クロフネが老衰のため23歳で死す 現役時代は芝・ダート両方のG1制覇

JRAは18日、2001年にNHKマイルカップとジャパンカップダートの芝&ダート両G1を優勝したクロフネ(牡23歳)が17日に死んだと発表した。

 同馬は2001年度JRA賞最優秀ダートホースを受賞。10戦6勝の成績で現役引退後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入り。ホエールキャプチャ(12年ヴィクトリアマイル)やカレンチャン(11年スプリンターズS、12年高松宮記念)のG1馬など数々の活躍馬を輩出してきた。

 ◆社台スタリオンステーション・事務局の徳武英介氏「当スタリオンで功労馬としてけい養しておりましたクロフネが、老衰のため死亡いたしました。夏の間はとても元気に過ごしていたのですが、ここ2か月ほど体調が優れず1月17日の午後2時に息を引き取りました。現役時には芝・ダート問わず優秀な成績を残し、種牡馬としても人気が高く2018年まで17シーズンの間、休みなく頑張ってくれました。とてもフレンドリーな馬でスタッフからもよく可愛がられており大きなショックを受けておりますが、クロフネには感謝の気持ちで一杯です。心からご冥福をお祈りいたします」




残念です。現役の時入れ込んだ馬です。バナナが好きなんですよ。可愛い馬。
DSC02452.jpg
スポンサーサイト