水上学の血統トレジャーハンティング

【弥生賞】2歳王者見参

【今週のポイント】
トライアルシリーズ開幕。日曜中山は皐月賞トライアルの弥生賞だ。今年は、2歳王者でホープフルS勝ち馬のダノンザキッドが出走という異例のケースとなる。

すでに賞金を十分に持っていること、3戦連続の関東への輸送などを考えると、ここはトライアルだけに、何が何でも勝ちに来るとは思えない。仕上げ切っていなくても勝てるくらい、他馬との開きがあるのかどうか、その見極めが重要となりそうだ。

それ以外の馬は、皐月賞へ向けてはどれも賞金的に不安で、ここで権利を取りたいところ。東スポ杯、ホープフルと軍門に降っているタイトルホルダーは、勝負付けが済んだとは思わせたくないだろう。そして初顔合わせとなるタイムトゥヘヴンやテンバガーの結果次第で、京成杯勝ち馬グラティアスとの物差しも間接的にできてくる。一気に距離を延ばすシュネルマイスターの二千適性の判断、さらに好時計で1勝クラスを勝ってきたワンデイモアも不気味だ。

簡単にダノンから入ればいいというレースではない。適性確認や賞金加算のメドを立てたい陣営同様、買う方も手探りしながらという、1冠目のトライアル特有の妙味がある。当日の天候も問題で、異例の速い時計の出る馬場だった1週目の傾向が変わるかどうか。馬場状態次第で台頭できる馬が変わりそうな顔ぶれでもある。ぜひ土曜夜更新の血統トレジャーハンティングをご覧頂きたい。

★土曜中山11R 幕張ステークス
◎本命馬 ウインカーネリアン 3番人気1着
心配していたスタートをバッチリ決めて、ハイペースで飛ばすトミケンポハテルの終始2番手マーク。4角前で並びかけ、そこからは余裕の手応えで坂を昇り、後続を突き放した。完勝。

$お宝馬 フォースオブウィル 6番人気3着
好位外で折り合い、スムーズに速い流れに乗れた。直線は切れる感じはなかったが、ジリジリ伸びて、サクラトゥジュールとの競り合いを制した。ローエングリン産駒らしく、このコースはよく走る。6番人気とはいえ30倍近い単勝オッズだったので、なかなか効率の良い複穴だった。

★日曜中山11R 中山記念(G2)
◎本命馬 トーセンスーリヤ 4番人気5着
半年ぶりでも、見かけは太目感なし。レースでも最内枠から絶好のイン3番手が取れたが、若干この馬には流れが速すぎたか。直線坂で息が上がったような感じで失速してしまった。

$お宝馬 ケイデンスコール 5番人気2着
思ったより人気になってしまった。こちらは先行4,5番手をキープし、直線は岩田康騎手お得意のインを突いての伸び。ウインイクシードを交わして先頭に立ちかけたが、ヒシイグアスとの叩き合いにクビ差屈した。この距離にメドは立てたが、京都や阪神、東京の1800mだと、少し厳しい感も。あくまで小回りを活かしたという印象だ。

【次回の狙い馬】
土曜 阪神5R 2着
ゴールドフライト
大外枠から出して行き、先行4番手。直線は一度先頭に立つが、勝ったロードラスターの決め手に屈しての2着。しかし後続は離しており、今回距離を2F短縮してマイルにしたのが大正解。次走も同距離なら確実に勝ち負け。

日曜 小倉10R 3着
タイキドミニオン
1,2着が前残り決着となったレースで、唯一後方から脚を伸ばして首位争いに加わってきた。タイミング1つで差し切っていたと思う。ダノンシャーク産駒は数少なく、ダートで走るのも意外だが、非常にパワフルな走りをする馬。脚力高く、このクラスはいつでも勝てる。






回収率向上大作戦・須田鷹雄

【弥生賞予想】前走条件戦組で買える馬は?

