【弥生賞ディープインパクト記念】美浦レポート

【弥生賞ディープインパクト記念】美浦レポート タイムトゥヘヴン
斎藤吉則調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の京成杯2着を振り返って)
「理想は前に馬を置く形が良かったのですが、押し出される形で逃げる形になりました。最後は馬場の良い所に進路を取ろうと思って外へ行ったのですが、勝ち馬に上手く内をすくわれて少し離されました。何とか2着は死守できたので、内容的にはそんなに悪くはないと思っています」

(成長している点は?)
「競馬自体は使うごとに上手になってきているので、そういったところは良くなってきています」

(前走後の調整について)
「前走で、返し馬から競馬までいつもより力みが見られたので、そういったところを落ち着かせるような感じで、気持ちをコントロールできるような感じで調整していました」

(最終追い切りを振り返って)
「一応、先週今週とジョッキーに乗ってもらって、上手くコントロールが効くかどうかの感触を掴んでもらいました。馬の後ろで折り合って、終いの反応も良かったので、内容的にすごく良かったと思います」

(今回のレースに向けて)
「コースも距離も(これまでと)同じ舞台というか、経験があるのはプラスかなと思います。
GI馬も出てきますし、この先やっていく上である程度自分の馬の物差しにもなるのかなと思います。
好位で競馬ができれば一番良いのですが、前走みたいに逃げではなくて、前に馬を置く形が一番良いと思います。
まだいろいろと課題が多いですし、荒削りなところはあるのですが、能力はある馬だと思うので、応援よろしくお願いします」


【弥生賞ディープインパクト記念】美浦レポート シュネルマイスター
手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(デビュー2連勝を振り返って)
「(新馬戦は)距離的にマイル前後でデビューさせたいなと思いました。血統的にも母がヨーロッパの血統なので、洋芝を使いたいなというところで札幌の1500mを狙ってデビューさせました。デビュー当初はまだ体も弱々しくて、デビュー戦に跨ってくれた横山武史騎手も"まだ緩いな"という感想だったみたいですが、よく勝ってくれて良かったなと思っています。それから夏休みを挟んで暮れまで休ませたのですが、デビュー戦を勝った後、いろいろと熱発だとかありまして休養が長くなってしまいました。ひいらぎ賞に向けて、ある程度立ち上げてからは順調に来て、良かったのではないかと思います。2戦目も、こちらが思っている以上の内容で勝ってくれたなと思っています。
馬体重がかなり増えた例を取っても当てはまるのですが、体力的にはデビュー戦に比べて2戦目の方が付いたのではないかと思っています。ただ、全体的な緩さというところは相変わらず感じ取れているので、その辺は今後の課題かなと、当初は思っていました」

(前走後の調整について)
「ひいらぎ賞を勝った後、春はどこから使おうかというのはオーナーと相談しました。ひいらぎ賞のレース内容を考えると、距離も融通性があるのかなと思えたので、オーナーへは私の方から少し距離を延ばしてみませんかと言わせてもらいました。それならばトライアルから行こうかという話で弥生賞ということになりました。この中間はどこが痛くなったということは特になかったので、しっかり休養と鍛練を重ねて、放牧先から戻ってきました。すごく良くなって帰ってきました」

(最終追い切りを振り返って)
「1週前までにある程度仕上がっているかなという感じはしたので、今日は時計はあまり気にせずに息だけ整えるようなイメージで追い切りました。時計も申し分ないですし、もし楽だったらゴール板を過ぎても少し伸ばそうかなと思ったので、その通りになったような調教で、仕上がりとしては申し分ないかなと思っています」

