こんにちは

かつては、この法則でおいしい的中をものにしてきたのですが、一昨年全く通用せず昨年は参考にしませんでした。
もう一度この法則を検討してみたいと思います。

まずは2018年の記事です。

宝塚記念の法則
Date: 2018/06/19(Tue) 10:56
こんにちは

目立つように大げさなタイトルにしました。(#^.^#)

このデータに該当した馬が14年間1,2着(1,2,3の年もあり)してきたのですから、ハズレるまで乗るだけです。

2014年のJRAホームページ今週の注目レースに載っていたデータで
① ハンデキャップ競走を除く芝2000~2200mの重賞における優勝経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 10-10-7-48 13.3% 26.7% 36.0%
なし 0-0-3-71 0% 0% 4.1%



14年該当馬ヴェルデグリーン 、カレンミロティック 、ゴールドシップ 、ジェンティルドンナ 、デニムアンドルビー 、トーセンジョーダン 、フェイムゲーム 、メイショウマンボ
1着ゴールドシップ、2着カレンミロティック

15年該当馬ショウナンパンドラ、カレンミロティック、デニムアンドルビー、ワンアンドオンリー、オーシャンブルー、ラキシス、ゴールドシップ、ラブリーデイ
1着ラブリーデイ、2着デニムアンドルビー、3着ショウナンパンドラ

16年該当馬アンビシャス、カレンミロティック、キタサンブラック、サトノクラウン、サトノノブレス、ドゥラメンテ、フェイムゲーム、マリアライト、ラストインパクト 、ラブリーデイ、ワンアンドオンリー
1着マリアライト、2着ドゥラメンテ、3着キタサンブラック

17年該当馬キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノクラウン、ミッキークイーン
1着サトノクラウン、2着ゴールドアクター、3着ミッキークイーン

ひょっとすると、間違ってハンデ戦勝ちの馬も該当馬に入れてしまっている可能性があります(申し訳ありません、自信がないです)

今年2018年の該当馬がヴィブロス、サトノクラウン、ストロングタイタン、ダンビュライトの4頭です。

YouTube動画M'sチャンネル (エムズチャンネル)さま
「宝塚記念2018【消去データ】13頭が消える!3頭立て!」
該当馬がヴィブロス 、キセキ 、サトノダイヤモンド

前走 海外競馬3着以下
(0-0-0-9)
サトノクラウンとダンビュライトが引っかかるそうです。

-----------------------------------------------------------------------------
さらに付け足します。

昨年の
宝塚記念考察1
Date: 2017/06/20(Tue) 09:50

を読み返すと
2016年のJRAホームページ今週の注目レースに載っていたデータ
過去4走以内に出走した芝2000m以上のGI・GII での最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率 
1着 10-6-5-38 16.9% 27.1% 35.6%
2着 0-3-2-18 0% 13.0% 21.7%
3着 0-0-0-14 0% 0% 0%
4着 0-1-0-10 0% 9.1% 9.1%
5着 0-0-0-5 0% 0% 0%
6~9着 0-0-2-12 0% 0% 14.3%
10着以下 0-0-0-7 0% 0% 0%
該当レース出走なし 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
2着以下と出走なしの計 0-4-5-79 0% 4.5% 10.2%


勝ち馬10頭すべてがクリアしていたデータです。

2016年の勝ち馬マリアライトは4走前にエリザベス女王杯(G1)勝ち

2017年の勝ち馬サトノクラウンは2走前京都記念(G2)勝ち、3走前香港ヴァーズ(G1)勝ち

今年の該当馬は
アルバート    3走前ステイヤーG2勝ち
キセキ      3走前菊花賞G1勝ち
ダンビュライト  3走前AJCCG2勝ち
パフォーマプロミス2走前日経新春杯G2勝ち


ハンデキャップ競走を除く芝2000~2200mの重賞における優勝経験 該当馬がヴィブロス、サトノクラウン、ストロングタイタン、ダンビュライト

過去4走以内に出走した芝2000m以上のGI・GII で優勝経験 該当馬がアルバート、キセキ、ダンビュライト、パフォーマプロミス


この2つの条件を信じると1着ダンビュライト、2着ヴィブロス、サトノクラウン、ストロングタイタンのいずれかとなります。

馬単 ダンビュライト1着固定 相手2着ヴィブロス、サトノクラウン、ストロングタイタンの3点で取れます。



2018年の結果は
1着ミッキーロケット 7人気
2着ワーザー     10人気
3着ノーブルマーズ  12人気


2019年は調べていませんが
1着リスグラシューはエリザベス女王杯勝ち 
2着キセキは、無し
3着スワーヴリチャードは、大阪杯と金鯱賞勝ち

ハンデキャップ競走を除く芝2000~2200mの重賞における優勝経験有
今年の該当馬

カデナ      :弥生賞
クロノジェネシス :京都記念、秋華賞
サートゥルナーリア :ホープフルS、皐月賞、金鯱賞
スティッフェリオ :オールカマー
ダンビュライト  :京都記念、アメリカジョッキーC
ブラストワンピース:アメリカジョッキーC、札幌記念
メイショウテンゲン:弥生賞
ラッキーライラック :大阪杯、エリザベス女王杯
レッドジェニアル :京都新聞杯
スポンサーサイト