能力が秀でていなければ厳しい


 弥生賞はダノンザキッド絶対のムード。できれば相手を絞りたいものである。

 そこで、今回は登録馬のうち過半数を占める前走条件戦組から絞れる条件を考えてみたい。

 先に結論から言うと、前走で上がり最速、せめて2位は出しておきたいところだ。

 過去10年の弥生賞に出走した前走条件戦組は[2-3-0-46]。基本的においしいグループではないので、ここから多くの馬にシルシを回したくない。

 [2-3-0-46]のうち、前走で上がり最速をマークしてきた馬は[2-1-0-16]、2位は[0-2-0-6]。3位以下は[0-0-0-24]で一切来ていない。

 前走オープン組は前走先行して上がり3位以下で残したような馬も弥生賞で好走しているので、事情が異なる。条件戦の場合、ある程度位置をとっても上がり上位で来るくらい能力が違わなければいけないということだろう。

 前走上がり最速と2位を合わせると[2-3-0-22]。そのうち新馬・未勝利組は[0-1-0-12]で1勝クラス組は[2-2-0-10]。1勝クラス組だけを取ると割り切ってもいいだろうし、14頭中4頭連対なら悪くない。

 今年の該当馬は前走上がり1位のシュネルマイスターと2位のワンデイモア。この2択は難しい。前走上がり順位だけならシュネルマイスターだが、キングマン産駒なので距離がどうか。ワンデイモアは0.1秒差とはいえ2位。ただこちらは距離は大丈夫だし配当がつく。

 まあこの2択は本命党穴党それぞれの趣味で決めてもいいだろう。個人的にはダノンザキッド→前走オープン組←→この2頭のいずれか、のような買い方をしてみたいと思っている。






重賞データ分析・小林誠

【弥生賞ディープインパクト記念予想】今年は堅いほうの弥生賞に!

■弥生賞ディープインパクト記念(GII・中山芝2000m)フルゲート18頭

★3行でわかる! 弥生賞DI記念 攻略の糸口

1.狙ってオイシイのは4~6人気や7~9人気。中穴狙いで!
2.勝率や連対率が高いのは真ん中より外。脚質は前優勢。
3.前走最速上がり、前走1人気、距離延長、関西騎手も◎!

データ特注推奨馬
 ★ダノンザキッド

 クラシック制覇を目指す、世代トップクラスが集う弥生賞DI記念。昨年のように、上位人気がキッチリ上位を独占するようなケースもある。しかし、1番人気は[4-2-0-4]とイメージほど強くはなく、内容的には2番人気のほうが優秀なほど。また、意外に「中穴」が強いというのも特徴で、4~6番人気や7~9番人気あたりは狙ってみる価値が大いにある。堅く決まる年なのか、それとも波乱が期待できる年なのかを、しっかり見定めたい。

 そして、内枠有利ではないという点にも注意が必要だろう。少頭数となるケースが多いレースなのだが、それでも内枠の勝率や連対率は意外なほど低め。複勝率だけは高いので「内枠の人気薄を3着で狙う」のはアリだが、1着候補や2着候補は、中~外枠に入った馬から選んだほうがいい。脚質については、中山芝らしく「前」が優勢。中団よりも前のポジションが取れる馬を重視して、馬券を組み立てたい。

 あとは、前走での上がりが最速であること、前走1番人気に推されていること、前走で芝1600mや芝1800mに出走していた距離延長組、1~2月の早生まれ、関西所属騎手が騎乗することなども、弥生賞ではプラスとなる材料。現時点では、断然の1番人気に推されるであろうダノンザキッドが、データ特注推奨馬となる。今年は「堅く決まるほう」の弥生賞になる──というのが見立てだが、果たしてどうか。


【コース総論】中山芝2000m Aコース使用
・コースの要所!
★人気サイドの信頼度が高めのコース。10~12番人気の「3着付け」も狙い目。
★外枠のほうが好成績で少なくとも内枠有利ではないコース。勘違いに注意!
★上がり最速馬は好成績も、やはり先行勢が優勢。予想の軸足は前に置きたい。

210226_01.jpg
210226_02.jpg
210226_03.jpg

 中山芝2000mは、4コーナーを回って直線に入ったところがスタート地点。最初のコーナー進入まで400m以上あることや、スタート直後に急坂が待ち構えていることなどから、序盤のラップはそう速くはならない傾向にある。起伏が小さめの内回りコースを走るが、中盤以降は息を入れるポイントが少なく、一貫して速めのラップが刻まれる。この流れでも踏ん張れるような、スタミナや底力が要求されるコースである。