(今回のレースに向けて)
「中山のコースは問題ないかなと思っています。距離の2000mは、マイルまでしか走っていない馬なので、血統的にもキングマンということでマイラーなお父さんなので、その辺は考えるところはあるのですが、それをも覆してくれるようなポテンシャルを持っているのではないかと期待して送り出そうと思っています。2000mなのですが、コーナー4つあるので息も入りやすいでしょうし、幸い今回は少頭数なので、それほど乱ペースにもならないだろうという思いもあるので、十分こなせるかなと思っています。
最優秀2歳牡馬もいますし、頭数は少ないですが、(メンバーは)強いなと思います。そこと組んでどこまでやれるかというところなのですが、過去に私の厩舎で預かった馬には良い馬がいましたが、それと比較しても遜色ないポテンシャルを持っていると思います。ぜひとも良い内容のレースをしてほしいなと思っています。
2戦2勝で、珍しいドイツ産馬なのですが、弥生賞で良い内容のレースをしてくれれば、シュネルマイスターも全国区になれると思います。もちろん全国区になれるような器だと思っていますので、ぜひ応援していただければと思っています」


【弥生賞ディープインパクト記念】美浦レポート ワンデイモア
国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

(前走の1勝クラス1着を振り返って)
「流れた競馬で後ろから行って、終いはしっかりと伸びてくれました。競馬としては良かったと思います。
まだまだ(これから)かなと思っていたのですが、ずいぶんやる気があるというか、競馬のセンスが良いなと思っています」

(前走後の調整について)
「牧場へ一回出しまして、弥生賞からということでこれに合わせて来ました」

(最終追い切りを振り返って)
「ハヤヤッコと併せて、終い重点でやりました。やる気満々で終いは良い走りができました」

(今回のレースに向けて)
「中山は同じなので、乗り役もよく分かっていると思います。その辺は問題ないと思います。
やはりクラシックを狙っていくには、この辺りで良い競馬がしたいなと思っています。
どうにでも乗れるとは思うので、流れを見て上手く対応してくれればと思っています。
馬が正直で、柔らかくて、そこら辺が良いかなと思います。
暖かくなってクラシックが近づいてきたので、期待を持てる走りを見せて、皆さんに喜んでいただければと思います」


【チューリップ賞】栗東レポート

【チューリップ賞】栗東レポート エリザベスタワー
高野友和調教師のコメントは以下の通り。

・(前走のエルフィンSは)人気にしていただきましたが結果が出ず申し訳ありませんでした。懸念していた馬の力みが出てしまったという感じです。デビュー前からそういった課題は感じていたものの初戦は馬がレースというものを理解しておらず力みが隠れていました。その課題が顕在化したのが前走です。

・(中間の過ごし方は)いかに乗りやすい馬を作るかという課題をもって過ごしました。目標をチューリップ賞に定めてからは間隔もそれほどないので在厩で調整をしました。

・(一週前追い切りは)当初の予定はあまり速い時計を出す予定では無かったのですが結果的に速い時計が出たので、今週はリズム良く軽めの調整と考えました。

・(今週の追い切りは)肉体面は先週の段階で仕上がっていましたので、精神面のコントロールに重点を置きました。あまり燃え上がらせないようにして時計も想定通りでした。真っ直ぐ走って概ねいい仕上がりです。

・(阪神芝1600mは)この馬には合っていると思います。左回りの中京競馬場より今回の阪神の方が結果も出ており気持ちよく走ってくれるのではと思っています。

・(今回トライアルに臨むにあたり)前走で失敗しましたから今回はまず冷静に自分の走りを出来るかどうかという点に主眼を置いています。そしてこの馬本来の能力を発揮させられるよう頑張ります。


【チューリップ賞】栗東レポート テンハッピーローズ
高柳大輔調教師のコメントは以下の通り。

・(フェアリーS4着は)ゲートを早く出過ぎて前にも壁が出来ないので、本来のこの馬の位置取りができない中で最後までよく走ってくれました。状態自体は良くなっています。背中も良くなって成長を感じます。

・騎手も言っていますが身体をよく使えるようになっているとのことです。背中をよく使えるので使うごとに成長している感じです。

・(中間は)使ってすぐにトレセンに放牧に出しました。じっくり休ませて、今回は早くに入厩して調整をしました。追い切りも充分間隔を開けてやっています。状態はいいですね。

・(一週前追い切りは)前走ゲートを早く出過ぎて前に壁を作れなかったことを踏まえて、今回は壁を作って最後溜めながら伸ばす様な指示でした。指示通りの追い切りで馬も応えてくれました。溜めが効いた動きでした。

