【オークス】美浦・栗東レポート

【オークス】美浦レポート サンクテュエール
藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

(前走の桜花賞を振り返って)
「馬場があまり向いていなかったようで、頑張ってはくれましたが、6着に終わり残念でした」

(中5週の中間の様子について教えてください)
「桜花賞はスタミナのいる馬場でレース後は疲れもあったので、牧場へ返して2週間ぐらいで元気になり、疲れは取れたようです」

(今朝の追い切りについて)
「ウッドチップコースにて併せ馬で行い、ゴール前に並ぶという指示でした。折り合いよく後ろにつけて、直線は指示通り併走しました。前走は馬場もあって残念な結果でしたが、仕上がりについては前走同様、良い感じです」

(デビュー戦からマイルを使ってきて、今回2400mという距離はどうでしょう?)
「この馬は折り合いが良いですし、引っかかることもありませんので、問題ないと思っています」

(東京競馬場というコースはいかがですか?)
「アルテミスSで走っていてその時は負けましたが、強いメンバーと戦って良い経験になったと思います」

(レースのイメージはありますか?)
「好位で上手に競馬ができると思っていますので、あとは良い馬場状態で走らせたいです」

(ファンへ向けてメッセージをお願いします)
「前走の桜花賞は応援していただきましたが、残念な結果でした。今回また頑張ってくれると思いますので、応援よろしくお願いします」


【オークス】美浦レポート スマイルカナ
高橋祥泰調教師のコメントは以下の通り。

(今朝のウッドチップコースでの追い切りの狙いと手ごたえについて)
「先週はモヤで時計的には分かりませんが併せ馬で結構やっていたので、今週はあまりやらないという予定でした。今日は時計的にもそんなに速くなかったですが、単走で大外いっぱいを回ってきて、直線の動きは良かったと思います。軽めの感じではありますが、調整としてはこれぐらいで良かったと思います。調教を終えてからはまだ柴田大知騎手と話していませんが、ここ何ヶ月間もずっと調教を手がけてもらってきたので、今日も変わらずだと思います」

(桜花賞3着から中間の様子は?)
「あの雨、あの馬場状態でのレースだったのですが、馬もジョッキーも最後まで諦めず頑張ってくれたなという印象でした。後ろから馬が来ると行くというところも見せてくれるので、競馬に行っての良さがあの馬にはあるんだろうなといつも思っています。前走、前々走と輸送を含めて阪神で2回使いましたから回復がどうなんだろうと思っていましたが、意外と回復が早く、思った以上にここへきて馬が変わってきているなという感じです。馬体の数字的には今朝の調教後で430キロと、ここのところ変わっていませんが、数字以上に体が大きくなっています。一回りとまでは言えませんが、それに近いぐらい体が大きくなってきて、それと同時に気持ちの方もあまり高くならず、平坦に来ているので、馬体面、精神面合わせて良い状態で来ていると思います」

(改めて、オークスへ向けての思いをお聞かせ下さい)
「桜花賞、オークスというのはもちろん大きな目標ですが、去年の暮れぐらいから馬の気持ちもそんなに上下なく、ずっと同じような状況でここまで来られたという事が一番良いかなと思います」

(2400mという距離についてはいかがでしょう?)
「これだけは、やってみないと分からないですね。特に東京競馬場の芝2400mはタフなレースになるので、そこのところは分からないです。ただ、この馬は普通にスタートしてもあの速さの馬ですから、自分の形に持っていければ落ち着いて走ってくれるのではないかと期待しています」

(道悪についてはどうですか?)
「正直、馬場が悪い時はあまり走らないのではと思っていたのですが、それでも前走はあれだけ走ってくれましたから、意外でした。今週末の天気予報を見るとそこまで悪くならないようなので、良い馬場で良い競馬ができるのではと思っています」

