亀谷敬正さん

【中山記念予想】中山記念は非サンデー系かサンデー系の中ではステイゴールドの血を持つ馬

ステイゴールド系が非根幹距離の小回り適性が高い理由は…

 JRAの芝血統は、1600、2000、2400mの距離。直線でスピードを発揮する能力を中心に血の選別がなされています。よって1800mや2200mの距離適性。小回りで減速しづらい能力はあまり重要視されていません。

 JRAの芝重賞で主流のサンデーサイレンス系とは異なる方向性の血統でもある「父非サンデー系」が走りやすいのも、主流血統が能力を発揮しづらくなる影響は大きいでしょう。(出走馬の国別タイプはスマート出馬表を参照)

 サンデー系の中では、ステイゴールド系が非根幹距離の小回り適性が高いのは、小回りや1800、2200mの距離で能力が削がれづらいから。日本のクラシックに重要な要素だけが突出していないことが海外で活躍する馬を多く出せる理由にも繋がります。

 またステイゴールドはノーザンテーストの血を持つ馬。先週のフェブラリーSでもエアスピネルを推奨した際にも書きましたが、ノーザンテーストはキャリアが強みになる血統。中山記念もフェブラリーS同様キャリアが強みになりやすいのもノーザンテースト持ちが有利な理由のひとつ。

 中山記念も父非サンデー系。サンデー系の中ではステイゴールド系が複数馬券対象になることが多いレース。近3年の馬券対象馬9頭(重複馬2頭を含む)のうち8頭は父が非サンデー系、もしくはステイゴールド系でした。

 トーセンスーリヤの父ローエングリンは父がノーザンダンサー系。父自身も中山記念を優勝。母系にノーザンテースト。

 近親に直線が短いタフな馬場で行われていた阪神JF勝ち馬のテイエムプリキュア。同馬は非根幹距離GIのエリザベス女王杯でも2着。父、母系ともに小回り非根幹距離適性は高い血統。

 バビットの父はステイゴールド系のナカヤマフェスタ。父は凱旋門賞でアタマ差の2着。非根幹距離の直線が短いコースで行われる宝塚記念を優勝。日本の主流血統が能力を発揮しづらい条件ほど相対的に有利。

 近2走は結果的に外から末脚を伸ばす馬に有利なレース。惨敗は度外視。







単勝二頭流

今年は開催3週目施行。阪急杯の注目穴馬はこちら!

単行本『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週はなかなかの結果だったんじゃないですか?

石橋 武(以下、石) 土曜日はそこそこだったけど、日曜日がね。

編 フェブラリーSか。タテ目決着でしたからね。

石 いや、フェブラリーSはいいんだよ。内枠、瞬発良勝負不向き、成長面不安と、あんなにリスクの高い1番人気馬(カフェファラオ)はとうてい本命にはできないので。強いて抵抗できたかなという点なら、相手筆頭にした△エアスピネルを穴馬の本命に抜擢というのも迷ったけどね。予想をご覧いただいた方には申し訳ないと思っているけど、自分のなかでは納得した評価だったし、買い目だったので。

編 点数も絞って大怪我しなかったですからね。

石 そうね。とはいえ、今年のフェブラリーが持続力勝負になるとうのを予見できなかった点は反省材料。あの流れだとそりゃカフェファラオが強いよね。予想の敗因はそこに尽きるかな。

編 まあ、難しいですよね。そこを予見するのは。でもそれ以外に日曜日で悔いが残るのはなんです?

