こんにちは

【アイビスサマーD】美浦レポート~セイコーライコウ
●鈴木康弘調教師
「前走(函館スプリントS)は直前輸送で臨みました。非常に馬場コンディションの良い時期で、前残りの競馬が続いていました。枠順が内ならよかったのですが、外枠を引いて終始外々を回らされてしまいました。結果は追い込んで4着でしたが、強い競馬をしたと思っています。美浦に戻ってからも順調に、毎週のように坂路で速いところをやっています。

暑い時期ですしレースも使ってきていますから、今朝の最終追い切りは馬に負担がかからないように、と指示しました。ほぼ指示通りに近い時計でした。息遣いもスムーズで、仕上げはうまくいったと思っています。

(前々走の韋駄天Sについて)セイコーライコウに直線1000mが合うのか、対応できるのか疑問でしたが、レースを使うとなったときに柴田善臣騎手が『イメージはできています』と話していました。レースも強い内容でした。直線競馬はどの馬も一杯に追ってのレースが多いのですが、この馬の場合は余裕のある勝ち方でしたからね。その時に直線1000mの競馬に適していると確信しましたので、このレースへの出走を決めました。

馬の状態も非常にいいですし、前々走で良いパフォーマンスを見せて勝った舞台ですから、きっと良い結果を出してくれると思います」

【アイビスサマーD】美浦レポート~フォーエバーマーク
●田子広野調教助手
「前走の函館スプリントS(5着)は、いつものように逃げたのですが他の馬に早めに来られてしまって、この馬にはきつい展開になってしまいました。そのあと美浦に戻って、トモに少し疲れが出たのですが、一週間くらいでそれも回復して、今では疲れもなく順調にきています。

今朝の最終追い切りは、5Fから15~6秒で入って、半マイル54秒くらいの指示でした。少し時計は速くなりましたが、いい追い切りができたと思います。動きも、いい意味で変わらない、いつも通りのフォーエバーマークでした。

スタートがいい馬ですし、レースでは馬場のいい外めを走りたいですね。枠順も外の方がいいと思います。このレースは去年2着でしたし、今年はなんとか勝たせてあげたいです」

【クイーンS】美浦レポート~ケイアイエレガント
※追い切りは札幌競馬場で実施
●尾形充弘調教師
「前走(ヴィクトリアマイル6着)は初めてのGI、相手もかなり揃ったなかで6着、大善戦だったと思っています。当初から大変期待していた馬で、遅まきながらオープン入りして、それなりに戦えるようになってきました。揉まれ弱いところがあったのですが徐々にそのあたりが解消されてきましたし、デビュー当初から比べるとトモが一回りも二回りも大きくなっています。順調に成長してきたように思いますね。

前走後は放牧で、GIの疲れをとりながら、このレースに照準を合わせていました。7月11日に札幌競馬場に入厩するまで、牧場で調整してきました。現状、まだ体は立派かもしれませんが、まずまずの状態で過ごしてきました。先週は併せ馬で負荷をかけるために助手を乗せて、その時点で7分から8分のところまできています。

(初めての夏の北海道シリーズ参戦となるが)環境の変化などは大丈夫です。牝馬らしからぬところがありますし、どっしりしていますから。輸送にも動じないタイプで、心配ありません。洋芝に関してはやってみないとわからないところがあります。ですが、この馬はダートもこなしますし、かき込みの強い馬で道悪もそれほど下手ではありません。うまくこなしてくれればと思います。

(コースについて)枠順や相手関係によってレース運びは変わりますが、前で競馬をすることは間違いないでしょう。早めに動けるタイプですし、自分で競馬を作れる強みもあります。福島で小回りもこなしていますし、心配していません。無事に、秋につながるレースをしてもらいたいです」
スポンサーサイト