アンカツさんのつぶやき

愛知杯
「マジックキャッスル。脚質思えば枠順は関係ないし、前3頭が飛ばして願ったり叶ったりの展開。ここまてかみ合えば、牝馬クラシック皆勤のキャリアと厩舎力が黙ってない。ランブリングアレーは前走がいかにも忙しかった。道中死んだふりしたウラヌスチャーム然り、乗れとるジョッキーの進路取りやね。」

日経新春杯
「アドマイヤビルゴはユタカちゃんが勝った9Rのイメージが仇になった。ヴェロックスと牽制し合っとるタイミングでショウリュウイクゾが仕掛けて、手前換えてから勢いが違った。団野のがむしゃらさが呼び込んだタイトル。軽ハンデのミスマンマミーアはしてやったりの展開。この馬主さんは運もあるんやて。」

京成杯
「グラティアス。ルメールが直線ミルコが内を空けたタイミングを見逃さなかった。タイムトゥヘヴンの手応えを思えば着差ほど差はなかったし、結果として展開にも恵まれた印象。ただ、今後のローテを楽にするという意味では大きな2勝目やった。テンバガーは使って上向いてきそう。相手なりで見所あった。」



愛知杯レース後のコメント

1着 マジックキャッスル(戸崎圭太騎手)
「良い所で良い感じで進めましたし、自分から動く強気の競馬をしました。馬の調子が良く、力もつけています。新馬戦以来の勝利ですが、強い勝ち方でしたし、今後がとても楽しみです」

(国枝栄調教師)
「大外枠でしたが、上手く中団あたりで、直線は外から伸びてきました。馬が力をつけてきました。体も増えて、充実ぶりはすごいと思います。去年の春はワンパンチ足りない感じでしたが、体が成長してこれから楽しみです。これからはヴィクトリアマイルが目標になるかと思います」

2着 ランブリングアレー(友道康夫調教師)
「4コーナーから直線抜け出すところがとても速かったです。今日は勝ち馬が強かったですね。それでも賞金を加算できたのは大きかったです。春の目標はヴィクトリアマイルになると思いますが、距離は1800m、2000mの方が脚が溜まって良いのかもしれません」

3着 ウラヌスチャーム(斎藤誠調教師)
「レースが流れてあの後ろの位置になりましたが、今日はこの馬には珍しいレースぶりでした。荒れた馬場に助けられたところはありますが、新味が出た感じです」

4着 アブレイズ(藤井勘一郎騎手)
「デビューの頃から先行していましたが、今日は中団につけて折り合い、この速い流れでしっかりと走ってくれました」

5着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「レースが流れてあのポジションになりましたが、最後の直線ではしっかり脚を使ってくれました」

6着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「気分良く行けて、最後も狭いところから割って出ようとしていました。馬はまだまだ良いですね」

9着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「前走と違って流れが速く、息が持ちませんでした」

11着 センテリュオ(C.ルメール騎手)
「この競馬場は合わないと思います。いつも通りスタートが速くなく、最後は加速するけど、良い位置が必要で、瞬発力も必要。ずっと忙しかったです」


京成杯レース後のコメント

1着 グラティアス(C.ルメール騎手)
「他の馬の後ろで、我慢して走っていました。馬にとっては勉強になったと思います。直線も素晴らしい手応えでした。跳びが大きくてすぐにトップスピードに入ってくれました。楽勝でした。体も大きくなって、少し大人になりました。GIレースにもいけると思います」

(加藤征弘調教師)
「2戦目でしたが冷静に走ってくれました。内が荒れて外差しの馬場でしたがしっかりと伸びてくれました。タフな馬場も苦にしません。この後はオーナー、牧場サイドと相談して決めることになります」

2着 タイムトゥヘヴン(M.デムーロ騎手)
「残念でした。内枠でスタートが良かったですが、ハナに行きたくはありませんでした。ゆっくり行っていましたが、誰も来ませんでした。直線に向いたら一番いいところを走りたかったですが、内から勝ち馬が良い脚で来ていました。初めて乗りましたが、良い馬でした」

