亀谷敬正さん

【大阪杯】主流血統に米国的スピードが強化された馬を狙う

母父が「米国」由来のスピード血統を持つ馬に注目!

 芝2000mはJRAの根幹距離。父サンデーサイレンス系。なかでもクラシックに実績がある種牡馬が特に強い。昨年も1-3着は父か母父がディープインパクト。一昨年も勝ち馬がハーツクライ産駒。3着はディープ産駒。

 さらに「母系に米国スピード」を補強された馬が走ります。母父が「米国」由来のスピード血統かミスタープロスペクター系。さらに母系に米国の持続力血統ボールドルーラー系種牡馬を持つ馬に注目(出走馬の「国別系統」はスマート出馬表を参照)。

 昨年9番人気で単勝22.2倍で優勝した勝ち馬アルアインも母父は米国型。ボールドルーラー系のエッセンスオブドバイ。3着ワグネリアンも母父がミスタープロスペクター系のキングカメハメハ。母系にボールドルーラー系の名種牡馬セクレタリアトを持つ馬。

 2年前の勝ち馬スワーヴリチャードも母父が「米国型」のアンブライドルズソング。母母父はボールドルーラー系のジェネラルミーティング。3年前の勝ち馬キタサンブラックも母系にボールドルーラー系種牡馬。母父は快速血統サクラバクシンオー。

 今年の出走予定馬ではワグネリアンは父ディープインパクト。母父がミスプロ系のキングカメハメハ。母系にボールドルーラー系のセクレタリアト。

 ディープ産駒の牡馬はフレッシュさが重要ですが、同馬はキャリア11戦。ダービー馬の多くは、クラシックでピークを迎えてしまうのですが、同馬の場合ダービーは鞍上の好騎乗で勝ち取ったもの。実際、その後もパフォーマンスは上昇中。ダービーは幸運もありましたが、逆に近走は不運…とも考えています(無理に同意は求めません。議論したい方は亀谷競馬サロンのオンラインでお待ちしています)。

 ラッキーライラックの父はオルフェーヴル。当レースの前身GII時代の大阪杯も勝利。ディープインパクトと同じ三冠馬。種牡馬としての評価は、今の多くの日本株同様に不当に低いのではないでしょうか(無理に同意は求めませんが)。ハマった産駒の爆発力はディープインパクト産駒にも勝るとも劣らない。というのが個人的評価。

 母父は「米国型」でフォーティナイナー系のフラワーアリー。オルフェーヴル×フォーティナイナー系の組み合わせには、同じ芝2000mGI皐月賞勝ち馬のエポカドーロ。さらに母系にはシアトルスルー。当レースに相性の良いボールドルーラー系種牡馬。

 ダノンキングリーは父がディープインパクト。母父は米国型のストームキャット。前哨戦の中山記念を快勝。この前哨戦をどう考えるか? も大阪杯では重要なポイントになりそうです(最終予想に興味のある方はウマい馬券などをご参照ください)。





単勝二頭流

大阪杯の穴馬&人気馬評価を公開中!

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は日曜日の名古屋城S(3連単40,620円)なんかの的中もありましたけど、高松宮記念とか期待されたレースが不的中で……。

石橋 武(以下、石) ホントだよね。申し訳ないことです。

編 雪で日曜日の中山が火曜日になったというのも影響しましたかね。

石 いや、それはみんな同じ条件だからね。ただ、それよりも馬場を把握できなかったのが敗因。見解にも書いたと思うけど、火曜日の中山はもうちょっと回復すると見込んでいたし、反対に日曜日の阪神、中京はもっと雨の影響が残る馬場だと思っていたので。そこで馬の取捨選択を誤ったレースが多かった。

編 たしかに先週の馬場は難しかったですよね〜。中京も荒れて外差しになるかとおもいきや、結局は馬場の内を通った馬で決まりましたしね。

石 そうなんだよ。グランアレグリア以外はね。単勝二頭流としてはタワーオブロンドンが人気馬の本命だったわけだけど、あの馬場傾向で外を回っちゃうとさすがに厳しい。もちろん馬場がすべてではないけど、僕の予想のなかでは大切な要素のひとつなので、先週はそこが大きかったなと。

編 阪神は良のときと重のときで、全然馬場の傾向が変わりますね。

石 そう、来る馬が全然違うから。高速馬場から一気に超パワー馬場に変わるので。ただ、今週は中山、阪神ともに雨の心配はなさそうだし、どちらも今週からBコース替わり。馬場に関してそんなに気を使わなくていいというのは予想しやすいなと。

編 先週のぶんを一気に取り返せそうですね。

石 そうなるように頑張ります。

編 注目度の高いG1が続きますし、ぜひともよろしくお願いします。で、今週のG1は大阪杯ですね。12頭立てとちょっと寂しい頭数になっちゃいました。

石 そうなんだよね。勝負予想の買い目点数も思いっきり絞ってお届けする予定です。

編 そうなりますよね。人気も偏りそうだし。そんなレースですけど、穴馬っています?