(ほぼ全てのレースでコンビを組んできた柴田大知騎手への信頼をお聞かせください)
「やはりこの馬のことをよく分かっていますし、思い切ったレースをしてくれるので、心強く思っています」

(最後にファンの方へメッセージをお願いします)
「去年の暮れからお正月のフェアリーSを含めて、良いレースをすることができていると思いますし、この中間も非常に順調なので、今週末も良いレースをできるように頑張りたいと思います」

柴田大知騎手のコメントは以下の通り。

(桜花賞3着を振り返ってください)
「前走も競馬に行くまでに色々と気をつけながらうまく調整できましたし、競馬の内容も思っていた通りのレースができたので、力を出し切れたのかなと思います。あの相手で3着ですから、やっぱり力があるんだなと再確認しました」

(その前走から今日までの様子は?)
「さすがにあの馬場で激走してくれたのでレース後は疲れていたようですが、身体能力の高い馬で回復も早いんですよね。その後すぐに乗り出せて、これだけしっかり追い切りが出きて、順調に来ているのだと思います。だんだんと走り方がダイナミックになってきていますし、精神的にもオンとオフを使い分けられるようになってきています」

(1週前追い切りはモヤでしたが、内容としてはどうでしたか?)
「我慢させるところは我慢させて、最後は息を作るような感じで、長めに追い切りました」

(ウッドチップコースにて単走で行われた、今朝の追い切りの手ごたえについて)
「先週かなりの負荷をかけましたので、今週はテンションを上げないようなるべくリラックスして走らせることを心がけました」

(オークスへ向けて、今のお気持ちは?)
「いつも通りですね。普段からやっていることをいつも通り行い、その延長線上で競馬へ行ければ、結果に繋がるかなと思っています」

(2400mという距離については?)
「まだ走ったことがないので、そのあたりが一番気をつけないといけないところかなと思います」

(馬場状態についてはどうでしょう?)
「馬場については気にしていません。前走も不良に近い馬場で脚を取られずに走っていますので、問題ないと思います」

(最後にファンへ向けてメッセージをお願いします)
「前走の桜花賞からここまで順調に来れましたので、力を発揮できる仕上がりになっていると思います。スマイルカナと一緒に勝利を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」


【オークス】美浦レポート ホウオウピースフル
大竹正博調教師のコメントは以下の通り。

(前走のフローラSを振り返って)
「周りに馬が密集した中で競馬を強いられたということで、かなり精神的なプレッシャーというのは感じていたのかなと思います。その中でも最後しっかり伸びてきたということは、今後に向けて大きな前進でした」

(中3週の中間の様子を教えてください)
「間隔が詰まっているからといって手加減することなく在厩で調整してきました。これまで競馬を使った後はテンションがなかなか落ち着かなくて、ずっと競馬の時と同じようなテンションを引きずっていることが多かったのですが、今回は在厩で様子を見ていたら、そのあたりはかなり払拭できてきて、オンとオフがしっかりできるようになってきました。一戦一戦、競馬でこちらが覚えて欲しいことをしっかり会得できているような感じです」

(ウッドチップコースにて併せ馬で行われた今朝の追い切りについて)
「トライアルから中3週ということで、先週ある程度負荷をかけておいて、今日は息を整えるぐらいにしようということと、併走馬のプレッシャーに対してどういうアクションをするのかを確認する狙いでした」

(距離2400mはどうでしょうか?)
「距離を伸ばしていこうとして長い距離だけを使っていると前残りの競馬に対応できるかわからないと思い、一度マイルの競馬を挟みました。その経験によってレースで強気に出たとしても、最後の脚が使えるのではないかと思います」

(桜花賞組との対戦という点はいかがでしょう?)
「本来クイーンCで良い成績を出せたら桜花賞に向かいたいと思っていたのですが、残念ながら桜花賞組の1頭になることはできませんでした。今回のオークスで桜花賞組と対戦することでこの馬がこの世代の中でどういう位置にいるのかを確かめる競馬になるのかなと考えています」

