採れたて!トレセン情報

美浦『聞き屋』の囁き
ベテランとの初コンビで能力覚醒!


無敗の桜花賞馬デアリングタクトVSその他、という構図となっているオークス。

対抗馬の1番手として期待されているのがデゼルだろう。

桜花賞組はデアリングタクトに完敗しており、そうなると別路線組から探したくなるもので、スイートピーSの圧勝、血統面、そして鞍上のレーン騎手と魅力はあるが、実績を考えると過剰人気になりそうなので妙味はない。

ただ、レーン騎手はフローラSで2着だったホウオウピースフルとデゼルの2択でデゼルを選択。

断られたホウオウピースフルは前走時のレーン騎手の談話によれば、折り合いとスムーズさを欠いた分の2着で力負けではないとコメント。気性面を考えると距離延長が微妙とも言っていたが、能力の高さは間違いない。

そのホウオウピースフルを断って選んだデゼルなので、やはり期待されてしまうのは仕方がないところ。

過去に3戦目でスイートピーSを制して4戦4勝でオークス馬になったカワカミプリンセスがいたが、3戦目でオークス制覇となれば史上初の快挙。

今年のクラシックは桜花賞、皐月賞ともに無敗馬が制しているので、2戦2勝のデゼルも今年の流れなら、あってもおかしくない。

話は戻るが、ホウオウピースフルは内田騎手とコンビを組むわけだが、実は福永騎手とのABでの投票だった。

福永騎手の先約だったリリーピュアハートが6分の2で出走が可能となる抽選で、その抽選に漏れた場合は福永騎手、通った場合が内田騎手となり、今回は6分の2を突破して内田騎手となった。

ABでの投票の時点でどちらを乗せたかったかは明らかだが、決まった以上はそこで戦うしかない。

ベテランとのコンビで新たな面を引き出すことができれば、あっと言わせることができるかもしれない。

関西事情通のちょっとイイ?話
乗り替わりの多い平安S


いよいよ次週には競馬の祭典、東京優駿・日本ダービーを控え、春の競馬も佳境を迎える。

その前週となる今週は、牝馬の3歳NO1決定戦と言える優駿牝馬・オークスが行われる。

と同時に、土曜日には京都で重賞の平安ステークスが行われるのだが、コロナウイルスの影響で、騎手には移動制限があり、土日は同じ競馬場で騎乗しなくてはならず、ルメールやミルコの関西所属の外国人騎手を始め、川田・武豊・福永・松山・和田と、リーディング上位騎手の多くがオークスで騎乗するため、土曜の平安ステークスでの騎乗は出来なくなっている。

それでも、出走馬の方は、ルメールのお手馬で現役ダート馬では実績NO1のゴールドドリーム、ミルコのお手馬オメガパヒューム、このGI馬2頭も主戦では無いジョッキーに乗り替わり、武豊騎手鞍上で3連勝中のロードレガリス、藤岡康太騎手でオープン入り後重賞勝ちを含む3戦2勝のスワーヴアラミスなど、新興勢力の有力馬も乗り替わりとなっている。

そんな中だからこそ、逆に乗り替わらない馬には注目となる。

前走と同じジョッキーが手綱を取るのは、関東馬ではアシャカトブ、関西ではダンツゴウユウとヴェンジェンスの2頭。その中でも注目は…

新馬戦から手綱を取り、その後何度かほかのジョッキーに手綱を譲った事はあれど、勝ち星の7つ全てをその主戦騎手で上げているヴェンジェンスには注目してみたい。その鞍上は幸騎手、ここのところもずっと騎乗している。

特に4走前は、今回と同じ京都の舞台の重賞みやこSを見事制し重賞ウイナーとなった。

その後、GIチャンピオンズCは7着、東海ステークスで2着、そして再びGIのフェブラリーSでは、もともと得意ではない左回りに加え、初めてのコース、初めての距離でとまどいもあった様子。