石 小倉大賞典。

編 先週のこのブログにも注目穴馬として送ってくれたように、穴馬の本命◎テリトーリアル(11人気1着)で納得じゃないですか。別にケチをつけるところはないでしょう。

石 でも先週のブログでも、あと勝負予想の見解でもあれだけ逃げ・先行馬に注目と書いておいてディアンドル(12人気3着)を押さえないかねという。

編 あ〜、そこ(笑)。たしかにそうなんですよね。

石 あとから見直しても、距離短縮もプラスだし、それ以外の材料からも買えないことはないんだよ。ただトーラスジェミニのほうに印を回したしという、2択を間違えた感じ。

編 あれで3連単23万馬券でした。

石 悔やまれます。

編 まあ、僕としては◎テリトーリアルの単勝的中だけでも評価されるべきと思いますけどね。でも話は逆行しますけど、土曜日は素晴らしかったですよ。

石 そうね。ダイヤモンドSは点数を絞って的中できたし、阪神最終もうまい具合に人気薄が引っかかってくれて。

編 当たったレースは簡単に終わらせますね(笑)。

石 悔いがないから(笑)。

編 ご存知ない方のためにサクッとお伝えすると、ダイヤモンドSは穴馬の本命◎グロンディオーズ(7人気)と人気馬の本命◎オーソリティ(1人気)のワンツー決着で、単勝1,720円から3連単2万8,150円まで完璧に的中。しかも点数を絞って3連単は24点での的中ですからね。

石 単勝はいつも通り2点ね。

編 当たり前でしょ、「単勝二頭流」なんだから(笑)。誰でも知ってるわ。そして阪神最終では3連単11万7,470円的中と。

石 ですね〜。

編 石橋さんがあまりしゃべる気なさそうなので(笑)、詳しい提供内容はスポーツマスターさんの編集部通信(2月26日号)をご覧ください。で、今週のレースですね。中山記念と阪急杯、どちらを取り上げましょうか。

石 どっちでもいいよ。資料は両方とも手元にあるし。でも昨日の告知で阪急杯を取り上げるって言ってなかった?

編 あ、そうだ。本(『「重賞」二頭流』)に中山記念は堅く収まる傾向って書いてあったから阪急杯にしたんだ。そしたら枠順発表まで待とうかという流れで。

石 ことの経緯をすっからかんに忘れてるじゃん(笑)。

編 失礼しました。でも枠順、大切ですか?

石 今年の阪急杯はね〜。いつもは開幕週だけど、今年は開催3週目に行われるでしょ?

編 ええ。

石 このコースで行われた先週土曜日の京都牝馬Sも勝ったのは逃げたイベリスだったけど、2、3着馬は3コーナーでふた桁番手にいた馬だし、翌日の斑鳩Sも差し決着。だからインディチャンプあたりが(外に出しづらい)内枠に押し込められたら、人気薄のチャンスが増えるなと思っていたんだけど。

編 ちなみにそのインディチャンプは5枠10番ですね。

石 そう、いいところに入られちゃった(苦笑)。まあでも1400mの流れがベストではないし、付け入る隙は十分にあるけどね。

編 じゃあ、そのあたりを踏まえて注目すべき穴馬はどれになります?

石 まずはミッキーブリランテ。

編 前走ニューイヤーS1着からの参戦ですね。

石 まあ。前走は相手関係も含め、大して評価するべきところはないんだけど、ただあのスローのなかじっと脚を溜めて直線で速い上がりをマークするという内容はよかったかな。

編 2走前の阪神Cは好位から脚も溜められずに凡走していましたからね。

石 そうね。立ち直ってきた感はあるし、あと(3週目の施行で)例年よりもパワーを要する馬場というのもこの馬向き。高速馬場ではあきらかにスピードが足りないし、差しが利くのもいい。

編 1400mの経験は少ないですよね、このなかに入ると。

石 そう。ただ今年のメンバー構成からすると、平均ペースかややゆったりめで流れて、差し脚勝負という流れになりそうで、それってマイル戦の流れだからね。むしろマイルで好走しているタイプのほうが合いそう。

編 なるほど。

石 まあ前走飛ばして大敗したクリノガウディーがどう出るかだろうけど。スローとみて速めペースで飛ばすのか。あるいは、前走の競馬を鑑みてふわっと行くのか。

編 そのあたりはレースをやってみないとということですかね。

石 土曜日の馬場傾向を見たらある程度の確度で判断できると思うよ。そこは勝負予想の見解で書くようにします。

編 お願いします。そのほかで注目すべき穴馬は?

石 ジャンダルムとトライン。ジャンダルムはこの馬向きではない流れでも崩れなかったし、前走の馬場より今の馬場のほうがかなり合っているタイプだよね。瞬発力がないぶんレース後半が厳しくなって持続力勝負になるのもいいし、前走のような競馬できればチャンスは十分にあるよ。

編 トラインは?