(ジョッキーは決まっていますか?)
「現時点でも未定ですが、候補として何名か決まっているところです」

(馬場コンディションについてはいかがでしょう?)
「オルフェーヴル産駒は渋っても成績が良いというデータが出ているとの話なので、馬場コンディションについてはそこまで気にしていません」

(理想の枠順、展開などはありますか?)
「前回包まれた中での競馬ができたので、内枠を引けたらと思います。スタートに関してはどちらかというと前に付けられるのでそこまで気にしていませんが、スムーズなレースをできたらと思います」

(馬体重はどれくらいになりますか?)
「現時点でプラス8キロぐらいなので、おそらくレースの時には前走と同じくらいで行けるかと思います」

(ファンの方へメッセージをお願いします)
「世の中少しずつ希望の光が見えてきて、そうした中でオークスを迎えますが、いずれ大きな舞台で皆さんと再会できるような馬になるために、ここでしっかり結果を出せたらと思います」


【オークス】美浦レポート マルターズディオサ
手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りはオークスに出走する3頭での併せ馬でしたが、その理由は?)
「調教過程は3頭とも順調に来ていて、ちょうど最終追い切りでかけたい負荷も3頭とも同じぐらいでしたので、一緒に行いました」

(この馬の最終追い切りの狙いについて)
「2週前と1週前と追いかける形の調教を行なって、それなりに前向きさが出てきたと判断したことと、3頭の中で最もレース数を使ってきたので、今週は負荷をかけたくないと思い先行させました。タイプとしては前に馬がいた方がいいのですが、今回は気持ちに余裕を持たせるために先行させました」

(オークスへ3頭送り出す今のお気持ちは?)
「調教師になって20年以上経ちますが、GIに3頭出すというのは初めての経験ですし、それも抽選でなくしっかりと出すことができるというのはすごいことです。今年の3歳世代は本当に頑張ってくれていて、頭が下がる思いです」

(桜花賞8着から中間を振り返って)
「デビュー以来堅実に走ってきましたので、当然桜花賞も期待して送り出しました。馬場が相当悪くなってしまい走ってみないと分からないというような状態でしたが、果敢に先行して勝ちに行く競馬をしてくれたと思います。最後は馬場に尽きるかなと思います。さすがにレース後はちょっと疲れが出ましたがその後1週間ぐらいで疲れは取れて、オークスへ向けて仕上げ直せたという感じです。常にそこまで人気にならない馬ですが実力はあるので、今回良い馬場で走ることができれば桜花賞とは違った結果になるかと思います」

(東京競馬場は初めてですが、この馬にとってアドバンテージになるでしょうか?)
「この馬は速い時計のレースの経験がありますし、時計勝負には強いところがありますので、今の東京は馬場が良ければ時計が出ますから、十分適性はあるのかなと思います」

(2400mという距離への適性は?)
「デビュー以来一貫して1600mを使ってきましたから、やはりマイルの馬なのかなという感じはします。それでも一生に一度のクラシックですし、3歳のこの時期の牝馬同士の戦いであるならば使ってみる価値はあるのではないかと思い、私の方からオーナーに進言しました」

(逆転に向けてのポイントはどの辺りでしょう?)
「元々スタートに難があった馬ですが、ここ数戦はスタートが良くて、前半は少し気持ちが高ぶるところがあるので、馬込みの中へ入れてリラックスできれば距離はこなせると思います。精神面は強い馬なので、最後にファイトできる展開になればと思います。馬込みに入れたいこともあるので、枠順は大外でなければ良いなと思います」

(馬体重については?)
「飼い食いも良いですし、体重も安定しているのであまり気にしていません。プラス、マイナス大きな変動はないと思います」

(ファンへ向けてメッセージをお願いします)
「桜花賞は私自身も期待して送り出したのですが、残念な結果になってしまいました。そこから1ヶ月、立て直してオークスへ向けて調整できています。桜花賞の借りを返したいと思って一生懸命頑張っていますので、もう一度応援していただけたらと思います」


