アンカツさんのつぶやき

すみれS
よかったらすみれSの見解もお願いします。ディープモンスター、スタートあれだけよれてあの勝ちっぷり。

「人気しすぎかと思ったけど、ファンは知っとるんやね。新馬勝ってから多頭数でやってないのがどう出るかも、能力はクラシック級でしょ。瞬発力の違いで離されただけで、グロリアムンディも奥がありそう。ただ、この1着と2着はローテ考えれば雲泥やね。」

中山記念
「ヒシイグアス。勢いとデキの良さやね。勝負根性があるし、一線級に入っても相手なりにまとめてこれる。ケイデンスコールも完全復調した。康誠らしい進路取りで、②着って結果以外は満点の騎乗。勿体なかったのはトーセンスーリヤ。久々やったで、勝ちに動いたのがラスト響いた。仕掛けひとつやったな。」

阪急杯
「レシステンシア。思ったよりもタメた逃げやったけど、パンパンの良馬場ならやっぱり速い。離して逃げてれば、もっと時計出てたよ。ミッキーブリランテとジャンダルムが残れたのは、友一が刻んだラップの分。インディチャンプは自分から動く展開は向いてない。ダノンファンタジーの敗因はスタートやね。」



すみれSレース後のコメント

1着 ディープモンスター(武豊騎手)
「3勝目ができてほっとしました。これでクラシックは賞金的に大丈夫でしょう。ただレースは若さが残る内容でした。落鉄が見つかったのは幸騎手のファインプレーでした。ゲートでよれたことは大したことではありません」

2着 グロリアムンディ(福永祐一騎手)
「スタートは良いのですが、前走のように促して行くと骨格的にハミにもたれてしまいます。現状はこういう形が一番いいですね。終いは伸びてくれていますし、力はある馬なので整ってくればですね」

3着 モンテディオ(池添謙一騎手)
「未勝利を勝ち上がったばかりですが、上手に走ってくれました。ステッキにも反応してくれました。これから使いながら良くなってきそうです」

4着 セファーラジエル(北村友一騎手)
「スタミナはありそうですが、力むところがありますからね。そのあたりが抜けてくればと思います」

5着 エスコバル(川田将雅騎手)
「4コーナーの雰囲気は勝てそうな感じだったのですが、まだまだ体が幼いですからね。ただ背中の良い馬なので将来的に走ってくると思います」


中山記念レース後のコメント

1着 ヒシイグアス(松山弘平騎手)
「前も飛ばしている中、しっかりと良いポジションでついて行こうと思っていました。道中も良いリズムで直線に向いても手応え十分でした。内から抜けてくる馬がいましたが、しっかりと勝ち切ってくれました。乗るたびに馬も良くなっていて、厩舎もしっかりと仕上げてくれています。まだまだこれからの馬ですし、もっと強いレースができるよう頑張りたいです」

3着 ウインイクシード(横山武史騎手)
「最後までよく頑張って走ってくれました。できれば賞金を加算しておきたかったです」

4着 ゴーフォザサミット(蛯名正義騎手)
「レースの流れにまかせて思った通りのレースはできました。あと1秒遅い流れなら脚も溜まって、もっといい脚が使えたと思います」

6着 コスモカレンドゥラ(柴田大知騎手)
「行き脚がつかず後方からのレースになりました。それでも最後は脚をしっかり使いました。こういうレースができたのは収穫です」

7着 パンサラッサ(三浦皇成騎手)
「ゲートで躓いて後方からのレースになりました。後ろからのレースにも対応はしているのですが、いつものように前の位置でレースができていれば結果は違ったと思います」


阪急杯レース後のコメント

1着 レシステンシア(北村友一騎手)
「強かったです。ムキになって行く感じではありませんでしたが、レース前から自分のリズムに徹しようと思って、2番手に落ち着くならそれでもいいかと思ったのですが、スピードの違いで行ったので逆らわずに行きました。GI馬がいてメンバーは楽ではないと思いましたが、この馬も4歳になって調教の感じも良く期待していました。無事に勝ててホッとしています。今週乗せていただいたことに嬉しく思っていました。結果を出せて次も楽しみが広がっていくので、これからも応援して頂ければ嬉しいです」

3着 ジャンダルム(荻野極騎手)
「スタートを良く出て、勝ち馬の隣で直線を迎えることができました。直線もスムーズで、6歳ですが最後まで頑張ってくれました」

4着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「スタート良く、前目につけられて直線もいい感じで伸びてくれましたが、あと100mのところで止まってしまいました。休み明けの分が影響したかなと思います。今回使ったことで次良くなりそうです」

5着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手)
「ゲートで座ってしまって、上手く出すことができませんでした。それに尽きます」

6着 メイショウチタン(幸英明騎手)
「4コーナーでもう少しスムーズにさばけていたらと思いますが、それでも重賞で十分目処が立ちました」

9着 クリノガウディー(岩田望来騎手)
「位置取りは良かったです。レースの流れが速かったこともありますが...。何とも言えませんね」

10着 タマモメイトウ(古川吉洋騎手)
「レコードですからね。この馬もラストまでしっかり伸びています。慣れて展開が噛み合えばもっと走ってきます」

12着 メイケイダイハード(松若風馬騎手)
「内枠だったので積極的に行こうと思っていました。良いスタートを切って、良いポジションにつけましたが、ジリジリとした脚になってしまいました」

13着 ブラックムーン(藤井勘一郎騎手)
「1400mで少し置かれる感じになりましたが、最後盛り返しています。エンジンがかかるまで時間はかかりますが、9歳でも頑張ってくれています」

15着 カツジ(武豊騎手)
「スタートのタイミングが合いませんでした。残念です」

17着 トライン(池添謙一騎手)
「具合は良さそうで、スタートを切って思ったよりも折り合いがつきすぎてしまいました。悪くない感じかなと思って4コーナーを回ってきましたが、直線で動かそうとしたら反応が返ってきませんでした。この馬は溜めて溜めて弾けさせる方が良いのかもしれません」
スポンサーサイト