重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

芝レースとは真逆!
競馬の常識を覆す!?
G1で本当に買うべき馬とは?


いよいよ2020年最初のG1、フェブラリーステークスが行われます。

舞台となるのは東京ダ1600m。このコースは数あるG1競走でも1、2位を争うほどの特殊条件で、なぜかスタートはダート戦なのに芝からになります。

芝のポケット部分からスタートしてダートコースに入るまで芝を150mほど走ります。しかし、コース設計上の関係で内と外では芝部分が30mほど外の方が長くなっています。一般的にダートと比べて芝の方が出脚がつきやすいため、芝レースとは真逆で外枠有利のコースなのです。

▼東京ダート1600mは外枠有利、内枠は大不利!
※成績は過去5年の16頭立て時

1枠(馬番1・2)
(31-34-31-646)
勝 率:4.2%
連対率:8.8%
複勝率:12.9%
------------------------
6枠(馬番11・12)
(46-59-48-588)
勝 率:6.2%
連対率:14.2%
複勝率:20.6%

7枠(馬番13・14)
(51-55-31-608)
勝 率:6.8%
連対率:14.2%
複勝率:18.4%

8枠(馬番15・16)
(54-55-53-580)
勝 率:7.3%
連対率:14.7%
複勝率:21.8%

スタートして芝部分を走る距離が最も短い1枠(馬番1・2)が象徴的ですが、6→7→8枠と外に行くほど成績が上がっていくのがお分かりになると思います。

比較として、有馬記念の舞台となる中山芝2500mは…

1枠
(2-2-1-17)
勝 率:9.1%
連対率:18.2%
複勝率:22.7%

------------------------
8枠
(1-1-1-19)
勝 率:4.5%
連対率:9.1%
複勝率:13.6%

中山芝2500mのフルゲート時に過去5年で馬券に絡んだ馬はわずか3頭しかいません。有馬記念の例は少々極端としても、このように競馬はコースや距離などで有利不利が大きく変化するのです。

運悪く内枠に入ってしまった人気馬の扱いをどうするか。逆に世間の評価は低くても有利な外枠を引き当て浮上する穴馬もいます!

またファンには知られていませんが、新聞に掲載される予想印は枠順確定前に行っています。これは紙面に印刷する時間的な都合により仕方ないことなのですが、予想印を参考に馬券を購入するファンにとっては死活問題でしょう。

枠順(馬番)が馬券の鍵を握るフェブラリーS。新聞の予想印に惑わされず本当に買うべき馬は……







単勝二頭流

編集部通信 2月20日号 〜さあ、フェブラリーSだ!の巻〜

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster編集部・本田です。

さあ、皆さん!
今年もG1が始まりますよ〜!
テンション上がりますよ〜!

ということで、今週の編集部通信は超豪華版でお送りします。
いま大注目を集めている奥田さん、石橋さん、そして織本さんのフェブラリーS注目馬を一挙大公開しちゃいます。
最後までお見逃しのないようにお願いしますね。
内容が濃いですからね、先週の結果を振り返りつつさっさと始めましょう。

あ、そうだ。
今週は先週とは逆の順番でお伝えしていこうかな。織本さん、奥田さん、石橋さんの順番でいきます。

まずは織本さん。
織本さんは昨秋に競馬雑誌『競馬の天才!』でデビューした新進気鋭の予想家さんで、すぐに我がスポーツマスターがスカウト。予想の公開に至っています。
簡単に予想理論を紹介すると、「上がり3ハロンタイム1位」と「3角1番手」の馬に注目した予想で高配当を狙うというもの。軸馬に選ばれる馬は人気薄が多くて、先日の山城S(2月9日)でも単勝14番人気だった上がり最速馬を狙い撃って、3連単23万5,550円を的中。いまコアなファンからも注目を集める理論を展開しています。

