栗山求さん

函館11R 湯の川温泉特別 芝1200m 2勝クラス ハンデ

◎16カステヘルミ
○15シルヴェーヌ
▲8シゲルベンガルトラ
△10デルマカトリーナ
△12ショウナンマッシブ
△13ベッラヴォルタ
<見解>
◎カステヘルミは
「ブラックタイド×パラダイスクリーク」
という組み合わせ。

秋の中山開幕週に
芝1200m1分07秒2という
速い時計を出したことがあるが、
パワーに秀でたブラックタイド産駒で
アメリカ血統の乏しい血統構成なので、
基本的には少し時計が掛かったほうがいいタイプ。

平坦コースや滞在競馬も合う。

その点で、
金曜日に雨が降った今回は
得意条件が揃うのでおもしろく、
前走(先週のSTV杯-2着)よりも条件は好転する。

先行馬が少ないメンバー構成で
好位を楽に取れそうなのもいい。

前走比2kg減、
53kgのハンデなら勝ち負けに持ち込める。






競馬コラム「水島晴之の単複で買え」

前向きになったハワーマハルで勝負したい/東京4R

東京4R (2)ハワーマハルで勝負したい。中助手が「能力はあるのに、後ろ向きな性格で」と苦笑するように、これまでは力を出し切れないことが多かった。ところが、2走前から好位でレースを進め4、5着と結果を出した。前走も直線でもたつきながら、西田騎手のげきに応え、ジリジリと差を詰めた。「だいぶ前向きになった」と陣営も精神的な成長を認める。道悪も前走でこなしておりチャンスはある。単2000円、複5000円。

東京9R (5)ニシノジャガーズを狙う。去勢明けになるが、直前の動きから仕上がりはいい。課題はスタート。前走はゲート内で膠着(こうちゃく)して10馬身以上置かれた。あれでは厳しいが3馬身以内なら挽回は利く。いろいろ注文は付くが、3走前のシャングリラ賞(4着)では上がり33秒9という芝並みの脚を使っており、力は足りる。単1000円、複2000円。(ここまでの収支 マイナス17万6500円)






水上学の血統トレジャーハンティング

土曜東京11R アハルテケステークス
◎本命馬
⑫バレッティ
(せん6、美浦・久保田厩舎、横山典騎手)
東京開催最終週。次まで3カ月空くだけに、コース巧者は勝負を掛けてくるだろう。⑫バレッティもそんな1頭ではないだろうか。

前走はブリンカー装着、しかしレースぶりはそれまでの好走時と同じで、特に変化はなく普通に走った。今回も継続着用だが、もともと臆病なところはあるので、外枠は歓迎だ。

東京マイルなら中団を立ち回り、直線で外へ出せば確実に伸びてくる。母ザレマは芝馬で、ダートを試した2走はダメだったが、全兄ミッキーオリビエは芝ダート両方で勝ち鞍を挙げてオープンへ昇った馬。おじにはマルカシェンクやガリバルディらがいる、筋の通った牝系だ。マイルでの時計比較でも、レピアーウィットより私は上と判断する。ミスプロ系に勝ち切りが増えている馬場傾向も後押しだ。

$お宝馬
⑤ハヤヤッコ
(牡4、美浦・国枝厩舎、田辺騎手騎手)
本命馬と同じキングカメハメハの産駒。一見、1800m前後に好走が偏っていて、マイルでは足らない印象もあるし、ムラ馬な感じもあるが、おそらく輸送に弱いだけとみる。使い込んで疲労がたまっていた青竜ステークスを除けば、関東圏の競馬では全く崩れていない。レパードステークス2着の時も、今となっては珍しくなった新潟滞在での好走だった。ペースが上がれば、切れも増すはず。58キロはネックとなるが、それで嫌われるなら押さえたい。

相手上位は ②アシャカトブ、④レピアーウィット、⑦サンチェサピーク。 押さえに ⑥コズミックフォース、⑬スマハマ、③トゥザクラウン。





境和樹の穴馬券ネオメソッド

函館10R
北斗特別(芝1800m)
◎⑥ワタシヲマッテル

函館芝1800の特注種牡馬といえば、ルーラーシップとローエングリン。ここはその産駒がともに出走しており、少頭数ながら血統派にとっては注目の一戦です。

馬券的な狙いは ローエングリン産駒の⑥ワタシヲマッテル。

函館芝1800におけるローエングリン産駒の成績は【1-3-1-4/9】勝率11.1%、連対率44.4%、複勝率55.6%。
サンプルが少ないように見えるかもしれませんが、この成績を4頭の別馬でマークしているという点に注目。本質的な血統適性がかなり高いと判断できます。