石 人気になりそうな馬がほとんど差し馬という点では、やはり先行馬に魅力を感じるよね〜。ベタだけど。

編 まあ、そうなりますよね。

石 なかでもジナンボーには注目しておきたい。

編 前走、小倉大賞典で3着でした。

石 荒れた差し有利の馬場を先行して3着だったからね。強い競馬だったし、レース内容も評価できる。

編 新潟記念も追い込み馬が1、3着に走ってくる展開で、先行して2着に粘っていましたし。

石 そうそう。しかもクビ差負けしたのが、その後に天皇賞(秋)で4着、ジャパンCで5着と、G1でも好走したユーキャンスマイルだったからね。ハンデが54キロだったとはいえ、相当キツイ競馬を粘ったのはいいよね。

編 さすがに新潟だけあって時計も優秀でしたし、たしかに高速馬場、持続力が求められる内回りの競馬にぴったりのタイプですよね。

石 でしょ? 大阪杯は後半のラップが厳しくなるので、シュッと切れる3ハロンで33秒台を出すような末脚より、4ハロンで平均的に長く脚を使える馬のほうが合う。このレースも人気の差し馬が早めに動いてきて、ラスト5〜4ハロンのロングスパートが要求されるんだ。ジナンボーはハイペースで先行しつつ長く脚を使えるだけに、馬券圏内は十分にあり得る。気性の激しい馬だけに無観客というのもいいだろうし、注目しておきたい1頭だよ。

編 あとはどの馬がいいです?

石 う〜ん、なかなか難しいよね、このメンバーだと。能力差もあるしな〜。……ここは人気上位5頭の一言寸評をお伝えして逃げちゃおうかな(笑)。

編 そうですよね〜。そうしましょうか。じゃあ、内枠から、まずはブラストワンピースですかね。

石 東京のような速い上がりを要求されないというのはいいよね。中山と比較すると明らかに東京でのパフォーマンスは落ちるし、阪神内回りと中山で似たような適性が求められることを考えれば、評価すべき馬だよね。

編 でも去年のこのレースでは6着に負けていますよね。

石 去年はスローで、マイラー的資質が求められるレースになっちゃったからね。今年もその展開だと厳しいけど、まあ、ジナンボーがいる流れだからね。現時点ではその心配はしていないけどね。

編 では続いてワグネリアンですね。去年の3着馬です。

石 去年は枠順、展開に恵まれた感はあったかな。あれで外枠だったら届いていないだろうし、ハイペースだったら枠があだになっていただろうし、という意味で。少頭数でペースが速くなりそうな今年のほうがレースはしやすいと思う。

編 器用なタイプではないですからね。

石 そうだね。2000mは悪くはないけど、もうちょっと距離はほしいよね。ちょっと忙しい印象はある。そのあたりがどう出るかだね。

編 次はラッキーライラック。

石 条件は悪くはないですけど、これまで好走してきたレースは展開に恵まれた感があるのと、前走はこの馬向きの競馬ながら、ダノンキングリーに離されたのが気になるかな〜。

編 でも枠順はいいでしょうし、内回りの2000mという条件も合っているのでは?

石 だから悩ましい(笑)。ただ、前走からしても少なくともダノンキングリーを逆転するのは難しいと見ているけどね。

編 ではそのダノンキングリーは?

石 ダービーが相当強い競馬を見せたからね。かなり長く脚を使って勝ち馬との差を詰めているし、その後の競馬を見ても、能力はアタマひとつリードしているんじゃないかな。内回りなら内回りなりの競馬ができる馬だし、臨戦過程もいいしね。

編 じゃあ最後にクロノジェネシス。

石 外枠がどう出るかだな〜。包まれないというメリットになるのか、距離ロス&外差しというデメリットになるのか。この馬の良さは自在性と内からでも伸びてこられる点にあるんだけど、それを発揮できるかどうか。内回り自体は合わないことはない。

編 なるほど。話ぶりからはダノンキングリーがいちばん高評価で、ラッキーライラックにはあまり気がないのかなという印象でしたね。

石 ま、あとは土曜日の馬場傾向を確認したうえで、決めますので。

編 そうですね。来週の桜花賞はかなり自信がありそうなので、ここで軍資金を増やしておきましょう。よろしくお願いします。
スポンサーサイト