今回は実績ある舞台に変わり、例えGI馬が相手でも、その主戦騎手のアドバンテージとコース実績を考えれば十分逆転も考えられる。

状態の方も、使い込むよりはフレッシュな時の方がいいパフォーマンスを魅せる馬。中間の3カ月の休養は大きなプラスだろう。

実績と、その走りのインパクトが弱いため人気になりにくいが、十分チャンスのある一頭だろう。注目してみたい。





田中正信さん

平安Sの追い切り注目馬

■5月23日(土)
京都競馬場 ダ1900m 別定
平安S(GIII)


■2枠2番ロードレガリス
厩舎:野中賢二(栗)
騎手:池添謙一
馬主:(株)ロードホースクラブ
生産:ケイアイファーム

6連勝中と本格化ムードの馬。前走から3か月以上の間隔が空いているが、乗り込みそのものは入念だ。4月上旬から厩舎で調教を開始して、1か月以上もしっかりとこなしてきた。1週前には栗東CWコースで長めから。もともとけいこでものすごく動く馬ではないが、6F81秒2-ラスト11秒6なら申し分ない。何より目立ったのはハミ受けの良さと集中力。前走でも最後にふわふわした面があったように、気性という点ではまだまだGIレベルではなく成長途上。ただこの中間はいつもに増して集中力があり、休養によって落ち着きが出てきた感じがある。それによってハミ受けもスムーズになり、乗り手に対して従順さが出てきた。今週も栗東CWコースで6Fから。もう体が仕上がっているとの判断か、序盤からゆったりと運び、85秒1-12秒1だった。無理せず前の馬に追いつこうとしなかったこともあり、最後はやや遅れてのゴール。走りそのものに文句はないし、馬体もたくましくてパワーは十分。ただ欲を言えば、時計を含めてもっとこちらにインパクトを与えてほしかった。圧倒的な何かを感じるまでは至らずだ。先週が良かっただけに、やや拍子抜け。その分、冒頭のような表現になってしまったのだが、過程を考えれば悪いということもなく、むしろ久々としてはいい仕上がり。


■4枠5番オメガパフューム
厩舎:安田翔伍(栗)
騎手:北村友一
馬主:原禮子
生産:社台ファーム

気温の上昇につれて動きに切れが出てくるタイプで、今回も同じような感じ。冬場はどうしても硬さが残ってしまう。それでも結果が出ているのだから、能力は推して知るべしなのだが。4月16日に初時計。その後も順調に調教を重ね、追うたびにトモも膨らんできた。先週は息をつくる意味合いもあったのか、栗東CWコースから長め。6F82秒0-12秒1を馬なりでマークしており、追走した相手に併入した。この時点ではまだ反応に鈍い面があり、まだ良化途上と思えたのだが、このひと追いで馬もスイッチが入ったのだろう。今週はそのあたりもかなり改善されていた。同じく6Fからの追い切りで、相手を7馬身近くも追走する形。直線では大外に進路を取り、気合を付けると四肢をグイっと伸ばして回転力あるフットワーク。地面を叩きつける感じなんかはピーク時を思わせるもので、6F83秒1-12秒0で併入に持ち込んだ。追われての反応、迫力ともさすがとうならせるレベル。これなら久々でも全く問題はなく、むしろ心身とも充実している。それでも2番手に下げたのは、やはり見た目には皮膚の皮が一ほど厚いように見えたから。ここを使えばさらによくなってきそうで、おそらく次走で使う帝王賞はピークとなるだろう。上積みを残しているが、すごくいい形での始動戦にはなる。


■5枠7番ゴールドドリーム
厩舎:平田修(栗)
騎手:藤岡佑介
馬主:吉田勝己
生産:ノーザンファーム

早くから活躍したダート界の雄も、7歳の春を迎えた。さすがに馬体はピーク時ほどの若さがなく、シルエットもボテッとするようなときが増えた。気合に関しては昔がやや前向き過ぎるような面もあっただけに、むしろ今くらいがちょうどいいのかな、と思う。さて、今回の仕上がりだが、海外帰りで7歳にしてはかなりいい部類ではないか。追い切り本数はわずかに4本。5月5日から時計を出し始めており、他の馬に比べると乗り込み量は間違いなく少ない。それでも動きには切れがあり、走っているときのフォームがいい。この馬らしいバネと迫力を兼ねた動きで、重心も沈んで上手に体が使えている。もちろん、往年の鬼気迫る雰囲気はないのだが、馬が年齢を重ね、自分で体をつくる術を覚えた、という感じだ。先週は栗東CWコースで6F追い。80秒9-12秒1を一杯に追ってマークしている。しなやかで四肢も体と連動し、ほれぼれするような動きだった。これで馬体に若々しさがあれば、文句のないレベル。今週は栗東坂路。しまい重点だが最後があっさりと突き放し、ラストは12秒1の鋭さ。今のこの馬としては仕上がり良好。年齢に抗えない部分はあるが、チャンスはありそう。