3着 テンバガー(戸崎圭太騎手)
「ゲートの中でうるさくて、若さを見せていました。まだ走りが固まっていない感じですが、レース自体は上手に運べました。前をカットされるところがありましたが、また伸びていました。力のある所を証明できました」

4着 ヴァイスメテオール(丸山元気騎手)
「スタートはしっかりと出てくれていましたが、もう少し流れて欲しかったです。瞬発力勝負は現時点で分が悪いです。頑張ってくれていますが、まだ伸びしろのある馬です」

5着 プラチナトレジャー(田辺裕信騎手)
「ペースが流れたり、遅くなったり、緩急のある流れになって気性的に対応できませんでした。ゲートの入りは良かったですが、向正面で喧嘩する感じになり、上手く運べませんでした」

6着 タイソウ(石橋脩騎手)
「上手にスタートしてくれましたが、少しコーナリングが上手ではありませんでした。前の馬にはいい流れになったと思いましたが、4コーナーでは手応えで見劣ってしまいました。頑張って走っていますし、これから良くなると思います」

7着 エイカイファントム(岩田望来騎手)
「ゲートは良かったですが、ペースが落ち着いてこの馬の持ち味を出せませんでした。展開が向きませんでした」

11着 ブラックロータス(三浦皇成騎手)
「ペースが早くなって、脚を取られました。これからの馬です」

12着 ディクテイター(北村友一騎手)
「まだ緩さがありますし、これからの馬だと思っています。また頑張りたいと思います」


日経新春杯レース後のコメント

1着 ショウリュウイクゾ(団野大成騎手)
「厩舎スタッフが上手に仕上げてくれました。1週前に調教に乗った時も良い雰囲気でしたし、手応えを掴んでいました。良い位置でレースを進められましたし、4コーナーの手応えは、あまり良くなかったのですが、直線で手前を替えてからは、力強く伸びて抜け出しました。重賞初制覇ですが、これに甘えることなく、これからも精進していきたいと思います」

2着 ミスマンマミーア(松若風馬騎手)
「調教から、良い馬と感触がありました。チャンスはあると思い、一発狙っていました。前半は進んでいかなかったのですが、3コーナーの手応えは抜群でした。直線は良い反応を見せてくれました。差をしっかり詰めてくれています。もう少しでした」

4着 サンレイポケット(荻野極騎手)
「内枠だったので、ロスなくポジションを取りながら競馬していくような感じで、リズム良く馬群の中でも我慢が利いていましたし、最後も脚を使ってくれました。馬はよく頑張ってくれています」

6着 レイホーロマンス(高倉稜騎手)
「外枠が悔やまれます。スタートも五分に切って、最後も来ているのですが、なかなか内に潜り込むことができず、切り替えて馬のリズムで運びました。内枠なら、もう1列2列前で、運べていたと思います。力はありますね。元気一杯です」

7着 サトノインプレッサ(坂井瑠星騎手)
「最初のコーナーまでは力みがありましたが、そこからは上手く運べました。ただ、この馬の良い時のように、グッ!ってくるところがなくて...。それでも最後は脚を使ってくれています」

9着 ヴェロックス(川田将雅騎手)
「勝ち馬の内で、これだけリズム良く競馬をして、なぜここまで負けるのか、ということですね」

10着 アドマイヤビルゴ(武豊騎手)
「馬の雰囲気は良く感じました。ポジションも良いところを取れました。直線に向いたら一気に(手応えが)なくなりました。この一戦では何とも言えません」

12着 ダイワキャグニー(内田博幸騎手)
「ハナに行けるスピードはありますが、2,3番手からでも競馬ができていましたからね。道中良い感じで進めましたし、負けても3着はあるかと思っていました。休み明けなのか、他の人気馬も崩れているように、この馬場と斤量が影響したのかもしれません」

14着 バレリオ(和田竜二騎手)
「流れが遅く、ブリンカーも効いて、落ち着きませんでした。力はあるだけに流れに乗れれば良かったです」

15着 レクセランス(西村淳也騎手)
「右に張るようなところがありました。外に壁を作りたかったのですが、外枠でそれも上手く作れませんでした」
スポンサーサイト