【オークス】美浦レポート ウインマリリン
手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りについて)
「オークスへ出走する3頭で併せ、その真ん中を走らせました。この馬は操縦性がとても高く追い切りでもレースでも自由自在なので、間に挟んでもエキサイトすることはないだろうと思い、真ん中にしました」

(調教で騎乗したのは横山武史騎手でしたよね?)
「レースでは乗れませんが、これまで乗ってきていて、本来であれば今回も乗るはずでしたから、しっかり責任を持ってもらうという意味と、前回からの上昇度を感じて欲しいという意味で乗ってもらいました。武史騎手の話では、今まで乗ってきた中で1番感触が良かったようなので出来は良いのでは思います。レースでコンビを組む横山典弘騎手には先週の時点で乗ってもらっていて、その時に好感触を掴んでもらっています」

(馬体重について)
「前走と変わらないと思います」

(前走のフローラSを振り返って)
「東京の2000mということで枠順も良かったですし、良馬場の方が良いといつも横山武史騎手が私に言ってくれていたので、どれくらいの走りをできるか楽しみに送り出したのですが、こちらが思った通りというか、それ以上のパフォーマンスで勝ってくれて良かったです。東京を1回経験できたことと、珍しい気候(砂塵が巻き起こるほどの風が吹いていた)にも対応できたということで、今週末の東京競馬場がどういう状況になっても力を発揮できるのではないかと思います」

(鞍上が横山典弘騎手になるという点についてはいかがでしょう?)
「武史騎手が乗れなくなってしまったので、お父さんには頑張ってもらいたいです。典弘騎手は同世代で、私が調教師になった頃から一流ジョッキーで大舞台に強いですから、楽しみです」

(ファンへ向けてメッセージをお願いします)
「デビュー戦は遅かったのですが、はじめからオークスを使いたいと思っていて、これまで2000m前後を使ってきました。そうした馬がトライアルを勝って、こうして有力馬の1頭として本番を迎えられるというのは、ありがたいことです。期待に応えられるだけの出来にあると思いますので、ぜひ応援してください」


【オークス】美浦レポート インターミッション
手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りについて)
「この馬は体が小さいので、いつも加減しながら調教していて、体の維持というのを第一に考えて競馬を使ってきたのですが、桜花賞の後は季節的なこともあり食べる量が増えてきて強めの調教を行えるようになってきました。先週も外に併せましたが動きが良かったものですから、今週はしっかり負荷をかけようと、3頭の一番後ろから行かせました」

(デビューから前走までを振り返って)
「デビューから一貫して1600mを使ってきました。入厩してきた頃はそれほど目立つ感じではなかったのですが、デビューへ向けて調教をこなすにつれて血統の良さが出てきたという感じです。デビュー戦を勝たせてもらって、その後の特別戦は3着でしたが悪い内容ではなかったと思います。その後間隔をあけて、アネモネSを使い勝たせてもらいました。前走桜花賞については、デビューからの3戦でやや重の経験は何度かありましたから馬場はゆるくても大丈夫なのかなと単純に考えていましたが、さすがにあの馬場では勝手が違ったようで、レースに参加するだけという感じになってしまいました」

(その後の中間について)
「桜花賞の疲れ自体はあまりなかったので、すぐオークスに向けて再調整したということもあって、体のハリなどをみていると随分良くなったというのが分かりますし、調教も今までにないぐらい強めの内容で行えているので、この馬の中では充実しているのかなと思います」