そんな織本さんのフェブラリーS注目馬はこの2頭。上がり1位、そして3角1番手の馬からそれぞれ推奨していただいています。

■サンライズノヴァ(上がり1位の推奨馬)
サンライズノヴァは3走前のプロキオンSを上がり1位の末脚で4着、この時の勝ち馬より上がり3ハロンタイムが1秒以上も速く、鋭い差し脚を持っています。2走前の南部杯は地方競馬ですが、同距離ダートでJRAからの出走メンバーも強力だったので、そこで上がり最速を繰り出して重賞制覇したことは高評価です。前走の武蔵野Sは3角2番手で先行したため持ち味をいかせませんでしたが、今回は差しに回ることが想定されて変身を期待します。

■インティ(3角1番手の推奨馬)
インティは、昨年のフェブラリーSで3角1番手の逃げを打ち、そのまま粘り込んで勝利しました。3〜4走前は逃げずに大敗しましたが、2走前のチャンピオンズCは3角1番手の競馬をして3着好走、復活を遂げました。今回も積極的に前に行けば昨年と同様に粘り込みを期待できます。

続いては最近の好調度がハンパない奥田さん。
スポーツマスターで配信している【直結式 勝負予想】は年明けから高配当を連発していますよね。
1月にアレキサンドライトSで3連単12万8,750円を的中すると、2月に、というかまさに先週!、バレンタインSで3連単29万1,930円を的中! マジすごいっす。
それぞれダートの特別戦で高額馬券を的中させているんですよね。今週末のフェブラリーSへの期待も高まるというものです。
【直結式 勝負予想】では昨秋のG1戦線で12戦中9戦も馬券を的中するなど、G1での無類の勝負強さは長らくファンを惹きつける魅力のひとつとなっています。
そんな奥田さんのフェブラリーS注目馬はこちら。
※直結コース=今回走るコースと同じような適性が求められるコース(東京ダ1600mの代表的な直結コースは東京ダ1600m、東京ダ1400m、中京ダ1400mなど)

■アルクトス
アルクトスは、昨年の春に直結コース東京ダ1400mのオープン特別(欅S)を勝利した後、直結コース中京ダ1400mの重賞プロキオンS(G3)を制した。さらに同コースの東京ダ1600mでは、オープンクラスのオアシスSを含む計4勝を挙げている。東京・中京・盛岡など左回りのダートコースの1400~1600mがベスト条件。今回も得意コースに出走するため、勝ち負けになる。

■ワンダーリーデル
ワンダーリーデルは、直結コースの東京ダ1400mで3勝クラスを勝ち上がり、同コースの東京ダ1600mにてアハルテケSと武蔵野S(G3)を勝利した。直結+同コースの勝ち馬なのでコース適性が非常に高い。昨秋に休養明けでオープン特別3着後、2走目の重賞を制したように、休養明け2走目で能力を発揮するタイプである。休養明けの根岸S(G3)を8着に敗れたが、叩き2走目の得意コースで変わり身を警戒する。

そして最後に石橋さん。
高配当的中といえば石橋さん。このフェブラリーSとの相性もよくて、古くは(笑)コパノリッキー(16人気1着)も推奨されていましたし、直近の昨年も穴馬の本命は◎ユラノト(8人気3着)と、きっちり激走穴馬を見つけています。
最近も小倉芝で超高配当を狙いまくっていて、特に今週末行われる帆柱山特別は日曜日の小倉大賞典とともに大注目とのこと。先週も1000円台の中穴単勝を土日で的中。そろそろ来まっせ。超高配当、来まっせ。小倉の最終週でスゴイの来まっせ。本田の予感当たりまっせ。