石 差せる馬場というのもいいし、あとはこの鞍上(池添騎手)とかなり手が合いそうなのがなによりも推せるなと。

編 そうなんですね。

石 池添騎手はふわっと馬の力を温存しつつ、最後の直線で爆発させるような乗り方をさせたら抜群にうまいよね。この馬、使える脚は短いけど一瞬の加速は素晴らしい。ジャンダルムとは真逆ともいえる馬だけど、直線勝負にかけたら一発の怖さはあるなと。

編 たしかに。後ろで溜めれば末は確実ですよね。

石 前走は超スローを見越して勝ちにいく競馬をしたけど、やっぱり溜めてナンボなんだろうね。1400mで脚を溜めやすくなるのもいいし、チャンスは十分にあるよ。

編 了解です。では現時点ではこの3頭に注目しておきますね〜。それでは今週末もでっかいのを期待してます! 




田原基成さん

ヒシイグアスほか、2021中山記念出走予定馬15頭分析
・ウインイクシード
前走中山金杯は外枠の不利を不利のままにしなかった鞍上のファインプレー。これ以上ない抜群の立ち回りだった。裏を返せば当時のパフォーマンスは「これ以上は望めない」というレベル。1000m通過62秒0、14番人気の逃げ馬が4着に粘ったような展開利を踏まえたとき、再度の好走へのハードルは高い。

・クラージュゲリエ
C.ルメールが騎乗する時点でノーマークにできない、というのが偽らざる本音。問題はその印の位置なのだが、この馬の特性を考えると「差し損ね」のイメージが最初に浮かんでしまう。馬券圏内好走の近2走だが、いずれのレースでも3-4コーナーの勝負どころで激しく手が動いていた。GIを制した末脚自慢が何度も馬券圏外に敗れた舞台。ここは押さえ程度の評価にとどめたい。

・ケイデンスコール
前走京都金杯は開幕週の馬場を最大限に利した鞍上のファインプレー。先ほど同じようなことをウインイクシードの項で述べたが、これ以上ない抜群の立ち回りだった。そしてこちらも繰り返しとなるが、裏を返せば当時のパフォーマンスは「これ以上は望めない」というレベル。14番人気の逃げ馬が3着に粘ったような展開利を踏まえたとき、再度の好走へのハードルは高い。

・コスモカレンドゥラ
昨年使われた中央場所のリステッド競走すら掲示板内を確保できず。この条件を制した5走前の勝ちタイムも平凡で、重賞通用には時間がかかりそうだ。

・ゴーフォザサミット
古馬になってからの掲示板内は2000m以上の距離に限定。厳しい印象は否めないが、蛯名正義のラスト騎乗馬でもありひとつでも上の着順を目指してもらいたいところだ。

・サンアップルトン
ダイヤモンドSは無念の除外。3400mのレースにエントリーしていたことが、陣営のこの馬の適性に対する答えなのだろう。新馬戦4着以来となる芝1800m、テンに行けない脚質も含め強調材料は乏しい。

・ショウナンライズ
フタ桁着順が続く現状。厳しい。

・トーセンスーリヤ
この馬で強調したいのは芝1800mへのズバ抜けた適性。芝での馬券圏内14戦中12戦が芝1800m……これだけ距離経験豊富な馬はなかなかお目にかかれない。途中までペースを握った7着の宝塚記念を振り返ると、同じように前々で運んだダンビュライト、ペルシアンナイト、ラッキーライラックがその後重賞で馬券圏内。その流れを生み出したのは他ならぬこの馬、開幕週の芝1800mは絶好の舞台設定と言える。

・ノーブルマーズ
典型的な叩き良化型で、最低3戦は使わないと変化の兆しが見られないタイプ。勝ち馬から2秒離された前走内容から、復調にはもう少し時間がかかりそうだ。

・バビット
GIのレベルに跳ね返され続けている近走。そのなかで収穫があるとすれば、自分のスタイル=4角先頭を貫いていることだろうか。この馬の良さは迷いなくハナを奪い取れること。同じようなタイプにシルポート、マルターズアポジーなどがいるが両馬は中山記念での好走歴あり。スロー逃げが叶った際の渋太さはラジオNIKKEI賞、セントライト記念で証明済み。侮れない。