そのローエングリン産駒の⑥ワタシヲマッテル。
前走で初めて当地に出走。4着と惜しくも馬券に絡めずの結果も、直線で狭いところに入って脚を余しての結果。これまでより格段にレース振りは良くなっており、ローエングリン産駒らしいコース適性は垣間見えました。
まだ人気の盲点のうちに結果を出してもらいたいところです。






採れたて!トレセン情報

採れたて!トレセン情報
関西事情通のちょっとイイ?話
ベテランが勝負の東京遠征!


いよいよ今週は、上半期の最終週、そして上半期最後のGI宝塚記念が行われる。

今年は2007年以来のフルゲート18頭が揃い、しかもGI馬8頭出走という豪華メンバーが揃い、非常に楽しみな一戦となった。

これだけ有力馬が揃うという事は、当然ジョッキーも揃う。

全国リーディングトップのルメール、そして2位の川田騎手、3位武豊騎手はもちろん、今年GIを勝っている松山騎手・福永騎手・松若騎手・池添騎手・ミルコデムーロ、さらにダミアン・レーンや北村友一騎手と、ビッグレースに強い腕達者が揃い、どの騎手が勝利するのかも興味深い一戦となった。

一方、これだけ阪神開催にトップジョッキーが揃うという事は、裏となる東京開催に遠征する関西騎手も現れる。

若手の岩田望・斎藤新騎手、そして荻野極・城戸騎手は1鞍騎乗で東京へ向かう。

そんな中、もうベテランの域である秋山真一郎騎手も東京遠征する関西騎手の一人。

ただ、GIの裏だから遠征するというワケではない。

そうメインのパラダイスSに出走する、今回で4戦連続騎乗となるスマートオーディンに乗るために東京へ向かっている。

重賞を4勝している実績馬。昨年の阪急杯以来勝ち星が無く、また複勝圏内にも入線しておらず成績的には目立つ存在ではなくなってきているが、その阪急杯ではレッツゴードンキや、当時1番人気で次走高松宮記念を勝つミスターメロディを完封した。

実はその時、管理する池江師は「勝てたのは秋山のおかげだ」と話していた。

というのは、掛かりやすく非常に乗り難しいこの馬が、後方でしっかり折り合い脚を溜め、そして終いを活かして差し切り勝ちが出来たのは、その前の京都金杯が布石になったからだという。

当時は秋山真騎手が手綱を取り10着に敗れているのだが、掛かりやすいこの馬をマイル戦でも後方で我慢させ終いを活かす競馬が出来た事が、阪急杯で生きたということのようだ。

阪急杯では秋山真騎手は小倉で騎乗していたためこの馬には乗れなかったのだが、池江師には前述通り感謝の意があった。

今年の阪急杯から秋山真騎手を乗せているのも、その気持ちがあったからなのだろう。

7歳とは言え2年の長期休養がありまだまだ衰えなく元気一杯、この3戦もダートのコーラルSを除けばコンマ1秒差・コンマ2秒差と、惜しいところまで来ている。

今回は直線の長い東京、舞台としては申し分ない。

秋山真騎手にとっても、チャンスを貰っていることもり、そろそろ勝ってその期待に応えたいところ。

そう、GIの裏と言うよりは、結果を出したいからの遠征である。

宝塚記念のトップジョッキー達の手綱捌きも注目だが、その直前の秋山真一郎騎手の騎乗ぶりにも注目してみたい。

競馬場から見た推奨馬券
負けるシーンは全く浮かばない!