と、その話はさておき、石橋さんからもいつも通りに注目穴馬を教えていただいています(公式ブログではプラス1頭推奨するとのことです。)
■デルマルーヴル
デルマルーヴルは近走こそ地方交流競走で堅実に走り中長距離のイメージが強いが、もともと1400〜1600mで強い競馬を見せているように、距離の融通性は高い馬。UAEダービーでも慣れない環境のなか、後方から脚を伸ばしており環境に対する順応性も高い。精神的にタフな馬だ。そのUAEダービーは先行馬に有利なコースながら、スタートで遅れてほぼ最後方から。たしかに上位3頭からは離された4着ながら、前述のように前有利のコース・展開を後方から詰めてきたのは同馬だけで、世界の強豪と渡り合ったのは特筆に値する。実際、その次走のジャパンダートダービーではハイペースを前で受けてクリソベリルの2着。またその次レパードSでも上位を追込馬が占めるなか、同馬だけはハイペースを強気に押し上げるレースで2着と、能力の高さを証明している。今回は久々のマイル戦となるが、このメンバーなら異常なハイペースになるとは考えづらく、同馬のスピード、持続力で十分に通用する。インティが先行する流れになれば去年同様のイープンペースの可能性が高く、番手からの競馬で展開利も見込める。地方の馬場で結果を出しているとはいえ、中央の短距離を走っているのと比較すると、明らかに中央の軽いダート向き。適性、展開を武器に好走が期待できる。

■ワイドファラオ
ワイドファラオがダートは3走前のみやこS、そして2走前のチャンピオンズCで勝ち馬との差がついたが、みやこSは前が総崩れとなるハイペースのなか、むしろよく5着に粘ったという内容で、またチャンピオンズCはスタートで躓き先行する同馬にとっては厳しい競馬となってしまった。それを加味するとダートではまだ底を見せていないと言え、G1ながら一軍半レベルのメンバーなら好走の可能性は十分。前走の根岸Sも速いペースを前で追いかけて5着。斤量が2キロ軽い3、4着馬に最後割って入られたとは言え、スプリンターのスピードがあるコパノキッキングについていったスピードは高く評価できる。前走からの距離延長、そして他馬と同斤量(同馬は前走から1キロ減)になるプラス材料もあり、前走からの巻き返しを期待したい。

お三方からそれぞれ2頭ずつ注目馬を挙げていただきました。石橋さんは注目穴馬というのもあって、なんか見事にバラけましたね(笑)。
みなさんの気になっている馬は入っていたでしょうか。
2020年初のG1フェブラリーは今週日曜日の発走となります。
ぜひ、スポーツマスターの勝負予想にご注目ください。

それでは今週は以上となります。
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。





データde出~た

第1396回 ダート頂上決戦を制する馬は? フェブラリーS分析

中央競馬ではその年最初のG1となるフェブラリーS。地方競馬のダートグレード競走も含めて考えると、前年秋の南部杯から続いたダートG1・Jpn1戦線にひと区切りをつける一戦だ。ただ、今年は前年12月以降に行われたチャンピオンズC、東京大賞典、そして川崎記念の優勝馬がいずれも不在。この3レースの勝者が出走しないフェブラリーSは4年ぶりで、前回・2016年はモーニンがG1初出走・初制覇を飾っていた。今年はどんな結果が待っているのか、過去の傾向を見てみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。


■表1 人気別成績
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1  4-2-2-2/10 40.0% 60.0% 80.0% 99% 107%
2  2-2-2-4/10 20.0% 40.0% 60.0% 101% 109%

3  1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0% 67% 66%
4  1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0% 107% 116%
5  0-3-0-7/10 0.0% 30.0% 30.0% 0% 72%
6  0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 35%
7  1-0-2-7/10 10.0% 10.0% 30.0% 243% 143%
8  0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 34%
9  0-1-0-9/10 0.0% 10.0% 10.0% 0% 60%
10~1-0-0-66/67 1.5% 1.5% 1.5% 406% 49%

過去10年、1番人気【4.2.2.2】、2番人気【2.2.2.4】と1~2番人気は安定しており、2014年以降は少なくともそのどちらか一方は連対を確保している。対して、2桁人気馬の好走は1頭のみ。その1頭、単勝16番人気で優勝したコパノリッキー(2014年)の激走が印象的だが、2015年以降の近5年は馬連最高配当1570円と平穏だ。


