境和樹の穴馬券ネオメソッド

宝塚記念の回顧

第61回宝塚記念(GⅠ)
1着クロノジェネシス
2着キセキ
3着モズベッロ

ラップ:
12.3-10.9-11.4-12.7-12.7-12.4-12.4-12.4-11.9-12.1-12.3
時計:2.13.5


土曜日の時点で馬場差-0.1秒。昨年の宝塚記念は高速設定でしたが、今年はちょっと違うのかな? と思ったところで、日曜日は最初の芝競走となった3R(3歳未勝利芝1600)で1.34.3秒。続く5R(2歳新馬芝1800)が1.48.3秒と、前日とは一転、時計の出やすい馬場設定を示しました。

しかし、午後になって再び雨が降ると、宝塚記念の時点では、ほぼ土曜日に戻ったような様相。馬場の内目が見た目にも相当荒れており、結果的にその馬場状態が勝敗を分けることになりました。

勝ったクロノジェネシス、2着キセキはともに4角手前から外を回してマクリ気味にポジションを押し上げたクチ。対して、4着に敗れたサートゥルナーリアは、勝負処で終始馬場の悪い内目に閉じ込められる形になったことが堪えてしまいました。

それにしても、クロノジェネシスの道悪適性は相当なものですね。京都記念を勝った際にも思ったことですが、思い起こせば、史上に残るハイパフォーマンスだった新馬戦も稍重、悲願の初タイトル奪取となった秋華賞も稍重。このあたりが、バゴ産駒といったところでしょうか。

2着キセキは、昨年に続く2着ですが、その昨年とはだいぶ立場が違う中での好走。復活の手応えを得たという点では価値は昨年以上と言っていいと思います。
気性的に難しいところがあると言われている馬ですが、武豊騎手、2度目の騎乗で早くも手の内に入れるのですから、さすがは天才ジョッキーといったところです。

3着モズベッロは狙いづらいタイミングだったと思います。ゴール前で寄られる不利がありながら頑張った日経賞。その日経賞が斤量4キロ増での好走だったことで、「これは本格化なったか」と見ていたところ、天皇賞が7着凡走。
終わってみれば距離の問題だったのかもしれませんが、天皇賞がレースレベルに疑問符が打たれるようなレースだったため、ちょっとトーンダウンしてしまうところがありました。1回置いての穴激走は読みにくかったですね。
ちなみに、土曜日から阪神芝はストームバード~ストームキャットのラインを保持・内包している馬がパフォーマンスを上げていたのですが、この馬は母父ハーランズホリデイがストームキャット系。このあたりも要因の一つだったかもしれません。

期待したレッドジェニアルは10着。奇跡的にスタートは決まったものの、今日はいつも以上に道中の反応が悪かったですね。荒れた馬場への適性があまりなかったのかもしれません。




アンカツさんのつぶやき

帝王賞
「クリソベリル。予定狂った遠征後でもしっかり仕上がってた。これでもかってくらいの正攻法で、強力メンバーに底力を見せつけた。国内ならしばらくは無敵やろな。オメガパフュームも相手はクリソって乗り方したけどね。得意コースで力は出し切っとる。強い馬が強い競馬をしたって典型のグッドレース。」

宝塚記念
「30分前の豪雨が明暗を分けた。返し馬からグシャっグシャって蹄音で、完全に道悪適性が出たね。そんな中でクロノジェネシスの独壇場。勝負所は手応えが違ってたし、プラス10キロの馬体も頼もしかった。良馬場ならこうも着差離れなかったと思うけど、凱旋門賞で走りを見たくなるような巧者ぶりやった。」

「キセキは菊花賞勝っとるスタミナが活きた。出負けはしたけど、道悪って馬が用心して走るで案外折り合うの。やったと思ったはずやけど、さらに鬼がおったね。サートゥルナーリアは道中進みが悪かった。ラッキーライラック共々、改めて良馬場で見直したい。人気変動しそうな秋は予想しがいがありそうや。」
スポンサーサイト