こんにちは

今週の考察をまとめましょう。

[フォトパドック]
抜けている馬はいません。有力馬は順調に夏を過ごしたようです。

[netkeia「重賞データ分析」から]
 注目は「中2週~中3週で出走する穴馬」か。7番人気以下で3着以内に好走した馬の多くがこの条件を満たしているのだが、今年の登録馬ではクロニクルスカイ、サングラス、スズカヴァンガード、フェスティヴイェルの4頭しかコレに該当しない。サングラス以外はすべて抽選となるが、もし出走してきたら狙ってみる価値アリだ。

[netkeiba「根多のデットーリ」から]
新潟開催であるがゆえにイスラボニータもトゥザワールドもナイガシロにしにくいと感じている。
その上で、
エアアンセム・クラリティシチー・メイクアップらの食い込みに期待している。

[netkeiba「単勝二頭流」から]
オウケンブラック、メイクアップ、エアアンセム

[坂井千明さんの追いきり診断]
http://blog.livedoor.jp/sakai_chiaki/詳しくはこちらからどうぞ
「サングラスとダイワリベラルの動きは見ることができなかった。
イスラボニータが抜けて良く見えたよ。他で良かったのはトゥザワールド、ショウナンラグーン、距離は気になるけどサトノフェラーリ、重くは見えたけどマイネルフロスト。この5頭までだね。」

イスラボニータは体の使いもいいし、追ってからの反応や伸び…どれをとっても良かったよ。追い出して体が沈み込むのがいいよね。今まで貶した記憶がない馬だけど、相変わらず今回もいい。あとは休み明けがどうかだけだろう。

エアアンセムは体の使いも良かったし、追ってからの伸びも良かった。この馬なりに順調だと思う。あとはこのメンバーに入っての力関係だけだろうね。

オウケンブラックは、体の使いが良かった。この馬なりに順調だと思うから、あとはこのメンバーに入っての力関係だけだね。

クラリティシチーは力強い走りをしていたし、体の使いも良かったんだけど、追ってからの伸びがイマイチだった。それでも元々調教で良く見せる馬ではないから、この馬なりには順調なんだろう。“春に比べてここが良くなった”っていうところはなかったよ。

サトノフェラーリは力強い走りができていた。いい意味で順調だね。ただ、2200mの距離がどうだろう。この馬にとっては長いと僕は思うんだけど…。

ショウナンラグーンは、体の使いや伸びは良かったんだけど…。併せた馬にスッと並び掛けたのに、交わした途端にやめているから、気性的に難しいところがあるんだろう。青葉賞の時のように、ゴール前までもつれるような展開になれば…っていう感じじゃないかな。早めに先頭に立つとやめてしまうだろうから、乗り役にとっては乗り難しいタイプの馬だよね。体調自体は良さそうだよ。

ステファノスは体の使いも良かったし、この馬なりには順調だと思う。あとは久々がどうかだろう。

トゥザワールドは体の使いも良かったし、反応や伸びも良かった。休み明けになるけど、仕上がりは良さそうだよ。

マイネルフロストは、体を使って気分良く走っている。すごく状態は良さそうだし、柔らかい走りをしているから長い距離も合っている。ただ、体が少し重いような気がするな。当日の馬体重はチェックした方がいいだろうね。

ラングレーは、体の使いや追ってからの伸びはマズマズ。ただ、追い出してからかなりモタついていたのは気になるね。休み明けの影響もあるんだろうし、短い距離で急がせるよりも、長い距離でユッタリ走らせた方がいいタイプだと思うよ。

ワールドインパクトは体を使って力強い走りをしていたけど、頭が高いのは気になる。首をうまく使えていないんだよね。ダービーの時は気にならなかったから、まだ仕上がり途上だと思うな。
--------------------------------------------------------
展開
「データde出~た 第837回新潟芝2200mの傾向を知っておこう」より 
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
逃げ 17- 13- 10- 89/ 129 13.2% 23.3% 31.0% 111 113
先行 56- 58- 39- 282/ 435 12.9% 26.2% 35.2% 103 99
差し 37- 36- 53- 446/ 572 6.5% 12.8% 22.0% 47 74
追い込み 8- 10- 15- 430/ 463 1.7% 3.9% 7.1% 48 30
マクリ 2- 3- 3- 8/ 16 12.5% 31.3% 50.0% 123 160

3F 1位 47- 22- 21- 45/ 135 34.8% 51.1% 66.7% 189 176
3F 2位 25- 27- 21- 66/ 139 18.0% 37.4% 52.5% 247 137
3F 3位 19- 16- 21- 70/ 126 15.1% 27.8% 44.4% 106 128
3F~5位 17- 26- 31- 176/ 250 6.8% 17.2% 29.6% 60 115
3F6位~ 12- 29- 26- 889/ 956 1.3% 4.3% 7.0% 23 30