■6枠10番スワーヴアラミス
厩舎:須貝尚介(栗)
騎手:松田大作
馬主:(株)NICKS
生産:(有)社台コーポレーション白老ファーム

マーチSで重賞初制覇。とはいえ、レースぶりにはまだ荒々しさが残っており、直線ももたれてしまった。道中も反応は鈍く、押っ付けながらも追走。まだ若さ全開だ。最後は根性と能力でしのいだだけ。スケールは感じる馬だが、あとはどこまで気持ちが前向きになるかだろう。そこに出世のカギがある。この中間はその変わり身に期待したが、結論としてはまずまずといったところ。1週前に栗東CWコースでかなりの負荷。6F79秒台でラストまでビシビシと追ってきた。これだけやれるのは体が充実している証拠。今週は坂路。先週に引き続き松田騎手が騎乗し、しまいまで負荷をかけている。2週連続で意欲の感じる内容。馬体の張りも良く、胸前も重賞馬らしい迫力が出てきた。トモは丸みを帯び、さすが充実期の5歳。しかしこの2週はどうも騎手とのコンタクトが万全には見えない。全体的なリズムにはやや不満が残るところ。気性に難しさがある馬。以前に騎乗経験のある松田騎手だが、当時とは馬も違うだろう。ただ、前走時のようにリズムが悪いとさすがに好勝負は厳しいメンバー。


■7枠12番マグナレガーロ
厩舎:角居勝彦(栗)
騎手:北村宏司
馬主:(有)シルクレーシング
生産:ノーザンファーム

骨折で1年以上に休みを余儀なくされたが、復帰してからは連勝中。5歳でもまだキャリアは5戦。使っていない分、馬はまだまだ若々しく、肌ツヤやトモの張りは3歳くらいの馬ではないか、と勘違いしてしまうほどだ。伸びしろはかなりあるだろう。骨折から復帰後は栗東坂路とポリトラックの併用。本当はCWコースで負荷をかけてほしいのだが、やはり脚元を気にしているのかもしれない。今回も同じパターン。1週前にはポリトラックで5F追いを敢行し、全体時計は67秒台だった。時計の出るコースだけにこの数字は不満で、先週時点では高評価を与えるつもりはなかったのだが。今週の栗東坂路ではかなり鋭い動きを見せており、急上昇させた次第。まず序盤の気合が良く、ハイラップで進んだ。しまいは容赦なく負荷をかけ、4F52秒3-12秒6。さすがに最後は馬も疲れている感じが見受けられたが、この日はかなり時計のかかる馬場。数字的にも優秀で、これだけやれたのは勝負気配の表れでもある。引き上げてくる馬の姿にも迫力があり、体の芯もだいぶしっかりしてきた感じ。バランスが良くなってきたことで、普段のダクでも非常にリズムがいい。全体的に筋が一本通ってきた。本格化はさらに先と思えるが、いい形での成長曲線を描いている。今週のひと追いでさらに体は引き締まるだろう。面白い存在。




坂井千明さん

【平安Sの追い切り診断】すこぶる順調にきているオメガ。連勝のロードが追い切りからはよく見えず…

■アシャカトブ【B】
反応は良かったんだけれど、少し走りが硬い。まあダートだからこれぐらいでも走れるとは思うよ。あとは前走のハンデ戦から斤量が重くなった上で、このメンバーでの力関係でしょう。

