こんにちは

先週は【大阪杯】
「良く見えたのはクロノジェネシス、ダノンキングリー、ジナンボー、ラッキーライラック、ロードマイウェイ。ここからダノンキングリーをトップ評価とします。ほんとは本命とします、としたんですけど強い馬がいますからね」1~3着馬までいました。

いつもの私ならダノンキングリーを本命にしていたと思いますが、ライバル馬の馬体も良かったこと、古馬G1で結果がでていない実績もあり慎重に判断しました。

今週は桜花賞、田辺騎手がチューリップ賞を勝って挑みます。目が離せません。

【桜花賞】

インターミッション:アバラが目立ちギリギリの状態に見えます。

ウーマンズハート:競馬ラボ特注馬。悪くは無いですが、チューリップ賞から大きくは変わらず。

エーポス:ジャスタウェイのように胴長ですね。これからの成長次第。

クラヴァシュドール:競馬ラボの№3。チューリップ賞と全く同じシルエットのようにみえます。ですが血管の浮き上がりが目立ちデキはいいです。

サンクテュエール:藤沢和雄厩舎の馬。バランスのいい成長をしているのは好感が持てますが、筋肉に張りがもっと欲しい気がします。

デアリングタクト:競馬ラボの№2。いい馬ですね。男馬のような力強さがあります。

マジックキャッスル:新馬が1200Mですが、クビが太くスプリンター候補。

マルターズディオサ:うーん、どうでしょうね。チューリップ賞は

マルターズディオサ:やっぱり阪神JFに続き今回も良く見えます。無駄肉がそげてシルエットが綺麗になって来ました。


今回はさらに絞れています。前走後栗東滞在で調教されているはずです。前走444㌔ですが440㌔切ってしまいそうです、不安ですね。前走で頑張り過ぎたか?

ミヤマザクラ:いいシルエットしてますよね、いい馬です。

ヤマカツマーメイド:短距離向き。

リアアメリア:競馬ラボの№1。成長真っただ中という感じ、ここよりもオークスの方が良いのではないでしょうか。

レシステンシア:強い1頭ですが、2歳時の写真が一番良く見えるというのがね。

「良く見えたのがデアリングタクトとミヤマザクラ」
スポンサーサイト