■表2 年齢別成績(牡・セン馬のみ)
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 1~3番人気 同複勝率
4歳  3-2-1-22/28 10.7% 17.9% 21.4% 1007% 151% 2-1-0-6/9 33.3%
5歳  5-3-5-17/30 16.7% 26.7% 43.3% 55% 87% 5-2-3-2/12 83.3%
6歳  2-2-2-28/34 5.9% 11.8% 17.6% 102% 66% 0-1-2-4/7 42.9%
7歳  0-2-1-31/34 0.0% 5.9% 8.8% 0% 19% 0-1-0-1/2 50.0%
8歳  0-1-1-16/18 0.0% 5.6% 11.1% 0% 52%  該当なし
9歳以上0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%  該当なし

牡・セン馬の年齢別(牝馬は本年登録なし)では、5歳馬が複勝率43.3%などの好成績。特に3番人気以内に推された馬は同83.3%の高率を記録している。4歳と6歳の比較では、4歳馬がやや優勢だ。なお、7歳以上で馬券に絡んだ5頭のうち船橋所属のフリオーソを除くJRA勢4頭は、本競走で既に3着以内に入った実績があった。


■表3 枠番別成績
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 過去5年
1枠 1-0-0-18/19 5.3% 5.3% 5.3% 35% 13% 0-0-0-9/9
2枠 3-2-2-12/19 15.8% 26.3% 36.8% 46% 109% 2-0-2-5/9
3枠 0-2-3-15/20 0.0% 10.0% 25.0% 0% 72% 0-1-1-8/10
4枠 1-1-0-18/20 5.0% 10.0% 10.0% 13% 12% 1-1-0-8/10
5枠 0-1-4-14/19 0.0% 5.3% 26.3% 0% 56% 0-1-2-7/10
6枠 2-0-1-17/20 10.0% 10.0% 15.0% 71% 29% 1-0-0-9/10
7枠 2-3-0-15/20 10.0% 25.0% 25.0% 1386% 207% 1-2-0-7/10
8枠 1-1-0-18/20 5.0% 10.0% 10.0% 121% 45% 0-0-0-10/10

枠番別では内から外まで好走馬が出ているが、中では2~3枠の【3.4.5.27】複勝率30.8%あたりが目立つ。また、1枠と8枠の3着以内馬計3頭は2014年以前のもので、ここ5年は全19頭が馬券圏外敗退を喫していることには注意したい。


■表4 前走着順別成績
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 参考:チャンピオンズC
1着  7-4-4-25/40 17.5% 27.5% 37.5% 81% 81% 4-5-3-30/42
2着  0-3-3-15/21 0.0% 14.3% 28.6% 0%6 2% 3-1-2-15/21
3着  1-2-1-14/18 5.6% 16.7% 22.2% 135% 84% 1-2-3-17/23
4~5着0-1-0-25/26 0.0% 3.8% 3.8% 0% 23% 2-1-0-26/29
6~9着1-0-1-26/28 3.6% 3.6% 7.1% 971% 130% 0-1-0-20/21
10着~1-0-1-21/23 4.3% 4.3% 8.7% 21% 16% 0-0-2-19/21
※取消、除外を挟む馬は除く

前走で3着以内に好走していた馬、特に前走を勝ってきた馬が好成績を残しているのがフェブラリーSの特徴だ。同じダートG1・チャンピオンズCも前走から連続で好走する馬が多いレースだが、それと比較しても前走1着馬の安定ぶりは光っている。