 総合力を問われるコースであるためか、人気サイドの信頼度が高め。1番人気を筆頭に、上位人気は優秀な結果を残している。中山なので展開的な紛れは相応にあるが、人気薄で目立っているのは「10~12番人気の複勝率の高さ」程度で、狙い打つのはなかなか難しそうなイメージ。穴を買うにしても、人気サイドからのヒモとして狙ったほうが効率はいいと思われる。

 注意したいのが枠番。中山芝というだけで「内枠有利」というイメージだが、中山芝2000mはそのパターンに合致しない。極端に大きな差があるわけではないが、じつは外枠のほうが高信頼度で、回収値も高いのだ。少なくとも、外枠が割引材料になるコースではないのは間違いなし。脚質にもよるが、外枠のほうがいいケースも意外に多いというのを、しっかり覚えておきたい。

 脚質面はおおむねイメージ通りで、やはり先行勢が優勢。上がり最速馬は優秀な結果を残しているが、それでも差し優勢といえるほどではない。前々からの押し切りがもっとも多い勝ちパターンで、逃げた馬がそのまま逃げ切るケースも少なくはないコース。逆に、道中で後方に置かれてしまうと、勝ち負けに持ち込むのはかなり難しい。予想の軸足を、ここでは「前」に置いておきたい。


【レース総論】弥生賞DI記念(GII) 中山過去10回
・レースの要所!
★人気馬が強いが、狙ってオイシイのは4~6番人気や7~9番人気などの中穴。
★勝率や連対率が高いのは外で、複勝率が高いのは内。トータルでは外が優勢。
★脚質面はかなり「前」が強いが、前走で最速上がりだった馬は買うのが正解。
★前走1番人気馬や距離延長組が好成績。関西所属騎手の活躍も目立っている。

210226_04.jpg
210226_05.jpg
210226_06.jpg
210226_08.jpg
210226_09.jpg
210226_10.jpg
210226_11.jpg

 牡馬クラシックの登竜門と呼ぶにふさわしいレースが、弥生賞DI記念。近年は少頭数になるケースが多いが、それも「勝ち負けにならない馬を出すべきではない」と考える陣営が増えたせいだろう。昨年は3番人気以内に推された馬が、そのままワン・ツー・スリー。1番人気の信頼度は並程度ながら、基本的には人気サイドが強いレースといえる。

 ただし、狙ってオイシイのは中穴。ふたケタ人気の大穴はサッパリの結果に終わっているが、4~6番人気や7~9番人気の好走率は意外に高く、狙っていく価値が十分にある。ちなみに一昨年は、ここが上位を独占して馬単69140円、3連単45万7370円と高配当に。堅く決まるパターンなのかそうではないのかを、出走メンバーの「質」から推測して、臨機応変に立ち回る必要性がありそうだ。

 次に枠番データ。弥生賞DI記念は出走頭数が少ない(過去10年は最高でも15頭)ので、通常とは異なるデータの区切り方をしている。面白いのが、勝率や連対率が高いのは中~外枠で、内枠は複勝率や複勝回収値が高いという点。これもおそらく、出走頭数の少なさが大きく影響している。トータルで考えると外のほうがベターだが、3着が期待できそうな「内枠の中穴」は、しっかり押さえておくべきである。

 脚質はコースデータ以上に「前」が優勢。少頭数のレースが混じっているので、ある程度は先行勢優勢になって当然なのだが、それにしても偏っている。また、上がり最速馬と2~3位の馬の成績差が小さいというのも、前優勢のレースである裏付けといえそうだ。しかし、過去10年で6勝をあげている「前走での上がり最速馬」は、買う価値が大アリ。オープン特別~重賞で出されたものならば、信頼度はさらにアップする。

 前走での人気や着順については、「前走1番人気馬」がもっとも好内容。勝率24.0%で単勝適正回収値120.0というのは、高く評価してしかるべき内容だ。それとは対照的にサッパリの結果に終わっているのが、前走10番人気以下馬と前走6着以下馬。このレースにはあまり出走してこないパターンではあるが、もし出てきた場合はサクッと「消し」評価にして問題なさそうだ。