・パンサラッサ
ダートを使った2走前は陣営の迷いを感じさせたが、前走関門橋Sのパフォーマンスから芝向きは明らか。当時は開催後半の差し有利馬場を早め先頭で押し切ろうかという強い競馬だった。芝レースにおける前走から中1カ月以内時の成績は【1-3-0-2】。知略家・矢作師が開幕週の馬場に得意ローテで送り込む意味……こちらも要警戒だ。

・ヒシイグアス
3連勝で重賞勝利と、目下の勢いはメンバー中随一。ここも人気が予想される1頭だが……課題は芝1800mへの距離短縮。【1-2-0-1】の中山芝1800mをみれば問題なしと思われるが、敗北を喫した3戦における勝ち馬はその後未勝利。唯一挙げた勝利時もタイム差なしの辛勝かつ2着以下は2勝クラスで足踏みとレースレベルが疑問だった。2キロ増の斤量、持ち時計に乏しい点も含め全幅の信頼を置ける馬とは言い難い。

・ブラックバゴ
中央場所での馬券圏内は3年以上も前のこと。一変は厳しいだろう。

・フランツ
芝1800mで挙げた3勝はいずれも直線の長い東京に阪神・京都芝外回りコース。内回りコースを使われた2走前はリステッド競走でフタ桁着順、機動力が求められるこの舞台への適性には疑問が残る。

・マイネルハニー
2年以上馬券圏内から遠ざかる現状。厳しい。


インディチャンプ・レシステンシアほか、2021阪急杯出走予定馬17頭分析
・インディチャンプ
実績は今さら言うまでもないだろう。普通に走れば大崩れはないと思われるが、気がかりなのは中間の追い切り。2週連続で併せ馬で先着を許している点を無視することはできない。「GIハンター」のこの馬にとって、前哨戦はたとえ敗戦を喫しようが気にならない条件。ノーマークはさすがに気が引けるが、中心視もまた気が引ける。そんな1頭だ。

・カツジ
馬券圏内5戦中4戦が京都芝。直線平坦コースへの適性がズバ抜けている馬だ。昨年2度使われた阪神芝はいずれもフタ桁着順。中10週以上の休み明け【0-0-0-4】も含め、変わり身は難しい印象を受ける。

・クリノガウディー
なかなか掴みどころのない馬だが、内回りコースは少々忙しい印象。重賞レベルでの好走は左回りor直線の長い外回りコースに限定。ここで評価を上げるには至らない。

・コンパウンダー
差しの決まる平坦コースなら今後も穴をあけることだろう。適鞍替わりまで待ちたい。

・ザイツィンガー
時計のかかる芝1400mがこの馬を狙いたい条件。高速馬場の阪神芝が合うとは思えない。

・ジャンダルム
馬券圏内に入った7戦中6戦が右回り。適性がはっきりしているだけに、左回りで勝ち切った2走前には驚かされた。ここは前走馬券圏外時と同じ条件だが、当時は坂路での最終追い切りが4F54秒台。今回は2走前勝利時と同じ4F52秒台と好タイムをマーク。巻き返しを警戒したい。

・タマモメイトウ
時計のかかる芝1200mがこの馬の主戦場。時計の速い阪神芝替わりはマイナスだ。

・ダノンファンタジー
1800→1400mの距離短縮で一変をはたした前走。これで距離短縮ローテでの成績は【3-0-0-1】、よほどこのローテーションが向いているのだろう。今回は前走と同条件での参戦となるが、インディチャンプに0秒4差をつけた内容は文句のつけようがないもの。ここも大きく評価を落とす理由はない。

・トライン
前走本命を打った馬。当時は芝1600mに加えて鞍上横山典弘の好位先行を期待した抜擢だったが、理想のレースをしたうえでの5着だった。良績に乏しい阪神替わり、上積みを望むのは酷に映る。

・ブラックムーン
フタ桁着順が続く現状。厳しい。

・ベストアクター
昨年の阪急杯勝ち馬かつ、その阪急杯以来のレース。「随分長く休んでいたので、多少の割引きは必要かなと思います」との陣営コメントを聞くより、まだ本調子にはないのだろう。とはいえ当時負かした相手はダイアトニック、フィアーノロマーノといった芝1400mのスペシャリスト。リピーターの好走が多い一戦でもあり、何らかの印は打っておきたい。