■表5 前走4着以下からの好走馬
              前走        主な実績
年 馬名 性齢 人気 着順 レース 人気 着順 東京ダ1600m ダ1600mG1
2013 エスポワールシチー 牡8 9 2 東京大賞典 4 5 フェブラリーS1着 南部杯1着
2014 コパノリッキー   牡4 16 1 フェアウェルS 3 9 ヒヤシンスS3着 未経験
2015 ベストウォーリア  牡5 3 3 チャンピオンズC 9 11 ユニコーンS1着 南部杯1着
2017 ゴールドドリーム  牡4 2 1 チャンピオンズC 2 12 ユニコーンS1着 未経験
2018 インカンテーション 牡8 6 3 東京大賞典 4 7 武蔵野S1着 フェブラリーS2着

前走4着以下から巻き返して馬券に絡んだ馬は、表5の5頭のみ。このうち、表1でも例外的な存在だったコパノリッキーを除く4頭は、すべて本競走と同じ東京ダート1600mで重賞を制した実績馬。また、5歳以上の3頭はダート1600mのG1で連対した実績もあった。


■表6 主な前走レース別成績(前走1~3着馬のみ)
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 過去5年 同複勝率
根岸S     3-2-2-17/24 12.5% 20.8% 29.2% 167% 106% 2-1-2-7 41.7%
東海S     3-1-1-6/11 27.3% 36.4% 45.5% 103% 111% 2-1-1-3 57.1%
JCダート   2-0-1-1/4 50.0% 50.0% 75.0% 130% 102% チャンピオンズCへ移行
川崎記念    0-3-1-5/9 0.0% 33.3% 44.4% 0% 94% 0-0-0-4 0.0%
チャンピオンズC0-2-0-1/3 0.0% 66.7% 66.7% 0% 83% 0-2-0-1 66.7%
東京大賞典   0-1-3-2/6 0.0% 16.7% 66.7% 0% 135% 0-1-0-1 50.0%

ここからは、3着以内馬30頭中25頭を占める、前走でも3着以内に入っていた馬(表4)にかぎった成績を見ていきたい。まず表6は前走レース別の成績。このうち川崎記念組は近年好走がなく、ここ5年は根岸S、東海S、チャンピオンズC、そして東京大賞典の4レースからしか好走馬が出ていない(前走4着以下も同様・表5)。


■表7 前走根岸S、東海Sからの好走馬
               前走
年 馬名 性齢 人気 着順 レース 人気 着順 主なダート1600m実績
2012 テスタマッタ   牡6 7 1 根岸S 5 3 フェブラリーS2着
   シルクフォーチュン牡6 4 2 根岸S 4 1 南部杯3着
2016 モーニン     牡4 2 1 根岸S 1 1 武蔵野S3着
2017 ベストウォーリア 牡7 5 2 根岸S 3 2 南部杯1着
   カフジテイク   牡5 1 3 根岸S 1 1 武蔵野S3着
2018 ノンコノユメ   セ6 4 1 根岸S 6 1 フェブラリーS2着
2019 ユラノト     牡5 8 3 根岸S 3 2 武蔵野S4着

2013 グレープブランデー牡5 3 1 東海S 4 1 ユニコーンS2着
2015 コパノリッキー  牡5 1 1 東海S 1 1 フェブラリーS1着
   インカンテーション牡5 5 2 東海S 3 3 500万条件4着
2016 アスカノロマン  牡5 7 3 東海S 4 1 未経験
2019 インティ     牡5 1 1 東海S 1 1 未経験

表7は前走根岸S、東海S3着以内からの好走馬12頭。このうち10頭は前走連対馬、特に東海S組は4頭中3頭が優勝馬だった。また、200mの距離延長になる根岸S組は、ダート1600mの重賞で3着以内の実績を持つ馬が7頭中6頭を占めている。対して距離短縮の東海S組は、特に1600mでの実績は問われない。東海S組なら好走した5頭すべてが該当する5歳馬に注目したい。