 前走でも芝2000m戦に出走していた組が多く出走してくるが、じつは前走で芝1600m戦や芝1800m戦に出走していた「距離延長組」のほうが好内容。信頼度の高さと回収値の高さを両立しているので、出走してきた場合には人気薄でも侮れない。逆に、前走芝2000m組で好走しているのは、上位人気に推された馬ばかり。人気薄での激走は期待できないパターンなので、注意が必要である。

 アノマリー系のデータからは、生まれ月別での成績を紹介したい。完成度の高さが問われる世代限定戦でもあるので、結果との因果関係がないわけでもない。ここはやはり「早生まれ」の馬のほうが強いレースで、なかでも1~2月生まれの馬はトータル[4-6-7-19]で複勝率47.2%、複勝回収値148という抜群の成績。昨年や、マカヒキが勝った2016年など、この組が上位を独占した年もある。

 最後に騎手関連データ。継続騎乗組のほうが好成績なイメージだったが、実際は乗り替わり組との差は小さく、ほとんど気にする必要なし。それよりも、信頼度の高さと回収値の高さを両立している、関西所属騎手をプラスに評価すべきだ。外国人騎手よりも信頼度が高いというのは、けっこうなレアケース。関東所属騎手との比較では、天と地ほどの大差が出ている。


【血統総論】

210226_12.jpg

 血統面では、ディープインパクト産駒、スクリーンヒーロー産駒、ロードカナロア産駒をプラス評価の対象とした。爆発力が魅力なのはステイゴールド産駒だが、産駒がいない世代なので致し方なし。今後その座を期待できそうなのは、ギャップ値がプラス圏で信頼度の高さもある、スクリーンヒーロー産駒だろうか。あとは、ロードカナロア産駒が見せているコース適性の高さも素晴らしい。今後も要注目だろう。


★出走想定馬 総論×各論

 本稿執筆段階で出走の意向が把握できているのは、わずか10頭。フルゲートが埋まることは少ないレースだが、それにしてもこの頭数はいささか寂しい。バットを振らないことには当たらないのだから、出走馬がもっと増えて欲しいというのが正直なところだ。人気を集めそうなのは、ホープフルSの勝ち馬であるダノンザキッドや、ルメール騎手が騎乗予定のシュネルマイスター、京成杯の2着馬タイムトゥヘヴンあたりか。

 現時点でのトップ評価は、1番人気になるのが確実視されるダノンザキッド。ここまで3戦して無敗で、上がりはすべて最速。東京スポーツ杯2歳SとホープフルSという、クラシックに繋がる重賞を2つも制しているのだから、人気になって当然だ。末脚のキレ一辺倒のタイプではなく、好位で流れに乗れる競馬センスのよさも、この馬の大きな長所。中山での好走実績があるというのも強みとなる。

 二番手評価にシュネルマイスター。今年は非常に少ない「芝1600mや芝1800mからの距離延長組」で、前走は1番人気1着で上がりも最速。さらにルメール騎手が継続騎乗予定であることなど、こちらも買い材料はかなり豊富だ。父のKingmanは名マイラーで、本馬も中距離の適性については未知数だが、母系に入っている欧州の血はスタミナ寄り。少頭数で落ち着いた流れになりそうなここならば、あっさりこなせる可能性が高い。

 三番手評価にゴールデンシロップ。未勝利を勝ったばかりの身で格上挑戦となるわけだが、その内容は高く評価できるもの。数少ない距離延長組であることや、前走での上がりが最速だったことなど、2月生まれであることなど、買い材料もけっこう多い。ただし、父Havana Goldなど未知数なところが多い血統で、短距離戦のほうが強いゴドルフィンの所有馬であることなどは、懸念材料となりそうだ。

 以下はタイトルホルダー、タイムトゥヘヴン、テンバガーという評価の序列。かなりの少頭数となりそうな上に「堅そう」との見立てなので、これ以上は手を広げられない。ゴールデンシロップが上位に食い込んだ場合でも、相手は紛れない可能性のほうが高いはず。確実性を重視した馬券で勝負したほうがいい年となりそうである。
スポンサーサイト