

編 それ、人気馬じゃないですか?

石 え、人気になる? ルナシオン、ミヤマザクラ、マジックキャッスル、ホウオウピースフルときて、その次じゃない?

編 いや〜、ヘタしたら4番人気とかあり得そうですけど。

石 まあ、いいや(笑)。あとの2頭は全然人気ないし。アカノニジュウイチは前走がまったく展開不向き。でもかなり長く脚を使って勝ち切っちゃうという。前走の1400mであのペースはスタートで遅れたこの馬にとっては最悪だったからね。

編 たしかに2着以下は前残りでしたよね。

石 しかも前走は秋のまったく前が止まらない馬場。それを差しちゃうんだからたいしたものだよ。なんか上から話しちゃってるけど(笑)。今の馬場は秋に比べて格段に差しやすいし、前走より道中が流れるここはチャンスだよね。

編 なるほどね〜。そのほかでは?

石 ヤマニンプレシオサとメルテッドハニー。

編 ヤマニンプレシオサは想定の範囲内でしたけど、メルテッドハニー? たぶん最低人気ですよ。

石 いいじゃん、人気ないほうが。たしかに未勝利脱出にも時間がかかてっているし、未勝利でも惨敗していた馬だし、昇級してもいいところなしだよね。

編 だったらなぜ?

石 この馬が走ったのってほとんど超のつくスローペースで、唯一未勝利を勝ったときだけ速く流れたんだ。あの競馬は見どころがあった。(キレをもとめられない)タフなレースになれば、こういう切れなくてもハイペースに強いタイプの粘り込みはある。小柄な馬だけに斤量が増えるのもマイナスだし、相手も強くなるけど、この人気なら押さえておいていいしね。

編 そうですね。

石 ヤマニンプレシオサは新馬戦を評価。

編 1200mですよ?

石 そうね。中山芝1200mというかなりの持続力コースだよね。

編 ええ。あ、それがタフさに繋がると。

石 そう。もちろん1200mを勝てばどの馬でもタフさがあるといういことではないよ? この馬にとっては明らかに距離が短かったなかで先行して楽勝。速いペースのなか、勝負どころで上がっていく強気の競馬で押し切ったからね。

編 でも前走は大敗ですよね?

石 レース見た? 中山マイルで緩い馬場、外枠、スタート遅い、一気の距離延長、しかも4コーナーでは大外をぶん回して、それでも最後まで食い下がってたよ。見せ場は十分にあった。

編 着順しか見てなかったです……。

石 軽い東京の馬場のほうが合うと思うし、距離も2度目。バカにしないほうがいいと思うけどね。

編 バカにはしてないですけど、ノーマークでした(苦笑)。ちゃんと馬券には入れておきます。ちなみにこの3頭って、このあと配信する勝負予想でも印を打ったんですよね?

石 そうだよ。小倉芝1200mといい、クイーンCといい、土曜日から面白いレースで参っちゃうね(笑)。

編 みなさん、このハイテンション、いい穴馬がいた模様です(笑)。じゃあ、このあとの配信もありますし、今週はここまでにしておきますか。石橋さん、今週もありがとうございました。







重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

【京都記念】1番人気馬は8連敗中!G1好走馬が着順を落とすカラクリとは?

京都記念(G2)は、特殊な適性が求められる重賞です。

1番人気は8年連続で勝っておらず、毎年のように3歳クラシック路線で結果を残してきた馬達が人気を裏切っています。

■18年レイデオロ(3着)
→日本ダービー1着、ジャパンC2着

■17年マカヒキ(3着)
→日本ダービー1着

■14年ハープスター(5着)
→オークス2着

■13年ジェンティルドンナ(6着)
→ジャパンC1着、オークス1着

※レース当時の実績

この4頭に共通しているのは、《東京芝2400mで好走実績》があることでしょう。

東京芝コースは、道中の流れが落ち着き、直線が長いため瞬発力勝負になりやすいです。

好走するには何においても一瞬の切れ、ラスト3ハロン33秒台の末脚が求められます。

しかし、京都記念の舞台は8週連続開催の7週目。

芝コースは、レースを重ねる毎にダメージが蓄積されて走りにくくなるので、瞬発力より持久力が求められます。

事実、近年の勝ち馬は、例外なく一瞬の切れより《長く脚を使うタイプ》ばかりです。

■19年ダンビュライト
→アメリカJCC1着、皐月賞3着

■18年クリンチャー
→菊花賞2着、すみれS1着

■17年サトノクラウン
→前年の覇者、香港ヴァーズ1着

■16年サトノクラウン
→弥生賞1着

■15年ラブリーデイ
→中山金杯1着

※レース当時の実績

京都記念の馬券のポイントは《連続開催で荒れた馬場適性》でしょう。

具体的には、東京芝2400mなど王道路線において瞬発力勝負で結果を残してきた馬より、京都や中山など持久力が求められるコースを得意とする馬が狙い目です。

今年のメンバーだとステイフーリッシュ、ノーブルマーズ辺りが面白そうです。

上位人気が予想されるカレンブーケドール(ジャパンC2着、オークス2着)、クロノジェネシス(オークス3着)の扱いなど含めて、調教師時代に培った“洞察力”を発揮できそうで楽しみです。





亀谷敬正さん

【京都記念】非根幹距離のタフな馬場だからこそ台頭する血統を狙う

父がサンデー系「ではない」馬の台頭が目立つレース


 京都記念は過去5年の勝ち馬5頭のうち4頭は父がサンデーサイレンス系「ではない」馬。(出走馬の各系統はスマート出馬表参照)非サンデー系のなかでもダート中距離的な持久力と欧州的なスタミナの要素も持つ馬に向くレース。

 去年6番人気1着のダンビュライトは父がミスプロ系(大系統)。近親にダート中距離GI勝ち馬のアロンダイトも出ている母系。2015年に1着のラブリーデイもダンビュライトと同じキングマンボ系。

 2018年1着のクリンチャーは母父がダートGI馬も多数輩出したブライアンズタイム。父ディープスカイはサンデー系ですが、リーディング上位ではない非主流。ダート中距離重賞勝ち馬を複数出している種牡馬。

 2016年、2017年に連覇したサトノクラウンは持ち込み馬。サンデー系の血を全く持たない馬。

 一方、ディープインパクト産駒も毎年馬券にはなっていますが、過去5年で産駒は未勝利。

 2015年にハープスター、2017年にマカヒキが1倍台の断然人気で出走していますが、ハープスターは5着。マカヒキは3着。古くはジェンティルドンナが断然人気で敗れました(当時も似たようなことを書いて単勝34倍で勝利したデスペラードを本命にしました)

 京都記念はクラシックGIが行われない、非主流、非根幹距離のレース。馬場もタフになりやすいため、主流とは方向性が異なる反主流の能力も問われやすいレース。だからこそ、日本では主流の父サンデー系「ではない」血統が走りやすいのです。

 クラージュゲリエは父が非サンデー系で当レースの勝ち馬も出しているキングカメハメハ。昨年の勝ち馬ダンビュライトも父父キングカメハメハですから同系です。母父はロベルト系のタニノギムレット。タフな馬場。スタミナ勝負を得意とする血統です。
スポンサーサイト