(馬体重について)
「少しプラスになるかと思います。この馬にとっては良いかと思います」

(デビュー戦からずっと手綱を託している石川裕紀人騎手について)
「彼がデビューした時からうちの厩舎を手伝ってくれて、たくさん勝ち星もあげてくれていますから、なんとかうちの馬でこういう舞台に立って欲しいと思っていました。相手も強いですので、参加するだけでなくひと泡吹かせてやろうというような気持ちで乗ってくれたら、面白いのではないかと思います」

(最後にファンへ向けてメッセージをお願いします)
「とても小さいディープインパクトの子どもですが、体以上に血統的には距離が持つと考えてオークスを使わせてもらいます。メンバーはとても強くて厳しい戦いになるかもしれませんが、少しでも上の着順を目指して石川くんも頑張ってくれると思いますので、人馬への応援をお願いします」


【オークス】栗東レポート アブレイズ
藤井勘一郎騎手のコメントは以下の通り。

・(初の重賞制覇となったフラワーCは)スタートもスッと出てくれましたし、いいポジションで道中も運べて最後は押し切ってくれました。非常に強い内容だったと思います。これだけの素質のある馬を任せて頂いて関係者の皆さんには感謝しています。調教もデビュー前からつけていたので馬の成長面や、レースで力を発揮しているところとか、感じられることが嬉しいですね。

・(一週前追い切りは)ビシッとCWコースで併せ馬をして、最後は突き抜けるような感じで追い切りました。しっかりと負荷をかけた調教でした。重賞を勝った後に牧場へ戻ってオークスに向かうということだったので、しっかりと負荷をかけて馬の反応も良かったです。今週は東京競馬場への遠征も考えてそこまで(強く)やらない予定でしたから、いい一週前追い切りでした。

・(今日の最終追い切りは)先週はびっしり負荷をかけましたが、今朝は坂路を単走で、いい意味で力も抜けていました。2400mを走るわけですからそういう点は良かったと思います。

・今までは右回りでしか走っていませんが、調教では右手前、左手前、得手不得手は見当たらないのでそこまで気にはしていません。

・自分自身も過去のオークスを振り返って多くのリプレイを見ました。また今回のメンバーのレースを見ていろいろな展開を考えました。そんな中こういう(騎乗)機会をいただいて日々集中できることが楽しいですね。

・前走は2番手からのレースでまだフワフワするところがありましたが、それが2400mで折り合いにつながったらなと思います。血統面からみても東京競馬場の2400mは面白いと思います。

・スタートセンスが良くて2戦2勝と底をみせていませんから、この馬の可能性に期待したいです。ファンのみなさんに応援していただきたいです。


【オークス】栗東レポート デアリングタクト
杉山晴紀調教師のコメントは以下の通り。

・(桜花賞は)直前で雨がかなり降ってきて緩い馬場になってしまったので、正直やってみなければわからないという気持ちで見ていました。強い精神力を持っている馬なので、最後まで走り切ったその姿には私自身感動しました。

・(中間は)新馬戦の時からレース後、疲れがみられるタイプの馬です。特に重馬場でしっかり走ったのでトモの周りに疲労がみられ、放牧先でしっかり立て直してまた入厩したという形です。

・(一週前追い切りは)桜花賞の時と同様にCWコースでやりましたが、違う点は、前回は併せ馬で今回は単走です。間隔も詰まっているということで馬の行きっぷりという面も考慮して、単走でリズム良く気持ち良く馬が走れるように、直線は反応を確かめるようにという指示をしました。内容的にキャンターのおろしから、思った通りにリズム良くリラックスして、馬がのびのび走っていましたので、いい調教が出来たと思います。

・(今朝の最終追い切りは)桜花賞の当該週の時と同様、坂路で行きました。昨日までの雨で下が緩くなっていたので、テンだけ大事に乗って欲しいという指示で、後は騎手に任せてという感じでした。時計的にも下が緩い分、55秒ということで、全体の時計は目立ちませんが、馬がリラックスして走りに集中して申し分の無い内容でした。上がりも落ち着いて歩いていましたし、息の入りも良くコンディションとしては満足いく内容でした。

