境和樹の穴馬券ネオメソッド

中山記念&阪急杯の回顧
第94回中山記念(GⅡ)
1着ダノンキングリー
2着ラッキーライラック
3着ソウルスターリング

ラップ:
12.4-11.8-11.8-11.8-11.5-11.7-11.9-11.3-12.1
時計:1.46.3


マルターズアポジーにしては大人しい逃げではありますが、道中で極端な緩みがないラップ推移から、勝負処で少し落ちて、瞬発力比べで好位勢が台頭したという競馬。
勝ったダノンキングリーは、大逃げの形になった1、2番手を離れた位置で見る3番手から、何のロスもなくスパートを開始し、そのまま押し切り。完勝と言っていい内容だと思います。いかにも中山記念らしい、GⅠ未勝利馬の台頭というケース。
血統的にも、予想コラムで指摘した「ダート的馬力血統」を母父ストームキャットでクリアしていた存在。血統テーマに該当していた馬は今年この馬1頭だけでしたから、まあ順当な結果だったとは言えます。
これを、GⅠホース、中山記念連覇馬を押しのけてアッサリ1番人気にするのですから、もうこのレースの本質は一般ファンの間でも周知の事実になっているということなのでしょう。
ダノンキングリーは、マイルCSが内不利のトラックバイアスに泣かされた5着でしたが、能力的には現4歳世代でもトップクラスの馬。次走は大阪杯になると思いますが、そこでも好勝負が期待できます。大阪杯も、母父ストームキャットが利きやすいレース。

2着ラッキーライラックは、プラス11キロ自体は戻ったものだと思いますが、2月頭から時計を出し始めて、調教欄ではオール馬なりの調整過程。動きの良し悪しや息遣いは現地で見ていないのでわかりませんが、少なくとも、強い攻めが1本もなかったのはデビュー以来初めてだったので、やはり次走以降を見据えた仕上げだったことは確かだと思います。勝負処で少し反応が鈍いように見えたのも、そのあたりが影響していたんじゃないかと考えます。

3着ソウルスターリングは、個人的には一番拾いにくい馬だなぁという印象。他馬が仕上がり途上の分、伸びあぐねたスキを突いて積極的に立ち回った作戦が功を奏したといったところでしょうか。

インディチャンプは最内枠から内ピッタリを回ってロスがなかった割に少し物足りない内容ではありましたが、もうこの馬の休み明けはいつもこんなものと分かっていますからね。次走は順当に良化してパフォーマンスを上げるはずです。

ウインブライトはあまりに動けませんでしたね。中山金杯を使っての臨戦だった過去2回と違い、今回は暮れ以来の休み明け。確かに、これまでも休み明けは取りこぼしが目立っていた馬なので、直接的な敗因はそのあたりなのでしょう。

繰り返しになりますが、ダノンキングリーは、血統的にも大阪杯向きなので、人気次第では十分本命候補だと見ています。


第64回阪急杯(GⅢ)
1着ベストアクター
2着フィアーノロマーノ
3着ダイアトニック

ラップ:
12.1-10.7-11.3-11.4-11.3-11.6-11.9
時計:1.20.3


降着事案という後味の悪い結末にはなりましたが、レース自体は見所の多いものでした。

まずは勝ったベストアクター。中1週での重賞挑戦。しかも、これまで経験のない右回りと、決して楽ではない条件での勝利は大きいですね。

1400にこだわって使われてきたスペシャリスト、今後の課題は200前後に延びるであろう距離への対応力ということになります。
1400は、スプリンターにとっては1ハロン長く、マイラーにとっては1ハロン短いという中途半端な距離ゆえに、特殊な適性が求めらえます。ゆえに、スペシャリストが生まれやすいわけですが、芝もダートもこの距離のGⅠがありません。これに泣いてきた馬は数知れずなわけで、この馬もそんな悲運の波に巻き込まれることになりそうで心配です。

予想的には、ちょっと失敗したと思ったのが、この馬は母母父がノーザンテースト。これまで、母系の底にノーザンテーストを内包したケースの好走例がなかったことで、あえて「ノーザンテースト内包種牡馬」という括りにしてしまったのですが、もう少し幅を取って「ノーザンテースト保持内包馬」としておけば良かったですね。これは来年以降、役立てたいと思います。

2位入線3着のダイアトニックは、スタートから積極的に位置を取る競馬。これは、おそらく高松宮記念を見据えて1200の競馬に対応させようという意図があったんだと思います。
差し馬殺到の流れにあって、先行馬最先着は素直に立派な走り。降着事案の加害馬となってしまったのは残念ですが、収穫はあったと思います。
ただ、この馬は平坦コースがベターでしょうね。スプリント界でいえばダノンスマッシュに似たタイプだと思います。

フィアーノロマーノは3位入線2着。内で寄られた不利は確かに痛かったと思いますが、堅実な反面、少し爆発力に欠ける印象もあります。今後もGⅡ~GⅢでは安定して結果を出すと思いますが、(人気とのバランスを考えても)頭付けの馬券は買いづらいタイプ。

次走に向けて注目したいのは、5着ステルヴィオ。直線で狭いところに入ったこともありますが、やはり予定していたスプリンターズSを目の外傷で回避するなど順調さを欠いた後。状態的に本物ではなかったというところもあったでしょう。距離自体はこのくらいがいいと思うので、続けて使って行けばどこかで結果を出せると思います。





アンカツさんのつぶやき

「無観客競馬はジョッキー目線で興味ある。観衆でイレ込む馬もおるし、反対にいい意味で気が入る馬もおるからね。案外、荒れるかもしれないよ。オレも経験したことないようなレア舞台やで、普段見ない人でも、グリーンチャンネル無料視聴してみる手はありやね。」

「確かな技術と独特のセンスを持ち合わせてた名手。四位君、お疲れさまでした。やっぱりダイワスカーレットでウオッカと、ブエナビスタでレッドディザイアと駆け引きしてせめぎ合った牝馬クラシックが思い出深い。これから益々忙しくなるはずやけど、どこかでゆっくりとあの頃を語りたいね。」

阪急杯
「阪急杯は内枠に有力馬が集まって、ごちゃついちゃったね。やり合った②③着よりも、正攻法の競馬で損したのはクリノガウディー。道中詰まってタメてれば圏内の手応えあった。自分のリズムで進めてたのがベストアクター。復帰週で浜中がリズムに乗れて何より。スマートオーディンは外枠1400合うんやね。」

中山記念
「ダノンキングリー。1角の入りで勝負を決めた。どの馬よりも条件マッチしとって、56キロでああ立ち回られたら完勝するわな。無事なら年内、いや今春にG1馬になる。無観客で落ち着きあったで、次の課題はテンション。ラッキーライラックは当然の走りとして、ここで立ち直ったソウルスターリングは立派。」

ウインブライトはどう映りましたか?
「あのスタートならラッキーライラックの前を取りたかった。勝ち馬とは対照的な1角までの入り。ずっと松岡が乗ってきた馬やで、さすがに代打の影響あったね。」

インディチャンプについて少しお願いしたいです!
「いい競馬しとるよ。この馬には距離が気持ち長かっただけ。一度使ってマイルならガラッと変われるでしょ。」
スポンサーサイト