脚質は先行>逃げ>差し  数は少ないがマクリは優秀な成績。速い上がりが出せる切れる馬がいい。
以上がこのコースの基本で、あとは今の馬場状態を考慮して修正出来ればいい。

 netkeiba.comのパドック予想でお馴染みの古澤秀和氏による、20日(土)の傾向分析です。明日の予想にお役立てください。
【新潟芝】
・終日良馬場での開催。1、2レースは逃げが決まったが、それ以降は基本的に外からの差し。最終レースで2着馬が内から来たように内も伸びなくはないが、基本的には外差しの馬場。

・時計は新潟としては標準からやや掛かり気味。パワーと切れが両方求められる感じ。

・ダート実績のあるサンデーサイレンス系種牡馬が有利となりそう。


先行するのは
③ダイワリベラル ⑤イスラボニータ ⑪サングラス ⑫アルテ ⑮デルカイザー
逃げるのは前走逃げた⑪サングラスでしょうか?徹底先行型不在で標準からややスローな流れが予想されます。

中団からは
②エアアンセム ⑥マイネルフロスト ⑦サトノフェラーリ ⑨ヨッヘイ ⑩ステファノス ⑬ワールドインパクト ⑭タガノグランパ ⑮デルカイザー ⑯トゥザワールド ⑰クラリティシチー ⑱メイクアップ

後方からは
①ラングレー ④ショウナンラグーン ⑧オウケンブラック 

各馬の位置取りはだいたいです。脚質から⑯トゥザワールド ⑰クラリティシチーはマクルかもしれません。
速い上がりが出せるのは④ショウナンラグーン ⑦サトノフェラーリ ⑰クラリティシチー 

---------------------------------------------------------
評価順
1番手⑤イスラボニータ  
2番手⑯トゥザワールド  
3番手⑦サトノフェラーリ 
4番手⑰クラリティシチー
5番手⑥マイネルフロスト
6番手④ショウナンラグーン  
7番手②エアアンセム 
8番手⑩ステファノス 
9番手⑬ワールドインパクト 

1番手 ⑤イスラボニータは前から中団で競馬が出来、追い出しの反応も良く仕上げなくとも3着内には来れる。
  
2番手 ⑯トゥザワールドは小回りで自在な競馬が生きる。スローな流れなら早めにマクってくるのではないか。

正直なところ以上2頭のワイドが固いと思う、オッズ次第で2頭軸で以下に流す3連複。
  
3番手 ⑦サトノフェラーリは2歳の早い時期から注目していたのですが、やっと重賞に出て来ました。3着には来て欲しい。 
4番手 ⑰クラリティシチーはG1以外はすべて3着以内という堅実派。相手が弱かったとはいえ、前走は改めて実力を見せつける競馬。3着には来そうです。

5番手 ⑥マイネルフロストは速い上がりが使えるわけでもなく前が有利な展開なら。

6番手 ④ショウナンラグーンは速い上がりで勝負する馬、だが後ろ過ぎると届かない。マクル競馬は出来なそう。
  
7番手 ②エアアンセムは京成杯の馬体写真で惚れた馬。素質はあると思うんですが、前走見るとまだか?一叩きで変わってくれば。
うまスクエア堀内泰夫今週の裏ネタ[2014年09月18日]
エアアンセム
発展途上も素質でどこまで…
セントライト記念に出走するエアアンセムは、先週に続いて今週も栗東から松田騎手が駆けつけて追い切りに騎乗した。春は弥生賞4着の実績があり、ひと夏越しての成長が期待されるところだが、松田騎手のジャッジは意外にも厳しい。「先週の動きがモッサリしていた。今週はもう少し動いてくれると思ったが、先週と変わっていなかった。素質は素晴らしいものを持っているけど、まだ発展途上の馬で未完成。気性は少しずつ前向きさが出てきたけど体はまだ子供のまま。この馬のポテンシャルからすると完成度はせいぜい70%ぐらいかな。素質の高さでどこまでやれるかだね」と控えめに語っていた。
 
8番手 ⑩ステファノスは京都が合うようですし何とか菊花賞に出て欲しいのですが?3着まで優先出走権。
 
9番手 ⑬ワールドインパクトは3連複なら一応はという感じです。夏を越して成長していればです。
 
------------------------------------------------------------
勝ち馬投票
3連複だと相手が絞れないので2倍つけば良いんですが。
⑤イスラボニータ ⑯トゥザワールドのワイド1点
ワイド⑤⑯50G  

(1G=100円に相当)
スポンサーサイト