・(最終調整は)先週の段階で馬が出来ていましたので調教で疲れを残さないように最後は持ったままで上がってくるように指示して、その通りやってもらいました。見た目も動きも良くなっていますから当日はいい状態で出走させることが出来ると思います。

・今回は初の近場の競馬場で阪神は初めてになりますが力は発揮してくれそうです。溜めれば伸びます、折り合いさえ注意したら結果につながると思います。しっかり走って権利をとってもらいたいですね。


【チューリップ賞】栗東レポート メイケイエール
武英智調教師のコメントは以下の通り。

・(阪神JFは)枠順とかもありますが道中のかかり具合の改善も見られ結果とは別に収穫の見られるレースでした。

・(中間の調整は)レース後すぐ放牧に出て、身体をふっくらさせてもらいました。前走は458kgでしたが帰厩時には478kgまで増えていまして調整がしやすかったですね。ここまでいい感じで来ています。背が伸びて成長しているという印象でした。昨日の段階で468kgですからレースに向けていい感じです。

・(今日の追い切りは)馬場入りで少しごねました。もともと落ち着いている馬ですが少し我の強い部分がありますからね。でも動きは素晴らしいものがありました。特に問題はありません。レースを想定しての内容でした。追いかけられるとかかる面を見せていました。その様に夢中になって走るところがあるのでまだまだ課題はありそうです。

・前走もあと少し我慢すれば距離も充分こなしそうでした。最大の目標は次の桜花賞ですから、トライアルとして次につながるレースをしてもらいたいですね。心配は折り合いのみ、後は何も心配ありません。騎手はレジェンドですし、状態はいいですし、能力はこの世代随一と思っています。

・厩舎の中では一番大人しい馬で、スイッチのオンオフが極めてはっきりしている馬です。オンがもう少しゆっくり入ってもらいたいですね。

・折り合いという課題はありますが、それ以上に魅力的な面もたくさんあります。いいレースをして、いい状態で最大の目標である桜花賞に向かいたいですね。







「虎の子」の一頭・馬場虎太郎

【弥生賞予想】弥生賞は週末に雨が降ればタフなコンディション

 先週の中山芝は雨の影響が全くない乾いた状態で、日曜朝に発表されたクッション値は「12.2」。今まで発表されたなかではかつてないほどに高い値。これまでは高くても10前後で発表されるのがほとんどだったことを考慮すると、よほど硬い状態だったのだろう。

 中山記念の勝ちタイムはレコードタイの1分44秒9。時計そのものは出ていたが、今開催は路盤の状態自体が良いとは言えない。

 先週開幕した中山の芝は6番人気以下で3着内に好走した9頭のうち6頭が最初のコーナーを3番手以内で通過。6番人気以下で連対した3頭も同様に最初のコーナーを3番手以内で通過していたように、先行した馬が恵まれやすかった。

 今年は前開催となる1回中山開催の芝が例年以上に傷みが進んだ状態で終了しており、保護されていた期間が長く状態の良いAコース部分との差も影響している。

 そして、今週末の中山は不安定な天気予報。特に土曜が降雨のなかでの開催となった場合は、日曜も雨の影響をうけた状態の馬場になりそう。雨の影響があって緩むようだと一気に悪化し、重めの馬場コンディションが想定される。

 先週時点でも前有利な傾向だったが、緩んで走りづらい今週末はさらに直線で脚を使うことが難しい状況になるだろう。先行できるタイプを狙いたい。

 タイムトゥヘヴンの2走前は同じコースを走って圧勝しているが、この時は馬場コンディション「稍重い」と判定する重めの馬場コンディションのなか淀みない流れを先行して押しきった。

 前走も今回と同じコースの京成杯で2着。ただし、遅いペースで後半に脚を使うレースは向かなかった。展開には恵まれたが、この馬自身は速いペースで持続力を発揮させたい馬。

 他の先行馬に厳しいペースになった方が力を発揮できるタイプ。重めの馬場コンディションが想定され、先行したい馬も前走に比べて揃っている今回は馬場とペースが前走以上に向くことが予想される。
スポンサーサイト