・(距離に関しては)やってみないとわからないとしか言えません。1600mでもハミを噛もうとするところがあります。しかし、騎手が抑えればスッと騎手の手の内に収まります。いかに折り合いをつけ切るか、そこに尽きると思います。長距離輸送も初めてですから、その点もどうなるかというところです。厩舎として東京遠征は数多くやっていますし、スタッフにもノウハウはあります。心配はしていません。左回りも初めてですが、これもやってみないとわかりません。しかし、調教の動きで気になるところがありませんので、大丈夫だと思っています。

・この馬はゲート裏でテンションが上がるタイプです。そういった点では自分自身との戦いです。それに勝って最後の直線まで脚を溜められるか、そこに尽きると思います。

・オンとオフがしっかりして、レース後の疲労回復が早い馬です。この時期になってかなり冬毛も抜けて、コンディションが確実に良くなっているのを感じます。

・桜花賞は強い勝ち方が出来ました。更に強いステージに上がれる馬だと思っています。今回はいくつもの壁がありますが、ここを突破できればGI馬の中でも特別な馬になれると思います。強いデアリングタクトをお見せするため当日まで頑張ります。

松山弘平騎手のコメントは以下の通り。

・(桜花賞は)当日は雨で馬場のコンディションも悪い中とても強い勝ち方をしてくれました。スタートして少し力むところがありましたが、外に出してからはリラックスして走って最後は素晴らしい脚を使ってくれました。道悪もしっかりこなしてくれました。

・(一週前追い切りは)ある程度動かしてという指示でした。単走でしたがしっかりといいコンタクトで動きも良かったと思います。

・(今日の最終調整は)基本的には(先生から)任せていただきました。基本自分の感覚で終い重点でということ。ただあまりやり過ぎないように(意識はしていましたが)動きは良かったと思います。時計自体は目立ちませんが、しっかりまとまっていて最後の1Fもいい動きだったと思います。焦れ込むところはありますが走っている感じでは(桜花賞と比較して)更に上がっているかなと思います。

・(オークスの舞台設定は)距離自体はこなしてくれると思います。ツーターンの競馬になりますので折り合いが鍵となります。その点に注意してリズム良く走れればまたいい脚を使ってくれると思います。

・調教乗った感じでは左回りも問題無いと思います。枠順に関して意識はしていません。

・乗っている感覚では(使われつつ)ドンドンパワーアップしている感じです。先週、今週と追い切りに乗ってドンドン上向いている感じです。その点でも成長を感じます。

・無敗でここまできて注目されています。期待してくださっている方も多いのでしっかりその期待に応えられるよう頑張ります。


【オークス】栗東レポート デゼル
友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

・(スイートピーステークスは)二戦目で初の東京輸送、いろいろ初めてのことを経験するので心配でしたが、それが杞憂になるぐらい素晴らしい脚で走ってくれました。こちらが思っていた通りの内容でした。直線に向いて騎手がゴーサインを出してからの反応は素晴らしいものがあったと思います。

・デビュー前から秋には良くなるかなと思っていましたが何とか今回間に合ってよかったと思っています。

・(使われながらの変化は)初戦は初めてということでゲートの出も良くありませんでしたが、前走は普通にゲートを出て馬混みでも折り合いをつけて学習能力の高さを感じます。右肩上がりの成長が続いている感じです。

・(中間は)間隔も詰まっているので、そこだけは心配でしたが幸い栗東トレーニングセンターに戻ってきてもダメージも無く、その週の木曜日から乗り始めて先週の日曜日、実質の追い切りになりました。左回りで追い切りましたがいい動きだったと思います。一週前(追い切りが)水曜日なら前走からの間隔も詰まりすぎていること、日曜日は左回りで乗れることからの日曜日の調整でした。二頭を前に置いて後ろから追いかけてラスト重点でしたが全体の時計も優秀でしたし、追ってからの反応も良かったと思います。