・ミッキーブリランテ
前走の激走には驚かされたが、当時上位入線をはたした馬は重賞の壁に跳ね返され続けた馬が中心。2走前に惨敗を喫した条件替わりも含め、厳しい戦いが予想される。

・メイケイダイハード
3勝クラス、重賞での勝利はいずれも斤量53キロ。明らかに手薄なメンバーだった前走でも掲示板外、ここも苦戦は免れられないだろう。

・メイショウキョウジ
2勝クラスより上の条件での好走は芝1200mに限定。距離短縮で見直したい。

・メイショウチタン
前走は素晴らしい勝ちっぷり。ただ、当時は雨降りしきる重馬場と、稍重での勝利実績がある同馬には申し分ない馬場コンディションだった。高速馬場に加えてGI級のメンバーが揃った今回、1分19秒台の決着も考えられる。時計勝負になった際の対応力に不安を抱える1頭。

・レシステンシア
デビューから数戦は好位に控える競馬ができていたが、近頃はすっかり抑えの利かない逃げ馬に。ここも先手を奪うレースが濃厚だが、比較的息の入りやすい芝内回り1400mというシチュエーションは悪くない。600m通過33秒7の激流を押し切ったファンタジーSの内容は優秀。高速馬場かつ差し馬が多い今回、54キロの斤量を活かして逃げ切るシーンは想定すべきだ。

・ロードアクア
2年以上、一貫して芝1200mを使われてきた馬。重賞の芝1400mでは厳しいだろう。







重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

今年は波乱度アップ!? 248万馬券の立役者も該当した爆穴候補!

今週は高松宮記念(G1、中京芝1200m)に向けた注目ステップレースの1つ、阪急杯(G3、阪神芝1400m)が行われます。

2017年の248万馬券など、高配当決着が当たり前。毎年恒例とも言える激走ポイントが潜んでおり、荒れる要素には《脚質》が大きく関係しています。

まずは、阪神芝1400mの新馬戦からオープン特別に絞った脚質別成績をご覧ください。

逃げ【22-17- 4- 57】複勝率43.0%
先行【47-28-48-240】複勝率33.9%
差し【27-36-38-440】複勝率18.7%
追込【 4-20-11-347】複勝率9.2%

ご覧のとおり、前に行った馬がそのまま押し切る決着が多いです。

次は、阪急杯の脚質別成績です(過去10年)。

逃げ【3-0-0-7】 複勝率30.0%
先行【1-3-3-32】複勝率17.9%
差し【4-6-3-50】複勝率20.6%
追込【2-1-4-45】複勝率13.5%

逃げ切り勝ちがあるものの、比べて差し、追い込みが決まっていることが分かります。

高松宮記念のステップレースだけあって、出走メンバーのスプリント指向が強く、レースの流れが前掛かりになりやすい特徴があります。

更に、最後の直線には急坂が待ち受けているため、序盤に脚を溜めていた後続勢にチャンスが回ってくるという仕組みです。

上記の事実を知った上で、上がり3ハロン1~3位馬の成績を見るとより実感できるでしょう(過去10年)。

上がり1位【4-1-3-6】複勝率57.1%
上がり2位【0-2-2-5】複勝率44.4%
上がり3位【0-2-0-9】複勝率18.2%

しかも、「上がりが速い=人気馬」というわけではなく

19年1着スマートオーディン(11人気)
17年1着トーキングドラム(7人気)
17年2着ヒルノデイバロー(4人気)
17年3着ナガラオリオン(12人気)
15年3着ローブティサージュ(9人気)
14年2着サンカルロ(8人気)
11年1着サンカルロ(4人気)
11年3着フラガラッハ(5人気)

数々の波乱決着を演出してきた穴馬の多くが該当しています。

今年も有力馬の多くが逃げ、先行馬で、いかにも前掛かりになりそうなメンバー構成。しかも、例年の開幕週ではなく、今年は開催3週目で馬場の内目が荒れて差しが利きやすくなる頃合いです。

過去に速い上がりを連発しているザイツィンガーやトライン、前走で強烈な末脚を見せたメイショウキョウジといった追い込み脚質の穴馬には、願ってもない重賞ではないでしょうか。
スポンサーサイト