■ヴェンジェンス【C】
相変わらずトモが開くね。首の使い方も今ひとつ。いつもそうだけれど、あの追い切りからは「素晴らしい」とは言い難いよ。

■オメガパフューム【A】
体を使った走りができてる。それでいて力強い。追われてからの反応も良かったから、いい意味で順調といっていいでしょう。

■ゴールドドリーム【A】
体をしっかり使えていたし、力強さもあった。海外帰りになっても、まずまず順調と見ていいね。

■スマハマ【C】
体は使えていたけれど、追われてからの動きがモサっとしていた。まだ少し重いのかもしれないね。

■スワーヴアラミス【B】
体を使えていたけれど、前回と違うところは少し力んでいたところ。前回はもっと気分良く走れていたね。今回は少し手脚の持って行き方が重い。このひと追いでどれだけ良くなってくるか…だね。

■ダンツゴウユウ【A】
跳びが大きくてゆったりした動き。すごく気分良く走れているね。状態は良さそうだから、あとは自分の競馬ができるかどうか。

■ハヤヤッコ【A】
体を使って気分良く走れている。至って順調といったところだけれど、今までとは格段に相手が強力になるからね。その力関係がどうか。

■ヒストリーメイカー【C】
力強い動きで体は使えてはいたけれど、追ってからあまり変わるところがなく反応が今ひとつ。

■マグナレガーロ【B】
体は使えていたけれど、反応がないね。レース間隔があいているところも影響しているのかな。

■ミツバ【C】
全体的に動きが重い。バタバタしている感じ。上に促されて仕方なく体を動かしている感じがする。

■ロードレガリス【C】
頭が高くて体はあまり使えていないくて、トモの弱さも解消していない。それでも中央に戻ってから連勝しているように、スピードに乗ったときにはいい走りをするからね。競馬に行っての能力はあるけれど、追い切りからすれば決して良くは見えない。

まず良かったのはオメガパフューム。ダート馬にしては体がない馬だから、59キロは気になるところだけれど、状態はすこぶる良かった。それからダンツゴウユウに、相手関係がどうかだけれどハヤヤッコ。実績のあるゴールドドリームも仕上がりとしては順調にきているね。力をつけてきたスワーヴアラミスはこのひと追いで、あとは一線級を相手に試金石というところかな。追い切りからオススメというわけではないけれど、競馬に行って楽しみなのがロードレガリスだね。


【A】=水準以上の動き。調整過程は良好
【B】=デキは平凡。特筆すべきポイントなし
【C】=状態面に不安アリ
【危】=好調時とくらべて著しく状態が悪い。危険な人気馬
【VIP】=先々が楽しみな素質馬




競馬コラム「水島晴之の単複で買え」

シングンバズーカのゴール前差し切り決まる/早苗賞

新潟10R (9)シングンバズーカに期待する。未勝利を勝ってすぐに挑戦した共同通信杯(6着)の内容がいい。中団から内を通って差を詰め、一瞬「オッ」と思わせるところがあった。上位2頭には離されたものの、重賞ウイナーのマイラプソディとは0秒1差の接戦だった。柴田善騎手は「体が緩くて、まだ全然。それでこれだけ走るんだからね。いずれ走ってくるよ」と評価した。
前走は3角から外を回って、0秒6差届かずの3着だが、通ったコースを考えれば上々の内容。1分32秒台の高速決着に対応できたのも収穫だ。本当に良くなるのは秋だろうが、少しずつだが確実に上向いている。エンジンのかかりが遅いタイプで、直線の長い新潟外回り芝1800メートルも歓迎。ゴール前の差し切りが決まる。単4000円、複6000円。(ここまでの収支 マイナス8万7700円)
------------------------------------------------------------------
結果

新潟10R ⑨シングンバズーカ 7着




栗山求さん

京都11R 平安S(G3) ダート1900m OP 別定

◎10スワーヴアラミス
○2ロードレガリス
▲7ゴールドドリーム
△5オメガパフューム
△11ヴェンジェンス
△12マグナレガーロ

<見解>
◎スワーヴアラミスは
「ハーツクライ×スライゴベイ」という組み合わせ。

母ベイトゥベイは
ナッソーS(加G2・芝8f)、
ナタルマS(加G3・芝8f)の勝ち馬だが、
産駒はダートに向いており、
本馬とその全弟デッドアヘッドは、
いずれも父がハーツクライでありながら
ダートでしか勝ったことがない。