■表8 前走G1・Jpn1からの好走馬(前走1~3着馬のみ)
               前走       主な実績
年 馬名 性齢 人気 着順 レース 人気 着順 東京ダ1600m ダ1600mG1
2010 エスポワールシチー牡5 1 1 JCダート 1 1 1600万条件1着 南部杯1着
   テスタマッタ   牡4 5 2 川崎記念 4 3 武蔵野S11着 未経験
   サクセスブロッケン牡5 2 3 東京大賞典 2 1 フェブラリーS1着 フェブラリーS1着
2011 トランセンド   牡5 1 1 JCダート 1 1 武蔵野S6着 未経験
   フリオーソ(地方)牡7 3 2 川崎記念 1 1 未経験 全日本2歳優駿1着
   バーディバーディ 牡4 4 3 東京大賞典 5 3 ユニコーンS1着 南部杯5着
2012 ワンダーアキュート牡6 2 3 東京大賞典 3 2 武蔵野S1着 未経験
2013 ワンダーアキュート牡7 7 3 川崎記念 1 2 武蔵野S1着 フェブラリーS3着
2014 ホッコータルマエ 牡5 2 2 川崎記念 1 1 青梅特別1着 かしわ記念1着
   ベルシャザール  牡6 1 3 JCダート 3 1 武蔵野S1着 未経験
2016 ノンコノユメ   牡4 1 2 チャンピオンズC 3 2 武蔵野S1着 未経験
2018 ゴールドドリーム 牡5 1 2 チャンピオンズC 8 1 フェブラリーS1着 フェブラリーS1着
2019 ゴールドドリーム 牡6 2 2 東京大賞典 1 2 フェブラリーS1着 かしわ記念1着

最後に表8は、前走G1、Jpn1・3着以内からの好走馬13頭である。このうち8頭は、フェブラリーSと同じ東京ダート1600mの重賞優勝実績馬。残る5頭中3頭はダート1600mのG1馬だった。前走4着以下(表4)の5歳以上馬3頭と違い、その双方で優勝や連対実績を持つ必要はないが、2012年以降の7頭中6頭が該当する「東京ダート1600mでの重賞優勝」実績には特に注目したい。


【結論】

フェブラリーSは表1で挙げたように、まず1~2番人気馬への注目が欠かせないレースで、今年は恐らくモズアスコットとインティの2頭がその支持を受けそうだ。モズアスコットは前走・根岸Sを優勝。一方、昨年の覇者・インティは東海Sで3着に敗退してしまった。表4の通り前走1着馬が特に強いレースだけに、この2頭の比較ではモズアスコットを上位とみたい。

ただ、モズアスコットは根岸Sが初ダートだったため、この組の好走馬の大半に共通する「ダート1600m重賞好走」実績を持たない(表7)。芝1600mのG1・安田記念制覇で相殺できると考えるべきか判断が難しいところだ。一方のインティは東海Sが3着だったこと、そして昨年からひとつ年齢を重ねて6歳になったことも減点材料になる(同)。

このように、1~2番人気が予想される2頭には不安材料もあるだけに、他馬が割って入る場面も十分に考えられる。その筆頭格は前走・東京大賞典2着で、2018年には本競走優勝の実績を持つ8歳馬・ノンコノユメ(表8)。表2本文で触れたように、年齢別では成績が落ちる7歳以上のベテランでも、過去のフェブラリーSで好走した実績があれば侮れない。

また、その表2で好成績だった5歳馬からは、アルクトスとタイムフライヤーを挙げたい。アルクトスは前走・Jpn1の南部杯で2着に好走。4走前には東京ダート1600mでリステッド競走のオアシスSを制しており、表8の各馬に近い成績と考えられる。もし3番人気(以内)に推されるようなら、大きく評価を上げてもいいだろう(表2)。

タイムフライヤーは2走前、ダート3戦目だった武蔵野Sで2着。芝ではG1・ホープフルSを制している。ダート経験が浅いため表5の条件を満たすには至らないものの、「G1実績馬が重賞好走歴のあるコースで巻き返す」と広い意味で捉えれば、エスポワールシチーやベストウォーリア、インカンテーションと近いタイプだ。
スポンサーサイト