東京は月曜から木曜の朝まで、長い間雨が降ったり止んだり。金、土曜は降水確率は低いが、芝コースは9週間使われて傷みが目立ってきただけに、完全回復まではどうか?
ダートは幾らか湿り気味で、引き続き先行有利な状態と見る。

今週も芝コースは、騎手がコース取りに悩まされそうなだけに、一筋縄でいかなそう。やはりダートのレースで勝負する方が無難だろう。
まずは東京3R。ここは久々を叩かれた11番パイプラインでいける。
同じ前走2着のデクスターと人気を分け合いそうだが、その2着の内容が大違い。
時計だけなら、デクスターの方が0.4秒速いが、デクスターの方は不良馬場で速くて当然。良馬場であったパイプラインの方が、実質的には速かったと見るのが妥当。
そしてパイプラインの前走の相手は、なかなかの粒揃い。勝ったデルマクリスタルは当欄でも2回推奨した馬で、未勝利では一枚上の存在。6着だったインプルソでさえ先週推奨したドリームメッセージを、マッチレースの末に競り負かしている。
その好メンバーを相手に、3着以下を3馬身半突き放し、デルマクリスタルに喰らい付いたのだから、立派の一言。
しかも前走は骨折明けで、8ヶ月ぶりだっただけに、能力の高さは言わずもがなだ。
当然、今回は叩いた上積みもあるはず。
対するデクスターは、先行有利な馬場で好枠を利して楽な先行。この好走は特に評価はできない。今回は1300mの外枠と条件も厳しく、人気でもあり、積極的に買う要素はない。
多分デクスターの方が一番人気であろうから、単勝を本線に勝負したい。

単勝 11
馬連 2-11 11-14 7-11 1-11
ワイド 2-11

自信度 A


もう一鞍は東京6R。ここは好枠を引き当てた1番オーケーゴールドを狙う。
前走2着の走破時計は平凡だが、まだ体を持て余している状態だったし、真面目に走っていない印象も受けただけに仕方ない。
そんな状態でも、前記3Rで人気のデクスターが気分良く逃げたものを、2馬身半交わしている。デクスターを評価していないだけに、強力な後押し材料とはならない
が、そういう馬の状態だったことと、外を回っていただけに価値はある。
今回は休み明け3戦目。かなりの大型だけに、時季的なものも相まって体は絞れてくるはず。トボける気性も、一戦毎には良くなるであろうから、その上積みにも期待したい。
逃げたい馬が3頭ほどいるので、展開的にも狙い目と見る。
 
馬連 1-3 1-16 1-8 1-4
3連複 1の1頭軸 相手3.4.7.8.16

自信度 C




土曜メインレース展望・柏木収保

【アハルテケS】速いタイム決着が合っている

軌道に乗った今季はさらにレース内容が良化


 土曜に降雨の予報はないが、この時期だけに乾いたダートコンディションはありえず、時計の速い決着になること必至。先週はユニコーンSダート1600mが1分34秒9。3勝クラスが1分35秒7。2勝クラスが1分36秒0だった。

 レピアーウィット(父ヘニーヒューズ)は、前走の栗東S(京都ダート1400m)の大接戦を1分22秒0の快時計で0秒1差2着。猛ペースを前半から気合をつけながら好位のインで追走し、直線でも再三ムチの入るきびしいレースになったが、勝ったサクセスエナジーを半馬身差まで追い詰めた。1分22秒0はコースレコードと0秒3差だから価値がある。

 ここまでダート1600mに出走は1回だけなので、持ち時計は昨年のこの時期の1分36秒7(D.レーン騎手で当時の1600万条件快勝)にとどまるが、前走1400mの内容、2走前の脚を余した印象もあるダート1800m1分51秒7からみて、1分35秒台に更新はラクに可能だろう。レーン騎手とは2度目になる。

 再三の休養があってダート通算【4-1-1-5】にとどまるが、今年の新種牡馬アジアエクスプレスの全弟。兄は芝の朝日杯FSを制し、ダートではレパードSを完勝している。軌道に乗った今季はさらにレース内容が良くなるはずだ。速いタイム決着が合っている。最近はずっと1番人気になっていないが、それは調教でハデに動かないためで、この組み合わせなら人気うんぬんは関係なく、勝ち負け必至。

 好調教をみせたバレッティ(父キングカメハメハ)が相手筆頭。先行力がある点でレピアーウィットを上位としたが、こちらはダート1600mに1分35秒台2回を中心に、1分36秒1が2回あり、まず崩れないから今回も好勝負。

 中間の気配からさらに上昇が望めるサンチェサピーク(父ヴァーミリアン)が差のない3番手。手を広げる頭数ではないので、連穴アシャカトブ、コズミックフォース、ハヤヤッコ、ゴルトマイスターは、気配と人気を見比べての抑え。
スポンサーサイト