母の父スライゴベイが
サドラーズウェルズを父に持つ重厚な血統構成で、
それがパワー方向に適性を寄せているのだと思われる。

それに加えて、
成長力の源泉となっており、
4歳夏からトップクラスへぐんぐん上昇して行ったのも
この血の影響だろう。

前走のマーチS(G3)で
重賞初制覇を成し遂げたが、
まだまだ強くなる可能性を秘めている。

2番手追走から抜け出すレースぶりは安定しており、
今回は57kgの別定重量で出走できる。

実績上位馬よりも軽いこの斤量なら勝機はある。





【平安S】京都ダ1900mコースデータ&注目馬
狩野雄太さん


◆平安Sのポイント◆
JRAで唯一1900mで行われる重賞。近3年の好走馬を見ると、ダ1900m~2000mのオープン・重賞実績を持つ馬が目立つ。中でも前走1600mや1800mで負けていて、距離を延ばしてパフォーマンスを上げるパターンが多い。

ダート中距離の重賞にしては珍しく、近年は末脚も重要。昨年は後方からメンバー1~3位の上がりを出した馬が上位を独占した。2018年も上がり1位と2位が馬券に絡んだ。堅実にメンバー上位の脚を使っている馬が激走する。

◆平安Sの注目馬◆
ミツバ 11着
ダート1900m以上の実績はこのメンバーでも上位。最近の敗戦は地方と左回りばかりで、中央の右回り戦ではほとんど上がり1~3位を記録している。条件替わりで人気が落ちる今回が狙いだ。





水上学の血統トレジャーハンティング

土曜京都11R 平安S(G3)
◎本命馬
②ロードレガリス
(牡5、栗東・野中厩舎、池添騎手)
現在の中距離ダート界の若き王者クリソベリルの名はもちろんないが、今年はG1馬(交流含む)が3頭出走してきた。ただ、今年は上がり馬の新興勢力もかなり魅力的。私が期待する3頭はいずれも5歳馬ではあるが、そろそろクリソベリル以外の馬たちも世代交代の狼煙を挙げる頃だろう。

その3頭から、期待は②ロードレガリスだ。

同じハーツクライ産駒スワーヴアラミスとの比較となるが、実際に1度、同じ京都1900mの舞台で破っていること、当時と同じく、斤量を1キロもらっていること、さらに、母方がサドラーズウェルズ系のスワーヴに比べて、こちらは母の父がフサイチペガサスであり、よりダート中距離の要素が濃くなっていること。またスワーヴアラミスは、直線坂コースの方がパフォーマンスが高いこと。これらの理由から、今回はロードレガリスが上とみる。

また対実績馬については、オメガパフュームが59キロ、また海外帰りでかつ距離不適とみるゴールドドリームなら今回は勝てる。このまま勢いに乗って、重賞初勝利を達成とみた。

$お宝馬
③ヒストリーメイカー
(牡6、栗東・新谷厩舎、畑端騎手)
実績は足らないが、京都巧者、かつ前で競馬ができる強みから、1頭穴馬を探せと言われればこれとなる。前走はクリンチャーを下しており、能力もまだ侮れない。

相手上位は ⑩スワーヴアラミス、⑫マグナレガーロ。 押さえに ⑪ヴェンジェンス、⑤オメガパフューム。




境和樹の穴馬券ネオメソッド

京都11R 平安ステークス(GⅢ)(ダ1900m)

2020heians01.png

平安Sは、米国血統保持・内包馬がパフォーマンスを上げやすいレース。

特に〝米国型”ヴァイスリージェントとフォーティナイナー系に注目。

2020heians02.png

ヴァイスリージェント系の中でも、日本でお馴染みのフレンチデピュティ~クロフネのラインではない、より米国性の強いラインが好調。

フレンチ~クロフネのラインを否定する必要まではないかもしれませんが、ヴァイスリージェント系全体の好走率を考えると、好走例が18年5人気3着クインズサターンの母父クロフネのみというのが、いささか物足りない成績。
米国性という大テーマを考えると、フレンチ~クロフネのラインは日本ダート戦への適性が高すぎるため、このレースとは微妙に適性がズレると考えることができます。