・(今朝の最終追い切りは)調教助手が乗って坂路で単走でした。輸送もありますし、先週の日曜日である程度身体は出来上がっていると判断して、今日は54秒から55秒で馬なりでサッと上がってくるようにという指示でした。その(指示)通りのいい動きでした。

・デゼルの状態は万全でだせると思います。血統的にもここニ走の内容からムキになるところも無いので距離はこなせると思いますし、前走と同じレーン騎手が乗れるので安心して任せられます。

・初めてのGIなので全馬が気になります。

・普段は大人しい馬で、レースにいっての折り合いも問題ありません。オンとオフがしっかりしている馬です。お母さんがアヴニールセルタンでフランスオークスを勝った馬です。その娘で日本のオークスを勝ちたいと思っているので応援よろしくお願いします。


【オークス】栗東レポート ミヤマザクラ
藤原英昭調教師のコメントは以下の通り。

・(桜花賞は)期待してというか、実力が1600mでどんなものか試したく、そういう意味では良馬場で走らせたかったのですが、さすがに馬場が悪化しすぎましたね。そんな中でもジリジリ伸びていることは評価できます。

・(中間は)この馬は精神面も安定していますし、身体もあって、飼葉もしっかり食べます。あの厳しいレースの後ですが、回復は今の牝馬にしては順調です。

・(中間の追い切りは)先週は武豊騎手、先々週は岡田騎手が乗ってやりました。桜花賞でもしっかり作ったので、そこまで強い調教はいらないということです。先週に関してはペースメーカーをつけてCWコースで83秒から84秒、ラストはどれだけ馬が反応して気持ちよく走るのか確かめて欲しいと武豊騎手にお願いしました。指示通りきれいな追い切りが出来ました。

・明日の(追い切りで)坂路で大き目の調教をして競馬に向かうという計算通りの調整です。先週で馬は仕上がっています。馬主体に順調にきています。

・この馬はデビュー当時から、長めの距離を走らせるレース選択でやってきました。精神面で落ち着いてしっかり飼葉を食べることが大きいですね。身体も増えて、良いと思います。

・後は武豊騎手に任せます。勝ち切るだけの力はあります。今の時計が出る東京の馬場はパフォーマンスが上がると思います。牡馬と戦っても遜色ない馬と思っています。京都2歳ステークスで負けて方向転換しましたが、今回は最高の舞台で、馬も絶好調なので期待しています。

武豊騎手のコメントは以下の通り。

・(桜花賞のレースを見ての印象)厳しい馬場状態の中、最後まできっちり走りきっていた印象です。 何度も同じレースに乗って2歳の時から注目していた馬です。実力を持った牝馬という印象です。

・(一週前追い切りに跨って)桜花賞の後もコンディションは良いと聞いていました。一週前ということである程度ラスト伸ばす感じで乗って欲しいということでした。あとは自分から感触を掴んで欲しいと言われました。動きも良かったですし、いい追い切りだったと思います。

・一週前追い切り後も馬がいい状態になっていると聞いています。状態としては問題ないのではないかと思っています。

・(今回の舞台)東京競馬場では重賞も勝っています。距離の2400mは初めてですが2000mまではこなしていることから、桜花賞からの逆転ということを考えると今回の舞台はいい方に出る可能性があります。

・(折り合い面は)追い切りもそうでしたし、過去のレースを見ても少し前向き過ぎるところがあります。折り合いは少しポイントになるのかなと感じます。

・桜花賞馬はここまで強いレースをしていますし、当然一目置いています。ただ今回の東京2400m、おそらく良い馬場状態でできそうですし、逆転を意識して乗りたいです。他にも強い馬がいてかなりハイレベルな一戦になりそうですね。

・良い馬を依頼していただきました。いいレースをして勝てれば一番いいですね。頑張ります。
スポンサーサイト