アンカツさんのつぶやき

金杯
「ヒシイグアス。人気しすぎかなとも思ったけど、決めてくるのが今の松山。1角までに位置を取ってから楽させて、直線追い出すまで余力を残しとる。馬としても3連勝で重賞まで制したのはデカい。ココロノトウダイは道中力んだ分のクビ差。能力的には双璧やね。ウインイクシードも狙った競馬はできとる。」

「ケイデンスコール。インの岩田やね。スタートから自分の競馬に徹して脚がタマっとるで、更にインを狙って狭くなっても、切り返してまた弾けた。ピースワンパラディ然り、左回り巧者で中京の金杯に恩恵があった。シュリはキャリアもあったかな。馬っぷりは目立ってたし、まだまだこれからやと思うね。」

シンザン記念
「ピクシーナイト。ゲート練習の成果がドンピシャやね。1400mを使ってきたことも相まってダッシュがついた。中京は内が伸びる先行有利の馬場で、ユーイチの作戦勝ちって印象。そういった意味でククナは大外枠も影響しとるし、キャリア浅くて出が悪かったレゾンドゥスリール然り、見限れない馬もおった。」

フェアリーS
「ファインルージュ。テンハッピーローズのほうがよっぽどいいレースしとるんやけど、乗り方云々より馬が強かった。1200mデビューが不思議になるほど追ってから伸びとるし、馬場とペースがかみ合ったとはいえ距離は問題ない。ちょっとしたもんやね。ホウオウイクセルも先々が楽しみになる走りしとる。」




フェアリーステークスレース後のコメント
1着 ファインルージュ(C.ルメール騎手)
「最後まで良い脚を使ってくれました。強かったです。スタートで少し遅れて、後ろの位置になりましたが、少しずつポジションを上げて、直線も良い脚を使ってくれました。ポテンシャルの高い馬で、今日はライバルもいませんでした。賢い馬で、体も少し大きくなりました。GIレベルにいけそうな馬だと思います。GIレースはスタートが大事です。今後の課題はスタートです」

2着 ホウオウイクセル(丸田恭介騎手)
「スタートの良い馬です。道中燃えるところもありましたが、おさまりをつけて、スムーズな競馬ができました。ただ、向正面から3コーナーにかけて外を回ることになり、それがもったいなかったです。それでも賞金を加算することができました」

3着 ベッラノーヴァ(丸山元気騎手)
「レースを使って気持ちが入っていたので、我慢させる競馬をしました。ペースが流れていたら、結果も違っていたと思いますが、それでも終いの脚を生かすことできました」

4着 テンハッピーローズ(福永祐一騎手)
「スタートが良くて、思った以上に良い位置で競馬をすることになり、あの形だと上手くバランスを取ることが出来ません。それで外へ膨れ気味になって、少しずつ脚をそがれたのだと思います。馬込みに入れる形でないと、現状脚を溜められないのかもしれません」

5着 ネクストストーリー(杉原誠人騎手)
「デビューしてから1200m、1400m、そして今日の1600mと距離を延ばしながら良い競馬をしています。道中の折り合いもつきましたし、距離の幅が広がりました。器用さがありますね」

6着 タイニーロマンス(内田博幸騎手)
「メンバーを見てハナに行ってしまおうと思っていました。道中、外から来られてリズムを崩してしまい、ちょっともったいない競馬になりました。キャリア2戦目ですし、これからだと思います」

10着 クールキャット(津村明秀騎手)
「ペースが遅くて早めに動くことになりましたが、結果的に厳しい展開になりました。ゲートに課題があります」


シンザン記念レース後のコメント
1着 ピクシーナイト(福永祐一騎手)
「前走でスタートの駐立が悪かったのを陣営が重点的に修正してくれて、今日はスタートを切れたのが大きかったです。周りの出方もありますが、逃げる形もありだと思っていました。(2400勝達成は)良かったです。知らなかったですが、良い形で順調に勝ち星を積み重ねられています。
この馬はGIを勝てる能力を持っている馬なので、あとはどういったレースができるかということになります。今日は逃げる形になりましたが、この次のレースですね。その内容次第で、どの距離のGIを狙っていけるのかが見えてくるのかなと思っています」

2着 ルークズネスト(幸英明騎手)
「終いは良い脚を使ってくれたので、惜しかったです。(スタートしてから)向正面に入るくらいまで、折り合いに苦労しました。前半で少しかかってしまい、そこがもったいなかったですが、それでいてあの脚を使っているので能力は高いです」

3着 バスラットレオン(坂井瑠星騎手)
「馬場が前残りでしたし、前目につけようと思っていて、イメージ通りでした。折り合いもつきました。(3着だったのは)前走のレコード決着の反動もあるのかもしれません。初めてだった左回りは上手にこなしてくれました」

4着 ククナ(C.ルメール騎手)
「(大外)枠がかわいそうでした。良いスタートを切ったものの、良いポジションを取ることができませんでした。後ろからリズム良く運んで、スムーズに上がってきたのですが、ペースはあまり速くなく、前の馬が止まりませんでした。この馬も伸びていますが、ラスト100mで疲れてしまいました。良い馬場で良い枠なら、もっと良い結果が出たと思います」

6着 ブルーシンフォニー(田辺裕信騎手)
「ここ2戦より雰囲気が良く、落ち着いてスタートを迎えられました。そのおかげで、ゲートもいつも以上に良いスタートを切ることができました。燃えやすいところがレースで出て、力んでいましたが、直線は踏ん張って良い内容でした」

12着 トーカイキング(和田竜二騎手)
「やりたいレースはできました。具合は良かったですし勝負にいったのですが、もう少し力が......というところです。自己条件ならと思います」

14着 カスティーリャ(松山弘平騎手)
「良い枠で良いポジションにつけられましたが、馬がムキになって、前向きさが勝ってしまいました」

15着 ロードマックス(岩田望来騎手)
「折り合いを欠いてしまいました。それが全てです」
スポンサーサイト