2020heians03.png

米国ダート血統の代表格のひとつであるフォーティナイナー系も、コンスタントに穴馬を送り込んでいます。
昨年は、12人気2着モズアトラクションの母父がフォーティナイナー系に属するコロナドズクエストでした。17年にも母父フォーティナイナーのマイネルバイカが15人気3着とアッと驚く激走を果たしています。

ちょうど今週頭に訃報が届いたフォーティナイナー。
短距離血統のイメージが強く、中距離戦では不当に人気を落とすことが多いものの、実は意外に距離の融通が利くタイプが多いことは、この系統がチャンピオンズカップの穴血統であることからも明らか。ダ1900の平安Sでも、見逃せない穴血統になります。

非フレンチデピュティ~クロフネ・ラインのヴァイスリージェント系、フォーティナイナー系にフォーカスを当てて候補馬をピックアップ。

①アシャカトブ
(父母父ザプライムミニスター)

⑤オメガパフューム 1着
(父スウェプトオーヴァーボード)

⑥ヒロブレイブ
(父母父デピュティミニスター)

⑨ミツバ
(父母父デピュティミニスター)

⑪ヴェンジェンス 2着
(父母父デピュティミニスター)

⑪ヴェンジェンスは、父カジノドライヴが母父にデピュティミニスターということで、同系統内包馬にあたります。

前走はGⅠだったこと以上に、不得手の左回りと敗因ハッキリ。完全に度外視していいでしょう。
京都コースはみやこS勝ちなど実績のあるコースで、舞台替わりは極めて大きな強調材料。GⅠ馬、上がり馬の台頭で人気の盲点になりそうな今回は絶好の馬券機になりそうです。
結果 ⑪ヴェンジェンス 2着  複勝配当190円



土曜メインレース展望・柏木収保

【平安S】有力馬が「テン乗り」で傾向が異なる可能性も

荒れない別定重賞だが今年は?


 近年、過半数の馬が乗り替わりになるレースは珍しくないが、感染防止のための土日のジョッキー移動制限により、内からロードレガリス(池添謙一)、ハヤヤッコ(斎藤新)、オメガパフューム(北村友一)、ゴールドドリーム(藤岡佑介)、スマハマ(坂井瑠星)、ミツバ(松若風馬)、マグナレガーロ(北村宏司)、アッシェンプッテル(太宰啓介)。

 8頭もが、単なる乗り替わりではなく「テン乗り」になった。それもほとんどが有力馬であり、新しい1面が引き出される可能性が生じたと同時に、さすがに8頭もテン乗りとなると、マイナスにつながる危険も大きい。あまり荒れないダートの別定重賞だが、今年はそうとはいえないだろう。

 その中でヴェンジェンス(父カジノドライヴ)は幸騎手のお手馬。ここまでの全7勝をコンビで記録し、通算【7-6-2-7】。フルに良さが発揮できるはずだ。

 それだけではなく、パワー型というより時計勝負、切れ味勝負型。3走前のチャンピオンズCの自身の上がり3ハロンは35秒6。2走前の東海Sは35秒7だった。今週の京都のダートコンディションは合う。

 また、今回は3カ月の休み明けだが、骨折で1年半の休養明けだった4歳初戦を別にすると、2カ月半-3カ月程度の短期休養明けは、新馬を含めて【4-1-0-0】。ポン駆けには抜群の良績がある。

 昨年10月、初の1800mをこなして2着したのが京都コースの太秦S(重)。続く「みやこS」で初の重賞制覇を果たしたのも京都のダート1800mだった。だいたい5番人気前後と思えるが、軽いダートの印象を与える今週の京都なら、逆転の追い込みが狙える。

 今春、すでに昨年夏に早世(14歳)していたことが伝えられた父カジノドライヴ(その父 Mineshaftマインシャフト)は、残念ながら活躍産駒はあまり多くなく、このレースにそろって出走するヴェンジェンス、ヒロブレイブが代表格になる。2戦目にいきなりUSAに渡って勝ったのがダート9FのGIIピーターパンS。産駒のこなせる距離の幅は広いが、今回のダート1900mはヴェンジェンスにとってベストに近い距離と思える。
スポンサーサイト